また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1765114 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

春メイン2年班中南部日高(神威岳西尾根〜中ノ岳〜ペテガリ岳西尾根)

情報量の目安: C
-拍手
日程 2019年03月15日(金) 〜 2019年03月21日(木)
メンバー , その他メンバー2人
天候1日目(3/15):晴れ
2日目(3/16):雪一時晴れ
3日目(3/17):快晴
4日目(3/18):晴れ
5日目(3/19):ガス
6日目(3/20):曇り
7日目(3/21):曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間5分
休憩
0分
合計
4時間5分
Sスタート地点10:1514:20神威山荘
2日目
山行
5時間25分
休憩
1時間25分
合計
6時間50分
神威山荘05:4010:50神威岳西尾根Co126012:1512:30Co1300
3日目
山行
10時間25分
休憩
15分
合計
10時間40分
Co130005:4007:30神威岳07:4510:50中間尾根頭16:20中ノ岳の肩
4日目
山行
8時間45分
休憩
50分
合計
9時間35分
中ノ岳の肩10:5007:45中ノ岳08:30中ノ川下降尾根頭09:0012:00・157309:0013:00ペテガリ岳13:2014:20Co1200コル
5日目
山行
2時間50分
休憩
0分
合計
2時間50分
Co1200コル07:2010:10ペテカリ山荘
6日目
山行
3時間0分
休憩
0分
合計
3時間0分
ペテカリ山荘07:2010:20神威山荘
7日目
山行
3時間10分
休憩
0分
合計
3時間10分
神威山荘05:0008:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目(3/15):林道ゲート手前(10:15)神威山荘(14:20)=C1
 ゲートの約1km手前まで車で入れた。林道は時々ズボったり地面が出ていたりするが概ね快調。日の当たる斜面には雪が無い。やっぱり煙たい神威山荘でC1。

2日目(3/16):C1(5:40)神威岳西尾根Co1260(10:50-12:15)Co1300(12:30)=C2
 山荘のすぐ裏から西尾根に取り付く。出だしは急斜の藪漕ぎ。Co600からは比較的快調な尾根。たまに膝くらいまでズボるが大体サクサク進む。Co1120は少し細く、スノーシューのききも悪かったので一瞬EP。Co1260で先の視界がないので休憩がてら時間待ち。結局良くならなかったのでCo1300付近の尾根の北側にてC2。カンバ帯。

3日目(3/17):C2(5:50)神威岳(7:30-45)中間尾根頭(10:50)中ノ岳の肩(16:20)=C3
 凍ったテントを起き出でてみると朝焼け燃ゆるペテガリ、39が目に飛び込んできた。Co1400くらいまでは場所を選べばテントで泊まれそう。Co1475の岩の手前でEP。下りは南側からBSしつつ捲き気味に通過。これ以降南側は白い斜面が続くがズボズボなので怖くはない。神威からの下りは少し岩が出ていたりするが難しくはない。・1244付近から十勝側に雪庇が出ている。上を行ける感じでもないので十勝側のカンバ帯を腰まで埋まりながら捲いていく。予想以上に面倒で冬とはまるっきり様子が違う。その先のコルからニシュオマナイ岳まではスノーシューで快調。下りは徐々に細くなっていきEP。上を行けないところは十勝側から捲いた。・1372手前の岩も十勝側のカンバ帯から捲く。・1372手前は雪稜でかなり細い。雪庇は出ていないので上を行けた。中ノ岳の肩に我々のために用意したのではないかと疑うほどの四方を囲まれたテンバ適地を発見。ここでC3。よく動いた1日だった。

4日目(3/18):C3(5:40)中ノ岳(6:00)・1469(8:30-9:00)・1573(12:00)ペテガリ岳(13:20)ペテガリ岳西尾根Co1200コル(14:20)=C4
 凍ったテントを…、今日も天気が良い。中ノ岳まではスノーシューでサクサク。下りはEPに変える。急で時々BSするが腰まで埋まっていく感じなので怖くない。緩くなったところでスノーシュー。・1314までは広く快調で、下りもカンバが密に生えているのでスノーシューのままで下れた。・1469で休憩&EPに変える、いよいよ核心。両側が切れ落ちていて十勝側に雪庇が1~2mほど出ている。主に稜線上を日高側に寄って進む。上を行けないところは日高側の斜面から捲く。かなり急ではあるがここもズボズボ。ブッシュを掴みながら行く。コルまでが特に細く核心中の核心といったところ。登り始めるとこれまでよりは上を行きやすくなり雪庇の判断も楽になる。・1573(東尾根分岐)からはとくに何もない。気にならない〜気になるくらいの風が吹き始めるが問題なくガッツでピークまで。せっかくのペテガリだが風びゅーびゅーだったのでピー写を撮ることもなくさっさと西尾根を下る。カンバが出始めたあたりでスノーシューに変え、下りきったコルにてC4。

5日目(3/19):C4(7:20)ペテガリ山荘(10:10)=C5
 西尾根は樹林内雪庇が出ていたり、細くなっているところもあるが特に問題ない。アップダウンを繰り返し、最後は藪斜面を滑り下りて超快適なペテガリ山荘でC5。

6日目(3/20):C5(7:20)神威山荘(10:20)=C6
 概ね夏と同じ道でベッペリガイのっこし、夏より楽かもしれない。この時期雪崩の心配は無さそう。神威山荘に戻ってきてぐるっと一周。貫徹を祝う勝利メシをゲット。

7日目(3/21):C6(5:00)林道ゲート手前(8:10)
 山行中で一番早い出発、そして速い。林道を戻り下山。
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

スタート、雪少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート、雪少ない
C2よりペテガリ、1839
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
C2よりペテガリ、1839
1
神威ピークより北側
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神威ピークより北側
1
先のルートを望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先のルートを望む
1
奇跡のテンバ、C3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇跡のテンバ、C3
中ノ岳より3日目歩いた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳より3日目歩いた稜線
4
東尾根分岐で一安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根分岐で一安心
風が強くこの一枚だけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くこの一枚だけ
2

感想/記録

主稜線を歩いたのが2日間だけだったとは思えないほど充実した山行だった。
目に飛び込んでくる景色には色々な想像を掻き立てられた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:688人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 テン 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ