また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 171925 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

KTC 雨、最悪の「鳳凰三山」

情報量の目安: B
-拍手
日程 2003年11月08日(土) ~ 2003年11月09日(日)
メンバー
 aaib1360(CL)
, その他メンバー2人
天候8日 晴のち曇り
9日 雨・濃霧風強しのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往路 八王子駅発7:29=甲府駅8:29=9:30夜叉神峠登山口
復路 青木鉱泉16:00=韮崎駅=八王子駅

青木鉱泉‐韮崎間は、バスが3本/日です。事前調査をして下さい。
タクシーは鉱泉で頼めます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

11/8 
八王子駅発7:29=甲府駅8:29=夜叉神峠登山口9:40‐10:45夜叉神峠
11:00‐12:32杖立峠12:40‐14:30イチゴ平‐15:05南御室小屋(泊)

11/9 起床5:00 朝食5:30
南御室小屋6:05‐7:25薬師小屋‐7:35薬師岳‐8:05観音岳8:10‐
9:30地蔵岳9:40‐10:10鳳凰小屋10:20‐14:05林道出合‐15:00
青木鉱泉(入浴)16:00
コース状況/
危険箇所等
登山口‐南御室小屋
登山道はよく整備され、問題はありません。
晴れていれば白峰三山の展望が素晴らしいと思います。
水場は小屋の近くです。

南御室小屋‐鳳凰小屋
シラビソ林を抜けると森林限界です。
薬師岳小屋の手前から巨岩が散在しております。
薬師岳、観音岳の間のハイマツ帯の西側は絶壁です。
一番神経を使いました。岩稜を越えて賽ノ河原に到着です。
砂礫の急斜面を下ると鳳凰小屋です。

鳳凰小屋‐青木鉱泉
小屋前の分岐を右に折れて青木鉱泉に向かう。河原から樹林帯に
入り、ザレ道の急坂を滝の音を聞きながらジグザグに降る。
河原に出たら青木鉱泉はすぐです。
過去天気図(気象庁) 2003年11月の天気図 [pdf]

写真

夜叉神峠に着きました。
登山口から約1時間です。
白峰三山が見えますが、
生憎霞んでいます。
2003年11月07日 18:09撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠に着きました。
登山口から約1時間です。
白峰三山が見えますが、
生憎霞んでいます。
山火事跡です。
2003年11月07日 20:51撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山火事跡です。
南御室小屋に着き小屋前で
一息入れました。
登山口から5時間20分です。
2004年02月15日 11:13撮影 by FDi KIOSK Software(C12) v2.0, FUJI PHOTO FILM CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南御室小屋に着き小屋前で
一息入れました。
登山口から5時間20分です。
まだガスが出ていません。
2003年11月09日 07:23撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだガスが出ていません。
薬師岳山頂の相棒です。
雨、ガス、風です。
2003年11月09日 07:35撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂の相棒です。
雨、ガス、風です。
薬師から観音岳の間の稜線です。
2003年11月09日 07:50撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師から観音岳の間の稜線です。
風雨が強いです。
2003年11月09日 08:03撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雨が強いです。
観音岳に着きました。
小屋から2時間です。
2003年11月09日 08:06撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳に着きました。
小屋から2時間です。
道が良く分かりません。
2003年11月09日 08:37撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が良く分かりません。
踏み跡がやっと見える位です。
2003年11月09日 08:48撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡がやっと見える位です。
地蔵のそばまで来たはずです。
2003年11月09日 09:05撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵のそばまで来たはずです。
ドンドコ沢を下っています。
白糸の滝付近だと思います。
2004年02月15日 11:14撮影 by FDi KIOSK Software(C12) v2.0, FUJI PHOTO FILM CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドコ沢を下っています。
白糸の滝付近だと思います。
だいぶ下って来ました。
2004年02月15日 11:14撮影 by FDi KIOSK Software(C12) v2.0, FUJI PHOTO FILM CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下って来ました。
最後の滝あたりだと思います。
2004年02月15日 11:14撮影 by FDi KIOSK Software(C12) v2.0, FUJI PHOTO FILM CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の滝あたりだと思います。
やっと青木鉱泉に着きました。
南御室小屋から9時間でした。
ぬるい風呂に入ります。
2003年11月09日 15:36撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと青木鉱泉に着きました。
南御室小屋から9時間でした。
ぬるい風呂に入ります。
撮影機材:

感想/記録

念願の鳳凰三山縦走に出かけたが、生憎2日目の天候が悪く
薬師岳、観音岳の間で苦戦をする。
視界が利かず、風雨も強いのであわや遭難ものであった。

再度挑戦し、次回は鳳凰三山から早川尾根の縦走を
考える。
ドンドコ沢の下りでは、ツアーのお客さんが転倒し腕を骨折
した事故も発生しました。
薬師岳から中道を下って青木鉱泉へ、エスケープしても
良かったと考えました。

山は怖いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:411人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ