また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1772252 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

別府の街を一望!大平山(扇山)

日程 2019年03月27日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇山ゴルフ場手前に、車5台分の駐車スペース有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
24分
合計
3時間30分
Sスタート地点09:3810:52大平山[扇山]11:1611:42へびん湯13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
やっと春の陽気になりました!
長らく登山を中断していましたが、4月14日の鶴見岳一気登山を控えて鈍った体を慣らすために家から一番近い扇山へ登ってみました。
コース状況/
危険箇所等
防火帯に沿って登りますが、左側からのコースがオススメです。右側は急登なので注意が必要です。

装備

個人装備 アンダーシャツ ズボン サポートタイツ 靴下 グローブ 日よけ帽子 登山靴 ザック 行動食 飲料 タオル ストック スマホ(地図 GPS

写真

さくらの園からスタート!
今日は、小春日和の晴天
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくらの園からスタート!
今日は、小春日和の晴天
2
桜並木をどんどん登って行きます。
桜の花はまだ咲いていません
2019年03月27日 09:43撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜並木をどんどん登って行きます。
桜の花はまだ咲いていません
防火帯まで登ったら、沿って左側に進みます
2019年03月27日 09:49撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯まで登ったら、沿って左側に進みます
3
別府おんせん祭りのイベントとして扇山火祭りの為の防火帯です。今年は4月2日!この防火帯の内側は火の海になります🌋
2019年03月27日 09:49撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別府おんせん祭りのイベントとして扇山火祭りの為の防火帯です。今年は4月2日!この防火帯の内側は火の海になります🌋
途中ショートカットがあったので、ここから更に上を目指します
2019年03月27日 09:54撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ショートカットがあったので、ここから更に上を目指します
3
振り返って左側に、日出・国東方面 ガスっているのが残念
2019年03月27日 10:03撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って左側に、日出・国東方面 ガスっているのが残念
3
右側に別府市・高崎山 大分市は見えません...
2019年03月27日 10:03撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に別府市・高崎山 大分市は見えません...
4
最初からずっと登りっぱなし
久々の登山なので汗が噴き出します
2019年03月27日 10:42撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からずっと登りっぱなし
久々の登山なので汗が噴き出します
あっという間に山頂!
大平山が正式名称のようですが、扇山のほうが地元では馴染みがあります。
2019年03月27日 11:00撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂!
大平山が正式名称のようですが、扇山のほうが地元では馴染みがあります。
4
晴れていたら最高のロケーションですね
2019年03月27日 11:09撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていたら最高のロケーションですね
5
いつも同じポーズに飽いたと先輩が言うので...
2019年03月27日 11:09撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも同じポーズに飽いたと先輩が言うので...
2
家から1時間ちょっとでこの見晴らしは最高ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家から1時間ちょっとでこの見晴らしは最高ですね
1
山頂から更に奥に進みます
ここから山の雰囲気が変わります
2019年03月27日 11:16撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から更に奥に進みます
ここから山の雰囲気が変わります
途中、内山へ抜けるルートと明礬方面へ抜ける分かれ道
震災の影響で、内山方面は崩壊しているとの情報で右側の明礬方面へ降ります
2019年03月27日 11:20撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、内山へ抜けるルートと明礬方面へ抜ける分かれ道
震災の影響で、内山方面は崩壊しているとの情報で右側の明礬方面へ降ります
3
林道をひたすら進みます
秘湯へびの湯には2人〜3人ほど入っていました
2019年03月27日 11:37撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をひたすら進みます
秘湯へびの湯には2人〜3人ほど入っていました
林道からゴルフ場方面へコースを変えて、右側の防火帯を登ります。
2019年03月27日 12:01撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からゴルフ場方面へコースを変えて、右側の防火帯を登ります。
写真では伝わりませんが、この角度かなりキツイ登りです
足がつりそうでヒイヒイ言いながら登る先輩
2019年03月27日 12:03撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では伝わりませんが、この角度かなりキツイ登りです
足がつりそうでヒイヒイ言いながら登る先輩
この辺で昼食タイム
2019年03月27日 12:38撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で昼食タイム
下りは怖くて、来た道を戻れそうにないので、安全パイの藪漕ぎで道なき道を横移動しつつ戻ります
2019年03月27日 12:52撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは怖くて、来た道を戻れそうにないので、安全パイの藪漕ぎで道なき道を横移動しつつ戻ります
1
やっと道に合流
2019年03月27日 12:56撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと道に合流
3
亀に乗った仏様が別府の街を見守ってます
ここを過ぎたら、あっという間にゴール  終了!
2019年03月27日 12:58撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀に乗った仏様が別府の街を見守ってます
ここを過ぎたら、あっという間にゴール  終了!
3

感想/記録
by cckabe

平日に先輩と休みが偶然にも合ったので、きつく無い程度の登山をしよう!と、急遽決まり扇山に登りました。
いつも素通りする山でしたが、登ってみて正解
ガスってなければ最高のロケーション間違いなしの場所でした
登山する人は少ないだろうと思っていたら、高校生くらいの学生が20人くらい軽装で登っていました
以前は鶴見岳方面へ縦走出来ていたようですが、震災以降通れないようなことを別府市のホームページで見たので行きませんでしたが、看板などは無かったです。
やはり晴天の登山は気持ち良いですね!
訪問者数:109人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/12
投稿数: 79
2019/3/27 20:32
 扇山 周回
私も、鶴見岳をHPにしていたので、あたりのいろんなコースを巡りました。
長丁場では、自衛隊前の国道沿いの駐車出来るところに車を停めて歩き、扇山麓から、扇山 - 内山- 船底 - 鞍ヶ戸 - 馬の背 - 鶴見山頂- 馬の背- 西の窪 - 鶴見西登山口-由布岳東登山口 - 由布岳東峰 - マタエ - 由布岳正面登山口に降りて、バスで向井病院前で降りて、駐車した場所に戻ったことがあります。10時間位かかりました。(^-^;
今はあちこちで通れなくなってますね。
もし通れるようになったとしても、今の私は体力的に無理だと思います。(^-^;
登録日: 2018/5/22
投稿数: 9
2019/3/27 22:48
 Re: 扇山 周回
yamakichi8さんコメントありがとうございます
扇山を起点に色々な山を周回出来ていた時期に、登山をしていなかった事が悔やまれます
近い将来に整備されて、元のような活動が出来ることを願います。
登山は体力も必要と思いますが、経験に勝るものはないと思います
これからも、低山侮るなかれを教訓に色々登って、経験を積んで行きたいと思います

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 藪漕ぎ 防火帯 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ