また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1732937 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

里山200%満喫!車道歩きの少ない石老山周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年02月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 南の風やや強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
篠原の里駐車場
入り口脇に集金箱があり日帰りは300〜500円、1泊の場合は1000円と書いてあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間29分
合計
5時間28分
S篠原の里駐車場10:0710:11引き戸11:11石砂山西峰11:23石砂山東峰11:3412:10牧馬峠12:2012:58石老山13:3813:54高塚山13:5814:14石老山14:38大明神山14:42大明神展望台15:0615:26墓地15:35篠原の里駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崖や岩場、ロープや鎖、痩せ尾根やザレ場といった危険個所は1か所もありません。
時計回りで回る場合には下りでの尾根分岐に注意が必要と思います。
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

広い駐車場を出発。
右に見えるのは石老山方面のピークでしょうか。
2019年02月17日 10:07撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い駐車場を出発。
右に見えるのは石老山方面のピークでしょうか。
歩き出してすぐこの道標があります。
今日はどちらでもありません。この先を左に曲がります。
2019年02月17日 10:09撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出してすぐこの道標があります。
今日はどちらでもありません。この先を左に曲がります。
左に曲がり、大石神社の脇を通ってすぐのこの引き戸が登山口になります。
大石神社にも5-6台停められそうな駐車場があり、事前に許可を得て使用するようにとの注意書きがありました。
2019年02月17日 10:13撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に曲がり、大石神社の脇を通ってすぐのこの引き戸が登山口になります。
大石神社にも5-6台停められそうな駐車場があり、事前に許可を得て使用するようにとの注意書きがありました。
里山〜!
2019年02月17日 10:23撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山〜!
小さなピークにあった道標ですが、文字はかすれて読めません。
2019年02月17日 10:49撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークにあった道標ですが、文字はかすれて読めません。
石砂山見えた!
右が西峰、左が東峰です。
2019年02月17日 10:51撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石砂山見えた!
右が西峰、左が東峰です。
石砂山西峰手前の急登が一段落して登ってきた方を振り返って。
写真だと急登ぶりはよくわかりません。
2019年02月17日 11:02撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石砂山西峰手前の急登が一段落して登ってきた方を振り返って。
写真だと急登ぶりはよくわかりません。
西峰の山頂標識です。
2019年02月17日 11:11撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰の山頂標識です。
西峰から東峰へ向かう鞍部で一般ルートに合流しました。
2019年02月17日 11:18撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰から東峰へ向かう鞍部で一般ルートに合流しました。
東峰からの景色です。
2019年02月17日 11:24撮影 by SH-M06, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰からの景色です。
山頂にはテーブルが2卓。見晴しもまずます。ここでゆっくりしたいところですが先が長いので。
2019年02月17日 11:34撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはテーブルが2卓。見晴しもまずます。ここでゆっくりしたいところですが先が長いので。
振り返って。この左に続く踏み跡を降りてゆきます。
山頂から来れば右です。
2019年02月17日 11:40撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。この左に続く踏み跡を降りてゆきます。
山頂から来れば右です。
右から降りてきて手前に曲がったのですが、左のほうにも道がありそうです。枝を集めて通せんぼしているように見えますが。。
2019年02月17日 12:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から降りてきて手前に曲がったのですが、左のほうにも道がありそうです。枝を集めて通せんぼしているように見えますが。。
気持ちのいい尾根です。
2019年02月17日 12:05撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい尾根です。
1
やっぱり出るみたい。
同じ注意書きが牧馬峠から石老山に向かう途中にもありました。
2019年02月17日 12:07撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり出るみたい。
同じ注意書きが牧馬峠から石老山に向かう途中にもありました。
牧馬峠。フェンスの隙間から出てきました。
2019年02月17日 12:10撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧馬峠。フェンスの隙間から出てきました。
林道を右に(上の写真では左方向に)数十メートル行った先にある取りつき口です。
2019年02月17日 12:21撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を右に(上の写真では左方向に)数十メートル行った先にある取りつき口です。
一般道に合流です。道標の脇から出てきました。
2019年02月17日 12:46撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道に合流です。道標の脇から出てきました。
石老山は7-8人の登山客でにぎわっています。
2019年02月17日 12:58撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石老山は7-8人の登山客でにぎわっています。
ちょっとズームで。富士山の右肩がうっすらと。
2019年02月17日 13:14撮影 by SH-M06, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとズームで。富士山の右肩がうっすらと。
1
高塚山へ向かう道は広く歩きやすい道です。
2019年02月17日 13:42撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高塚山へ向かう道は広く歩きやすい道です。
大明神山へ向かう途中。相模湖が檜の木々の間から見えてます。
2019年02月17日 14:22撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神山へ向かう途中。相模湖が檜の木々の間から見えてます。
この先100mくらい岩っぽい道が続きます。
ぜんぜん危険ではありません。気分転換に。
2019年02月17日 14:27撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先100mくらい岩っぽい道が続きます。
ぜんぜん危険ではありません。気分転換に。
大明神山を超えてすぐのミニピークから下山方向へピンクテープが続いています。
2019年02月17日 14:40撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神山を超えてすぐのミニピークから下山方向へピンクテープが続いています。
やや下ったところにはこのような道標もありました。
2019年02月17日 14:41撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや下ったところにはこのような道標もありました。
大明神展望台からの景色です。
ここは風があまりあたらず過ごしやすかったです。
2019年02月17日 14:44撮影 by SH-M06, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神展望台からの景色です。
ここは風があまりあたらず過ごしやすかったです。
戻って先ほどの道標に従いますと、つづら折れの道をゆるーく下って行きます。道がなければとっても登れそうもない急斜面です。
2019年02月17日 15:10撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って先ほどの道標に従いますと、つづら折れの道をゆるーく下って行きます。道がなければとっても登れそうもない急斜面です。
しばらく降りてゆくと竹藪に入ります。登山で竹藪って他に記憶がないですね。
2019年02月17日 15:19撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく降りてゆくと竹藪に入ります。登山で竹藪って他に記憶がないですね。
登山口である墓地に出ました。
2019年02月17日 15:26撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口である墓地に出ました。
登山口を墓地から。
2019年02月17日 15:26撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を墓地から。
登山口はこの階段をのぼって行った先です。駐車場へは、このまままっすぐ正面に下って行きます。
2019年02月17日 15:27撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口はこの階段をのぼって行った先です。駐車場へは、このまままっすぐ正面に下って行きます。
県道にでました。小屋の手前の道から降りてきました。
2019年02月17日 15:30撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道にでました。小屋の手前の道から降りてきました。

感想/記録
by lesly

石老山に登るのは今回で3回目。過去2回はいずれも相模湖病院からでした。今回は石砂山を加えた周回に高塚山をくっつけたルートを組んでみました。

石砂山西峰までの尾根道ではいくつかピークを越えていきますが、いずれもかなりの急登です。とくに石砂山西峰手前は木につかまりながらよじ登って行くようなところが20メートルほど続きます(とはいえさほど危険というわけではありません)。

石砂山東峰から牧馬峠へは、東海自然歩道の篠原バス停方面の道標に従って20メートルほど進んだ辺りを右へ下ります。踏み跡ありますが、ピンクテープの類はありません。私はそれに気づかず、さらに10メートルほど先にあるピンクテープのある地点からちょっと戻るようにして右へ折れました。分岐の写真は荷物をデポして空身で山頂に戻って撮影したものです。

牧馬峠から石老山へ向かう尾根の取りつきが分かりにくかったです。牧馬峠に出たところそのまま道を渡ると草原になっていて、ピンクテープが草原の中に続いています。これに惑わされて草原に入って行っても崖につきあたってしまいます。ここは車道を南方向(右方向)へ数十メートル進んで、急斜面にピンクテープのあるところを登ります。よく見ると、登っていけるように急斜面にステップのようなものが刻まれ、そのすぐ上、目の高さくらいから右方向に踏み跡も確認できます。

石老山山頂とその周囲200mほどの範囲で15人ほどの登山者とお会いしました。うち、ソロの方と大明神展望台で再会したほかはコース上でどなたともお会いすることはありませんでした(牧馬峠では車5-6台は見かけたでしょうか。結構交通量あります)。

「車道歩きの少ない」なんてタイトルに書きましたが、実はgakukyourouさんのこちらのコース、車道歩きほぼゼロでした。アクセスもよく、そのうち歩かせて頂こうと思います。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-828541.html

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:335人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ