また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560583 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

シュラインロード〜逢山峡

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
1時間14分
合計
4時間16分
S六甲ケーブル山上駅10:3611:15記念碑台12:0512:42唐櫃道行者堂12:5013:19鳥居(裏六甲ドライブウェイ)13:2413:26シュラインロード登山口13:48岩谷13:55猪ノ鼻滝14:08東山橋14:1214:25山王神社14:3214:52神戸電鉄有馬口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

六甲ケーブル山上駅上の展望台からの絶景。
神戸市中心部方面。
2018年08月18日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲ケーブル山上駅上の展望台からの絶景。
神戸市中心部方面。
大阪方面。
2018年08月18日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面。
ノースロードは気分良く歩ける。
2018年08月18日 12:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノースロードは気分良く歩ける。
1
阪急池。企業名がつく池って珍しいのでは?
2018年08月18日 12:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急池。企業名がつく池って珍しいのでは?
北側の眺めだが、どこが見えているのか?
2018年08月18日 12:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺めだが、どこが見えているのか?
シュラインロードの小屋で休憩したが、ベンチや机等は一切なし。
2018年08月18日 12:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュラインロードの小屋で休憩したが、ベンチや机等は一切なし。
九体仏。
ドライブウェイの工事で邪魔になった石仏をまとめて安置したらしい。
2018年08月18日 13:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九体仏。
ドライブウェイの工事で邪魔になった石仏をまとめて安置したらしい。
阪神高速北神戸線の下をくぐる。
2018年08月18日 14:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪神高速北神戸線の下をくぐる。
小さな駅舎の有馬口駅に到着。
2018年08月18日 14:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな駅舎の有馬口駅に到着。

感想/記録
by bykin

昨日から急に秋らしくなってきた。
予定では阪急バスの登山バスを利用することになっていたが、土砂崩れで運休しているので、市バスとケーブルカーで山上へと向かう。山上駅で絶景を堪能して、ゴルフ場経由で記念碑台へ。ビジターセンターとその周辺はいつの間にか綺麗に整備されていた。公園で早めの昼食をとり、ノースロードへ。いくつかの池を眺めながらの起伏の少ない歩きやすい道である。六甲山ホテルの裏側辺りには「阪急池」という名前の池もあった。六甲山ホテルが元阪急資本だったからか?
道はそのままシュラインロードに繋がり、北斜面を下っていく。その名のとおりたくさんの祠が並んでいる。行者道の小屋で小休止し並んでなおも下って、ドライブウェイに出る。石の鳥居が立っている。車道を左に少し行くと九体仏が安置してある。道路工事で邪魔になった石仏をまとめて移設したらしいが・・・
鳥居まで戻って参道を下ると車道に出た。ここから先は長い車道歩きとなる。逢山峡に沿って道は続くが、川の流れは遥か下のほうで、滝とかはほとんど見えない。猪鼻小橋下の滝壺前にはヘルメット姿の若者が数人、その先でもヘルメット姿のグループが車道から谷間へ降りていくところだった。沢登りをやるのかもしれない。
高速道路をくぐるとその先は開けた道になり、直射日光がモロでさすがに暑い。山王神社と専念寺に立ち寄って、有馬口駅までの間もまた炎天下だった。
ま、先日までの猛暑じゃなくてよかったということにしておこう。

訪問者数:116人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ