また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1757103 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

赤城山(黒檜山 → 駒ヶ岳)

日程 2019年03月14日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒檜山登山口の道路脇駐車場(5台程度駐車可)
先行車なし。下山してきたら1台駐まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間13分
合計
5時間12分
S黒檜山登山口07:2609:05赤城山09:10黒檜山絶景スポット09:1509:20赤城山09:4010:20大タルミ10:40駒ヶ岳11:2012:12駒ヶ岳大洞登山口12:2012:38黒檜山登山口12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新雪がパウダースノーのようにかぶっており、急坂は苦労しました。
雪庇は小さく、踏み跡に従えば問題ありません。
ワカンやピッケルは不要と思います。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 ストック カメラ 軽アイゼン テルモス

写真

朝7時の路面状況。冬タイヤでないとちょっと不安な感じでした。
2019年03月14日 07:24撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7時の路面状況。冬タイヤでないとちょっと不安な感じでした。
黒檜山登山口
2019年03月14日 07:27撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山登山口
10本爪の軽アイゼンを着用。アイゼン無しでは無理です。
2019年03月14日 07:45撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10本爪の軽アイゼンを着用。アイゼン無しでは無理です。
1
猫岩は雪で見えず
2019年03月14日 07:50撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫岩は雪で見えず
富士山は見えず
2019年03月14日 08:14撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は見えず
1
先行者は無く、バージンスノーでした。
2019年03月14日 08:15撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者は無く、バージンスノーでした。
1
黒檜山山頂直下
2019年03月14日 09:00撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山山頂直下
7
美しい風景でした
2019年03月14日 09:03撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい風景でした
6
展望地から黒檜山への戻りで
2019年03月14日 09:18撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地から黒檜山への戻りで
2
分岐点から黒檜山登山口方面を振り返って
2019年03月14日 09:44撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から黒檜山登山口方面を振り返って
無事下山を祈願して通過
2019年03月14日 09:47撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山を祈願して通過
左奥が駒ヶ岳
2019年03月14日 10:12撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥が駒ヶ岳
風が吹くと樹に付いていた雪片が飛び散ります
2019年03月14日 10:12撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が吹くと樹に付いていた雪片が飛び散ります
黒檜山を振り返って
2019年03月14日 10:19撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山を振り返って
1
駒ヶ岳山頂。二人組の男性が反対側から登ってこられました。
山中で出会ったのはこのお二人だけでした。
2019年03月14日 10:42撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂。二人組の男性が反対側から登ってこられました。
山中で出会ったのはこのお二人だけでした。
2
モンベルの10本爪軽アイゼンと、靴はアゾロのシラーズGV。
冬靴ではありませんが、防寒性もアイゼンとの相性も全く問題ありませんでした。
2019年03月14日 10:45撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンベルの10本爪軽アイゼンと、靴はアゾロのシラーズGV。
冬靴ではありませんが、防寒性もアイゼンとの相性も全く問題ありませんでした。
ここから下山開始
2019年03月14日 11:38撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下山開始
急な階段は手すりをしっかり握って慎重に下りました。
階段は4箇所程度です。基本はジグザグの道です。
2019年03月14日 11:39撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段は手すりをしっかり握って慎重に下りました。
階段は4箇所程度です。基本はジグザグの道です。
無事下山できました
2019年03月14日 12:12撮影 by LEICA M-D (Typ 262), Leica Camera AG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山できました

感想/記録

これまで雪山にはほとんど登ったことがありませんでしたが、靴を新調したのをきっかけに10本爪アイゼンも購入し、冬山入門の赤城山に登ってみました。
朝9時頃まではガスがかかり、気温もかなり低かったですが、黒檜山に到着した頃からは青空になってきました。
「冬山ってこんなに美しいのか!」と感動しました。クセになりそうです(笑)。

アウターはレインウェアで登りましたが、顔周りの防風が不十分なため顔が凍傷になるんじゃないかと心配になる時がありました(強風が当たった登り始めの時のみ)。やはりちゃんとした冬用のシェルが必要と実感しました。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ