また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1624824 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

熊が取り持った縁

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年10月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
Asahi自然館に前泊。翌早朝に古寺鉱泉駐車場に40分で移動。5:30駐車場到着時には30台程度の先着車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されています。小朝日岳から大朝日岳への下りが唯一の注意箇所。
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

明るくなっていざ出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなっていざ出発。
趣のある宿。本当はこちらに前泊したかったが満室で予約取れず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある宿。本当はこちらに前泊したかったが満室で予約取れず。
はじめの休憩地点。良く水が出てます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめの休憩地点。良く水が出てます。
古寺山頂からこれから登る小朝日岳、大朝日岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古寺山頂からこれから登る小朝日岳、大朝日岳を望む。
振り返ると遠くに蔵王。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると遠くに蔵王。
磐梯山は遠くにかすんでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山は遠くにかすんでいます。
小朝日岳に到着して、出発しようとしたら少し先の登山道脇に熊出現。目が合った次の瞬間には右手斜面に駆け下りていった。危険回避の為に居合わせた方とこの先ご一緒することに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日岳に到着して、出発しようとしたら少し先の登山道脇に熊出現。目が合った次の瞬間には右手斜面に駆け下りていった。危険回避の為に居合わせた方とこの先ご一緒することに。
3
大朝日岳が見えてきた。右の方には小屋も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日岳が見えてきた。右の方には小屋も見える。
1
素晴らしい景色がどこまでも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色がどこまでも。
こちらは朝日連山の西朝日。いつかは縦走したいと思わせる素晴らしい稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは朝日連山の西朝日。いつかは縦走したいと思わせる素晴らしい稜線。
1
小屋まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まであと少し。
1
小屋から北に延びる朝日連山の稜線。本当にすばらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から北に延びる朝日連山の稜線。本当にすばらしい。
1
無事登頂。熊が取り持った縁でご一緒させていただいたお二人と。山行が一層楽しいものになりました、ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事登頂。熊が取り持った縁でご一緒させていただいたお二人と。山行が一層楽しいものになりました、ありがとうございました。
3
山頂で昼食を取りながら、至福のひととき。色々あって楽しいと実感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で昼食を取りながら、至福のひととき。色々あって楽しいと実感。
1
佐渡ヶ島は雲の向こうに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐渡ヶ島は雲の向こうに。
名残惜しいですが下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下山開始。
ナナカマド越しに見える小朝日岳。こちら側からは相当の急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマド越しに見える小朝日岳。こちら側からは相当の急登。
樹林帯まで降りてくると紅葉真っ盛り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯まで降りてくると紅葉真っ盛り。
合体の樹。コメツガとブナだったかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合体の樹。コメツガとブナだったかな?
ブナは下が空洞になっていて、残念ながら長くはないのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナは下が空洞になっていて、残念ながら長くはないのかな?

感想/記録
by NL_ino

久しぶりに週末の好天が期待できるものの、山小屋はどこも小屋閉めのようなので、百名山ハントで残っていて日帰り可能な大朝日岳に遠征。熊と遭遇したことで、危険回避の為に単独行のお二人とご一緒することとなった。色々な話を伺いながらの山行は好天と相まって山行が一層楽しいものとなった。聞いたところでは、この時期の熊は冬眠を控えて気が立っているとのことなので、大事に至らず良かった。ご一緒させていただいたお二人には改めてお礼申し上げます。今回は、古寺鉱泉からのピストンとしたものの、どこまでも伸びるたおやかな稜線を見て、いつかは縦走してみたいと強く感じた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:557人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/25
投稿数: 1
2018/10/22 19:35
 お世話になりました。
熊友の山形のOです。当日はお世話になりありがとうございました。とても楽しく過ごさせていただきました。日本100名山制覇、気をつけて頑張ってください。応援しています。またどこかの山でお会いしたいですね。
登録日: 2014/10/29
投稿数: 3
2018/10/23 7:17
 お世話になりました
こちらこそお世話になりました。熊には驚きましたが、お陰様で楽しい山行でした。山形には知られざる素晴らしい山が幾つもあるようなので、また遠征させてもらいます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ