また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1663377 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北陸

西上州 落沢岳〜しれいた山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年11月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大北野集落手前より舗装車道から林道に入ります。林道も車で行けますが車道にあった駐車スペースに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間3分
合計
6時間58分
Sスタート地点07:2709:49落沢岳10:2513:08しれいた山13:3514:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道より沢床を進みますが。倒木が多く巻いたり、またいだり、くぐったりです。
沢が二股に分かれ、右を選択。途中より間伐された急斜面を登ります。分水尾根まで行かず落ち葉の急斜面をトラバースして しれいた山〜落沢岳の稜線に乗り上げました。
ここはコンパスとGPS活用。どこを登っても尾根には出そうですが、いずれも急斜面です。稜線は踏み跡はなく忠実に稜線沿いを進む。1〜P3は普通に歩けます。
P4は記録通りに登りは北から巻いてブッシュクライミング。下山は南を巻きましたが
北の方が急斜面の巻きが長いです。難易度は同じくらいなので登り下りとも南から巻いた方がいいと思います。
すぐに落沢岳ピークです。山名入り看板あり。ピストンで痩せ尾根の下り。明らかに下降が厳しくなる箇所が懸垂下降ポイント。25丹幣紂50奪蹇璽廚蚤りないくらい。足場がもろく、どうしても石を落してしまう。ですがブッシュ、立木が多く、慎重に下りればフリーで下りれると思います。
しれいた山ピーク手前のギャップに残置ロープがありましたが半分ちぎれて落ちていました。怖くて使えず。お助けロープを出しました。この辺り南はスパっと切れていて、かなり高度感あります。ここで手を触れたマックのトレイ大の岩がグラッとして落ちました。荷重をかけていたら一緒に落ちていました(^_^;)
しれいた山ピークは山頂を示す物は何もなし。山頂より東のピークから北斜面を下り
ドンピシャで林道に出た。

過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ヘルメット ハーネス
共同装備 50mロープ

写真

舗装の車道に車を駐車。ダート道を歩きます。
2018年11月25日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装の車道に車を駐車。ダート道を歩きます。
お墓ポイント。ここまで車は入れますが。車道から歩いて10分程度でした。
2018年11月25日 07:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓ポイント。ここまで車は入れますが。車道から歩いて10分程度でした。
コンパスを合わせてスタート。
2018年11月25日 07:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンパスを合わせてスタート。
沢歩きです。
2018年11月25日 07:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢歩きです。
記録の通り荒れています。
2018年11月25日 07:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記録の通り荒れています。
倒木を避け巻いたり、またいだり、くぐったりと障害物競争みたいです。
2018年11月25日 07:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を避け巻いたり、またいだり、くぐったりと障害物競争みたいです。
沢の分岐で右を詰めます。
2018年11月25日 08:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の分岐で右を詰めます。
林業関係と思われるテープが散見とます。
2018年11月25日 08:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業関係と思われるテープが散見とます。
相変わらず荒れています。
2018年11月25日 08:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず荒れています。
GPSとコンパスで進路決定。
2018年11月25日 08:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSとコンパスで進路決定。
かなりの急斜面です。油断すると転がりそう^^;
ここで間伐作業するとは、すげえ!
2018年11月25日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急斜面です。油断すると転がりそう^^;
ここで間伐作業するとは、すげえ!
分水嶺まで行かずトラバース気味に、しれいた山〜落沢岳の稜線を目指します。
2018年11月25日 09:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺まで行かずトラバース気味に、しれいた山〜落沢岳の稜線を目指します。
P1手前のコルに出ました。
2018年11月25日 09:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1手前のコルに出ました。
立派な看板が設置されています。
2018年11月25日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な看板が設置されています。
謎の鉄枠。
2018年11月25日 12:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の鉄枠。

感想/記録

林道より沢床を進みますが。倒木が多く巻いたり、またいだり、くぐったりです。
沢が二股に分かれ、右を選択。途中より間伐された急斜面を登ります。分水尾根まで行かず落ち葉の急斜面をトラバースして しれいた山〜落沢岳の稜線に乗り上げました。
ここはコンパスとGPS活用。どこを登っても尾根には出そうですが、いずれも急斜面です。稜線は踏み跡はなく忠実に稜線沿いを進む。1〜P3は普通に歩けます。
P4は記録通りに登りは北から巻いてブッシュクライミング。下山は南を巻きましたが
北の方が急斜面の巻きが長いです。難易度は同じくらいなので登り下りとも南から巻いた方がいいと思います。
すぐに落沢岳ピークです。山名入り看板あり。ピストンで痩せ尾根の下り。明らかに下降が厳しくなる箇所が懸垂下降ポイント。25丹幣紂50奪蹇璽廚蚤りないくらい。足場がもろく、どうしても石を落してしまう。ですがブッシュ、立木が多く、慎重に下りればフリーで下りれると思います。
しれいた山ピーク手前のギャップに残置ロープがありましたが半分ちぎれて落ちていました。怖くて使えず。お助けロープを出しました。この辺り南はスパっと切れていて、かなり高度感あります。ここで手を触れたマックのトレイ大の岩がグラッとして落ちました。荷重をかけていたら一緒に落ちていました(^_^;)
しれいた山ピークは山頂を示す物は何もなし。山頂より東のピークから北斜面を下り
ドンピシャで林道に出た。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:449人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ