また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 172178 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢/鬼石沢(沢登り講習)

日程 2012年03月31日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:30小田急線渋沢駅南口ロータリー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

大滝沢林道9:10-
10:00一軒屋避難小屋10:20-
鬼石沢入渓-
F3登った時点で強風のため右岸尾根へエスケープ-
一軒屋避難小屋にてロープワーク基本-
13:00下山開始-
13:40大滝沢林道=
入浴/山北駅南側「さくらの湯」
コース状況/
危険箇所等
■沢登り講習

 ・対象  沢登り初心者〜(一般登山は経験のある方)
 ・受講費 ¥9,000(交通費は受講者割り勘)
 ・〆切  3/28または定員(3名)
 ・必要装備(※不備なものはご相談ください)
   沢靴、厚手の靴下またはネオプレーン製ソックス、スパッツ
   ハーネス、ヘルメット、レインウエア、ロックカラビナ
   ビレイデバイス(確保器)、テープスリング120cm以上
   ザック、アプローチシューズ等

 http://mt-farm.sports.coocan.jp

過去天気図(気象庁) 2012年03月の天気図 [pdf]

写真

雨の中、東海自然歩道を出発
2012年03月31日 08:48撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中、東海自然歩道を出発
一軒屋避難小屋
2012年03月31日 10:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋
鬼石沢F2-10m
水量はまだ平水
右から取り付く
2012年03月31日 10:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼石沢F2-10m
水量はまだ平水
右から取り付く
F2をFIXロープで登るIさん
2012年03月31日 10:28撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2をFIXロープで登るIさん
F2をビレイで登るYさん
2012年03月31日 10:30撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2をビレイで登るYさん
F3-20m
ここも流芯の右を登る
2012年03月31日 10:37撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3-20m
ここも流芯の右を登る
F3登るIさん
2012年03月31日 10:49撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3登るIさん
フリクションはよく利きます
2012年03月31日 10:50撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリクションはよく利きます
風がいよいよ強くなってきたのでF3上部で右岸尾根へ
2012年03月31日 11:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風がいよいよ強くなってきたのでF3上部で右岸尾根へ
一軒屋避難小屋まで快適な作業経路がついています
2012年03月31日 11:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋まで快適な作業経路がついています
沢は次第に混沌の様相を呈してくる
2012年03月31日 13:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は次第に混沌の様相を呈してくる
大滝沢本流下流部のl40m滝は朝と比べ3倍近い水量に
2012年03月31日 13:23撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢本流下流部のl40m滝は朝と比べ3倍近い水量に

感想/記録
by kamog

天気予報では縦型寒冷前線の通過で悪天予報。
現地判断で集合してもらいました。

大滝沢は小雨ながら水量は平水で濁ってはおらず
途中撤退もありと意思疎通して出発♪
期待していたミツマタは咲き出してはいるものの
まだ芳しい香りは発しておらずこれからといったところ。

容易なF2-10mは右のザレから念のためロープを引きます。
この沢2回目のIさんにはFIXロープで
そして沢登りデビューのYさんはビレイであげます。

すぐさまこの沢の核心であるF3-20m。
流芯の右を登ります。
花崗岩は案外沢靴のフリクションもよき効き
残置ハーケンにクリップしながら快適なクライミングです。
(卦+程度)
登りきったところでいよいよ風が強くなり
残念ながらここで撤退しようということにしました。
F3の右岸に少し上がれば明瞭な作業径路が走っており
すぐに一軒屋避難小屋に戻れました。
ここで沢で使うエイトノット、クローブヒッチ、
そしてフリクションノットを2種ほど教授。
小1時間ほどやって外に出てみると
今まできれいな平水だった沢は一瞬にして濁流と化していました。
悪天予報なら山に入らないことが多く
ほとんどの場合、悪天時の山(沢)の様子がどうなっているか
知らない人が多いと思います。
安全圏を確保しながらも悪条件下の様相を知っておくことは大切で
受講者の方々もある意味よい経験をなさったと思います。

さてすっかり冷えた身体を温めましょうと
山北駅に隣接する「さくらの湯」でホッカホカになって帰りました。
訪問者数:1190人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ