また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1694778 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ヶ岳

日程 2019年01月04日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

アルパこまくさから8合目小屋までほぼずっとこのような綺麗なトレース。おかげさまで半分寝ながらアプローチ。。。
2019年01月04日 04:05撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさから8合目小屋までほぼずっとこのような綺麗なトレース。おかげさまで半分寝ながらアプローチ。。。
1
八合目小屋で準備完了。
2019年01月04日 06:36撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目小屋で準備完了。
1
ありがとう八合目小屋。このあと出発時にアクシデント発生。なんとテックビンディングのトゥレバーが上がったままで固定されて元に戻らない。
2019年01月04日 06:37撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう八合目小屋。このあと出発時にアクシデント発生。なんとテックビンディングのトゥレバーが上がったままで固定されて元に戻らない。
1
応急処置を施し、気を取り直してピークに向かおう。
2019年01月04日 08:14撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
応急処置を施し、気を取り直してピークに向かおう。
ほぼ夏道を詰める。
2019年01月04日 08:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ夏道を詰める。
2
阿弥陀池小屋
2019年01月04日 09:37撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀池小屋
4
ピークに向けて再び夏道
2019年01月04日 08:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに向けて再び夏道
1
ピーク標柱と思しき氷塊を砕く。
2019年01月04日 08:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク標柱と思しき氷塊を砕く。
3
やっと出てきた標識
2019年01月04日 09:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと出てきた標識
4
トラブルあったがピークに立ててよかった。
2019年01月04日 09:09撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラブルあったがピークに立ててよかった。
3
八合目小屋まで戻った。あとは自動運転だ。
2019年01月04日 10:08撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目小屋まで戻った。あとは自動運転だ。
1
アルパこまくさ下山
2019年01月04日 10:39撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさ下山
1

感想/記録

東北遠征2日目、盛岡の宿から西へ車を走らせ秋田駒ヶ岳へ、山容が素晴らしく、一度見てみたかったがこの日はガスガスで残念!

前日までの移動疲れが溜まっており初っ端から眠い、先輩に先頭を任せて寝ながら歩かせてもらうが逆にちゃんと寝れないのがキツかったので後半は交代してもらう
小屋についても2人とも眠かったのと日の出まで時間があったので小屋で少し寝る笑

しっかり寝たらさあ出発、ブーツをビンディングにはめてロックしたらロックレバーが振り切ってしまった
元に戻そうとしても戻らずロックレバーが外れた状態から戻らなくなってしまった!なんてこったい
トゥーピースのピンは閉まった状態になってしまってブーツをはめられない、

一旦小屋に入って試行錯誤するがロックレバーは戻らない、これは敗退か、と思ったがレバーの根元に紐を通して力を入れて引き上げたところトゥーピースのピンが開いてブーツがはめられた、
ロックはできないが強い負荷をかけなければばずれないのねこのまま行くことに、
小屋からは夏道をたどっていく、
阿弥陀池まで登りあげると360度ホワイトアウト
GPSを頼りにまずは小屋を目指す
小屋手前で雪庇が目の前に出てきて少しビビる
小屋から先は山頂へ伸びる一本の道を辿り、ハイマツのうえをジグ切って登り切ったらゴール、
ビンディング故障で付け外しが厄介なので先輩に助けてもらう

スキーを履いたら滑走開始、ハイマツのを目印に滑る、
石階段の夏道は石がいっぱい出てるので脇を滑るがここも岩だらけ、ソールを傷だらけにしながら滑り降りる、
あとは来た道を辿っていくが小屋手前で夏道を辿るのがしんどくなり、小さな沢筋を滑っていく

小屋は素通りしてあとはトレースをボブスレー、時折ショートカット、最後はゆる斜面をまったり滑ってゴール

また晴れの時に秋田駒ヶ岳の勇姿を見にきたい!!

感想/記録

東北ツアー二日目もy0m0yamaさんと秋田駒ヶ岳。
アルパこまくさからアプローチ。
前日のトレースと思われるが非常にきれいな踏み跡でフラットなのでおかげさまで8合目小屋まであっという間に到着。
あまりに早く着いて暗いので八合目小屋でしばし休憩
あわよくば乳頭山まで縦走とも考えていたのだが風雪強く視界もまったくないので却下。
それではピークだけ踏んで帰ろうかとしたところy0m0yamaさんG3 Zのトゥピースレバーが上がりきってしまい、元の位置に戻らない。これではつま先をビンディングに入れられない。
試行錯誤の末、トゥピースを力づくで広げてブーツ固定し、スキーモードで歩行することで続行することに。
8合目小屋からは夏道メインに登り上げ、GPSを頼りにピーク到着。
ピーク周辺は気温-10℃、風速は10メートル後半ほどだった。
あとは8合目小屋まで戻り、林道とスキー場跡を自動運転で下山。

訪問者数:543人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ