また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1759767 全員に公開 雪山ハイキング 東北

雄・雌・KISSで片羽山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年03月17日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
29分
合計
5時間42分
S片羽山登山口09:3810:425合目10:4610:53大平コース出合10:5411:147合目11:1612:03片羽山・雄岳12:0913:03片羽山・雌岳13:1614:03片羽山・雄岳14:0514:217合目14:2214:35大平コース出合14:3514:415合目14:4315:20片羽山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

1合目からやられてます
2019年03月17日 09:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目からやられてます
最近の降雪の影響でしょうか下の方でも雪が残ってます
2019年03月17日 10:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近の降雪の影響でしょうか下の方でも雪が残ってます
…合目
数字の形から2か3か6か8か9
9合目だったらいいなぁ
2019年03月17日 10:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…合目
数字の形から2か3か6か8か9
9合目だったらいいなぁ
ここで軽アイゼンを装着
2019年03月17日 10:27撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで軽アイゼンを装着
ここで軽アイゼンを脱着
2019年03月17日 10:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで軽アイゼンを脱着
また軽アイゼンを装着
2019年03月17日 10:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また軽アイゼンを装着
ウサギの足跡かな?
2019年03月17日 11:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡かな?
足が埋もれる
2019年03月17日 11:22撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が埋もれる
雪庇っす
2019年03月17日 11:41撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇っす
どうにか雄岳登頂
2019年03月17日 12:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにか雄岳登頂
目指す雌岳
2019年03月17日 12:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す雌岳
2
縦走路はこんな感じです
2019年03月17日 12:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路はこんな感じです
所々に薄っすらと残るトレースを頼りに進みます
2019年03月17日 12:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に薄っすらと残るトレースを頼りに進みます
Oh! Great雪庇‼️
2019年03月17日 12:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oh! Great雪庇‼️
1
雌岳山頂に到着
2019年03月17日 13:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳山頂に到着
2
雌岳からの雄岳
2019年03月17日 13:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳からの雄岳
六角牛山
2019年03月17日 13:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六角牛山
1
釜石湾
観音様も見えました
2019年03月17日 13:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜石湾
観音様も見えました
めたぼんさん
ありがとうございます
2019年03月17日 13:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めたぼんさん
ありがとうございます
1

感想/記録

このタイトルの意味が分かった方は年齢がバレますね。
松本明子のデビュー曲の名前なんですけど今回の山行にはもちろん関係ありません。

男があれば女もある。ヒデがいたらロザンナもいる。雄岳に登ったら雌岳にも登りたい。
それが人の世の常ですよね。
YAMAPでフォローさせて頂いてるめたぼんさんに色々と情報を伺い、休みや天気や起床時間を考慮して本日結構と相成りました。

数日前の降雪の影響なのか登山口からしばらくいくとチラホラと道には雪が残ってます。4合目の手前辺りから雪が深くなったので軽アイゼンを装着。しかしそこから5分ほどで雪が少なくなり軽アイゼンを脱着します。また5分ほど登ると本格的な雪渓になり、再び装着。めんどくさ!
踏み抜かない様にトレースを辿りますが8合目手前辺りでトレースが途切れ途切れに。強風と降雪の影響でしょうか。雪もちらほら。ピンクテープを目印に進みますが踏み跡を辿れないため踏み抜き多数。足も雪に埋もれ始め四つん這いになりながらどうにか雄岳山頂まで到着しました。

天気が悪くなる前に雌岳に行こうと足早に尾根道を降ります。雌岳までは2つのピークを越えますが木々の間のものが少し残っているくらいで殆どトーレスが残ってません。1つ目のピークまでは雪が締まって歩き易すく、調子に乗って歩を進めます。しかし靴の履き口に残った雪が体温で溶け靴下がグショグショに。雌岳までの最後の登り、踏み抜きが多くなり雪と外気温で濡れた靴下が冷え爪先の感覚が鈍くなってきました。心が折れ帰りたい気持ちで一杯でしたが目の前には雌岳が。
心を誤魔化しながらどうにか頑張り、めたぼんさんが設置した看板を無事に拝む事が出来ました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:534人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ