また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1593838 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

我が山岳会の軌跡を辿る「八ヶ岳大同心正面壁雲稜ルート」

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年09月22日(土) ~ 2018年09月23日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候9/23 小雨のち曇り
9/24 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
▼赤岳山荘駐車場
≪カーナビで設定するなら以下参照≫
【名称】赤岳山荘
【住所】長野県茅野市玉川7693-26
【電話】0266-74-2272
【設備】トイレ有
【台数】70台
【料金】1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間38分
休憩
0分
合計
1時間38分
Sやまのこ村11:1811:22赤岳山荘11:27美濃戸山荘12:05堰堤広場12:56赤岳鉱泉
2日目
山行
2時間53分
休憩
5時間51分
合計
8時間44分
赤岳鉱泉05:4305:47大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:50大同心12:0612:39大同心沢(大同心ルンゼ)分岐12:44赤岳鉱泉13:1913:50堰堤広場14:21美濃戸山荘14:27赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※休憩時間に登攀時間が含まれており、アテになりません。
コース状況/
危険箇所等
▼登山ポスト
赤岳山荘にあります。

▼電波
接続率ドコモ 80.4%

▼ルート
・雲稜ルートは全5ピッチ・
・1ピッチ目と5ピッチ目のハングが核心だが、それぞれプロテクションがある
・各ピッチ終了点には最低1本はハンガーボルトが打ってあり、安定したテラスあり
・浮石の注意が必要。先行パーティがいて懸垂する場合は落石にも注意が必要
・大同心の頭から懸垂し、逆トラバース後にさらに懸垂を3回〜4回したが、
 場所によっては右に流されてしまい下手したら戻れないかもしれない。
 大同心の頭から懸垂後は大同心ルンゼをクライムダウンした方が安全かなと思う。

■1P目【30m・元蕁
取り付きは大同心稜の基部を左にトラバース。残置スリングが目印にアリ。
スラブ上の壁を10m登ったのち核心部は少しかぶったハングを超すとビレー点があるが、さらに右上するとペツルボルトの終了点がある。

■2P目【20m・5.8】
スラブ状の凹角を目指して登る。

■3P目【30m・卦蘢度】
右上にある尖ったピナクルを目指して登る。

■4P目【30m・元蕁
凹角状の岩を10mほど直上した後、ドームのバンドを右にトラバース

■5P目【20m・5.9】
最終ピッチ、横岳や稜線からたくさんのギャラリーの視線を感じる。
直上し、1P目より少し難しいハングが核心。その後右側のカンテ側に回りこむと、大同心の頭に到着する。
その他周辺情報▼温泉
クチコミで人気の「八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯」を利用
【住所】長野県 茅野市豊平10246-1 たてしなエグゼクティブハウス
【電話】0266-76-5211
【料金】1030円
【時間】10:00〜17:00(4/1〜10/30まで)
【URL】http://www.togariishinoyu.com/index.html
【注意】石鹸 シャンプーの使用は禁止
【案内】八ヶ岳山荘駐車場から17分
【感想】登山の延長のようなお風呂。1度は訪れてみるのもアリ
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

J&Nの看板犬
2018年09月22日 10:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
J&Nの看板犬
バスで続々と登山客が降り立つ
2018年09月22日 10:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで続々と登山客が降り立つ
以前来た時より増水している
2018年09月22日 12:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前来た時より増水している
赤岳鉱泉に到着
2018年09月22日 12:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着
テン場から登るルートが見えるのもなかなか珍しい。
2018年09月22日 15:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から登るルートが見えるのもなかなか珍しい。
分岐に目印があり、踏み跡も明瞭。
2018年09月23日 05:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に目印があり、踏み跡も明瞭。
歩き始めは寒かったが、歩きだすと暑くて汗だくだ。
2018年09月23日 06:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めは寒かったが、歩きだすと暑くて汗だくだ。
取り付きは大同心稜の基部を左にトラバース。
2018年09月23日 06:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きは大同心稜の基部を左にトラバース。
残置スリング(青)が目印にアリ。
2018年09月23日 07:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置スリング(青)が目印にアリ。
朝イチの岩は冷たく、
2018年09月23日 07:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝イチの岩は冷たく、
手の感覚が無い中のハングで心配になる。
2018年09月23日 07:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手の感覚が無い中のハングで心配になる。
振り返ると絶景が広がるが
2018年09月23日 08:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景が広がるが
1
正面壁はずっと日陰で風もあり寒い。
2018年09月23日 08:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面壁はずっと日陰で風もあり寒い。
右上にある尖ったピナクルを目指して登る。
2018年09月23日 08:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上にある尖ったピナクルを目指して登る。
待てども日陰…orz
2018年09月23日 08:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待てども日陰…orz
ドームのバンドを右にトラバース
2018年09月23日 09:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドームのバンドを右にトラバース
最終ピッチ
2018年09月23日 09:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終ピッチ
横岳や稜線のギャラリーの視線を感じる。
2018年09月23日 09:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳や稜線のギャラリーの視線を感じる。
1P目より少し難しいハングが核心
2018年09月23日 09:13撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目より少し難しいハングが核心
大同心の頭に到着!
2018年09月23日 09:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心の頭に到着!
1
赤岳鉱泉まで見下ろせる
2018年09月23日 09:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉まで見下ろせる
1
大同心ルンゼ
2018年09月23日 09:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心ルンゼ
稜線から硫黄岳経由で下山もできるが
2018年09月23日 09:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から硫黄岳経由で下山もできるが
懸垂下降で下山
2018年09月23日 10:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降で下山
高度感が伝わるかな!?
2018年09月23日 11:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感が伝わるかな!?
1
秋の装い始まる
2018年09月23日 12:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の装い始まる
クチコミで人気の「八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯」を利用。
2018年09月23日 15:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クチコミで人気の「八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯」を利用。
縄文感がハンパないw
2018年09月23日 15:31撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縄文感がハンパないw
1

感想/記録

山岳会に入会して3年目。
僕が属している会の名前がつく「雲稜ルート」をやっと1つ登ることができた。
日本におけるアルパイン・クライミングの最盛期(1960年代)を代表するクライマーの一人であり、僕が属する山岳会を立ち上げた故・南氏の奇跡を、現在の代表と共に辿ることができ感慨深い。
山行報告をすることでOBたちも喜んでくれるだろう。
今度は僕が後輩たちを連れ訪れたいものである。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:488人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ