また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560130 全員に公開 ハイキング関東

太平山・晃石山(新大平下駅から馬不入山ピストン)

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:東武鉄道 新大平下駅
帰り:東武鉄道 新大平下駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

新大平下駅(69)太平山(34)晃石山(49)馬不入山(56)晃石山(35)太平山(61)新大平下駅
※()内は実際に歩いた時間(分)です。
※ 合計5時間4分歩きました。
コース状況/
危険箇所等
 良く歩かれていると思います。歩きやすい道だと感じました。
 危険を感じた場所はありませんでした。
 太平山・晃石山の下りは急斜面ですので転倒注意です。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 携帯 時計 タオル レジャーシート 予備電池 ガイド地図(ブック) ツェルト

写真

 この車道を歩行者信号で渡ります。
 山の中央あたりに、ぐみの木峠そばの無線中継所が見えます。これは電車の中からもよく見えます。
 この辺、ぶどう団地です。ぶどう園で直売も始まっているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この車道を歩行者信号で渡ります。
 山の中央あたりに、ぐみの木峠そばの無線中継所が見えます。これは電車の中からもよく見えます。
 この辺、ぶどう団地です。ぶどう園で直売も始まっているようです。
 登山口です。ここから山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 登山口です。ここから山道に入ります。
 じめっと、暗い感じの所ですが、植林前はどうだったんでしょうか。
 階段の左側にしっかりした踏み跡があります。そちらの方が歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 じめっと、暗い感じの所ですが、植林前はどうだったんでしょうか。
 階段の左側にしっかりした踏み跡があります。そちらの方が歩きやすいです。
 天明4年(1784年)の文字が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 天明4年(1784年)の文字が見えます。
1
 こんな所歩いて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こんな所歩いて行きます。
 謙信平から。最近あまり聞きませんが、「陸の松島」でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 謙信平から。最近あまり聞きませんが、「陸の松島」でしょうか。
1
 参道に咲いていました。
 シュウカイドウでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 参道に咲いていました。
 シュウカイドウでしょうか。
1
 遠くに筑波山がきれいに見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 遠くに筑波山がきれいに見えていました。
2
 太平山神社です。参拝の方がたくさんいらしてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 太平山神社です。参拝の方がたくさんいらしてました。
 ここから、山に入って行きます。
 この案内板で「浅間山」と言うのが、地理院地図の「太平山」になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ここから、山に入って行きます。
 この案内板で「浅間山」と言うのが、地理院地図の「太平山」になります。
 地理院地図の「太平山」に行くには、この道標の「富士浅間神社」の方に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 地理院地図の「太平山」に行くには、この道標の「富士浅間神社」の方に進みます。
 富士浅間神社の裏手に「太平山」の山名表示板がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 富士浅間神社の裏手に「太平山」の山名表示板がありました。
 この案内板によると、現在の太平山神社の奥の院あたりのピークを太平山と呼んでいたようです。そして、ここは浅間山と言うことになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この案内板によると、現在の太平山神社の奥の院あたりのピークを太平山と呼んでいたようです。そして、ここは浅間山と言うことになります。
 水田の緑がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 水田の緑がきれいです。
 今回の山行の最高峰、晃石山です。
 頂上は登山道が三叉路になっています。ぐみの木峠から登ってきましたが、ここから、桜峠方面に下りる道、左側の晃石神社に下りる道があります。復路は晃石神社から頂上に登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 今回の山行の最高峰、晃石山です。
 頂上は登山道が三叉路になっています。ぐみの木峠から登ってきましたが、ここから、桜峠方面に下りる道、左側の晃石神社に下りる道があります。復路は晃石神社から頂上に登っています。
1
 晃石山からの眺望です。
 岩舟方面を見ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 晃石山からの眺望です。
 岩舟方面を見ています。
 馬不入山山頂です。
 ベンチもあって、休まれている方が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 馬不入山山頂です。
 ベンチもあって、休まれている方が多いです。
 岩舟方面への道標です。
 今回は、ピストン山行なので、ここから戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 岩舟方面への道標です。
 今回は、ピストン山行なので、ここから戻ります。
 馬不入山山頂から、戻る方向を見ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 馬不入山山頂から、戻る方向を見ています。
 桜峠の東屋です。スズメバチ注意の掲示がありました。
 東屋の梁に小さな蜂の巣らしきものも見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 桜峠の東屋です。スズメバチ注意の掲示がありました。
 東屋の梁に小さな蜂の巣らしきものも見えました。
 太平山神社から参道を下ります。
 鳥居の上にどうやって石をのせたのでしょうか。???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 太平山神社から参道を下ります。
 鳥居の上にどうやって石をのせたのでしょうか。???

感想/記録

 冷たく乾燥した空気が関東地方にも入ったと言うことで、海抜が低い山でも大丈夫だろうと行ってきました。Tシャツがびしょびしょになることはなく、ほぼ快適でした。
 また、理由はわかりませんが、8月の暑い時期にもかかわらず、たくさんの人が山歩きを楽しんでおられました。
 ガイドブック等には、大平下駅から岩舟駅まで縦走するコースなどが紹介されていると思いますが、新大平下駅からのピストンコースもいいと思いました。特に、東武鉄道利用者にとっては、電車料金も安く上がりますし、電車の本数も多いです。
 なお、太平山と晃石山は巻くことも可能です。
 最後までお読みくださりありがとうございました。
  
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ