また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1774824 全員に公開 アルパインクライミング伊豆・愛鷹

それでも失敗したという経験は積めた【城山 西南カンテルート】

日程 2019年03月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
1時間58分
合計
7時間17分
S城山登山口09:3614:26城山16:2216:32城山峠16:3316:51城山登山口16:5316:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
城山南壁は落石が頻繁にあるので、特に南壁中央部で休憩するのは控えたほうがいい。荷物置き場も場所を考えること。

写真

ミニストップ 大仁神島店。
トイレあり
2019年03月30日 09:22撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニストップ 大仁神島店。
トイレあり
ミニップ(この呼称はあまりない?)から城山を眺める
2019年03月30日 09:22撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニップ(この呼称はあまりない?)から城山を眺める
1P目「ラーニング・トゥ・クロール」の終了点からの眺め。
2019年03月30日 10:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目「ラーニング・トゥ・クロール」の終了点からの眺め。
2P目は斜上バンドを歩く。
2019年03月30日 11:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目は斜上バンドを歩く。
3P目、西南カンテルートの1P目。ホールドも余ってるくらいに快適。5.6くらいに感じた。
2019年03月30日 11:47撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目、西南カンテルートの1P目。ホールドも余ってるくらいに快適。5.6くらいに感じた。
3P目は立ち木で切る。
2019年03月30日 13:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目は立ち木で切る。
5P目のルンゼ。
ちなみに4P目は写真撮り忘れた。支点が散っていてライン取りに悩んだが、ハング越えのラインで5.9くらい。ここでフォローがボロボロでかなり時間を食う。
で、5P目はガバガバを大胆に身体を動かして登る。5.8くらい。
2019年03月30日 15:01撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目のルンゼ。
ちなみに4P目は写真撮り忘れた。支点が散っていてライン取りに悩んだが、ハング越えのラインで5.9くらい。ここでフォローがボロボロでかなり時間を食う。
で、5P目はガバガバを大胆に身体を動かして登る。5.8くらい。
あれがワイルドボア?
2019年03月30日 16:23撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがワイルドボア?
登山道との出合に、ワイルドボアゴージの看板。
2019年03月30日 16:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道との出合に、ワイルドボアゴージの看板。

感想/記録
by heshu

①西南カンテルート 5.9 6P チームOS
1P ラーニング・トゥ・クロール 5.9 mOS
2P 斜上バンド 徒歩
3P 西南カンテルート 1P〜3P 5.8 mOS
4P 西南カンテルート 4P 5.5 フォロー
5P 西南カンテルート 5P 5.9 mOS
6P 西南カンテルート 6P 5.8 mOS

マルチピッチの技術確認のために城山で最も簡単と思われる西南カンテルートをやりました。

パートナーが最近クライミングできてないということを聞いてはいましたが、いざやってみると…想像以上に登れません。1P目から時間を食ってしまい、かなり苦しい状況でした。ほぼほぼ僕がリードしたので(ほぼ歩きの4P目はパートナーが先行)一応チームOSということにはなるのでしょうか。

5P目が最大の難所で、小さなハングを乗り越えるラインとハングを左に避けるラインをとれるようです。ここで、パートナーがとハマりしてしまい、全く進めなくなりました。僕は自分より登れない人と行く機会が少ないので、このような場面でどのように対処すべきなのか、経験不足が露呈しました。
今回は、ロープをフィックスして懸垂で降り、現場で指示(エイド登攀)と発破をかけてなんとか抜けてもらいました。しかし、あのままパートナーが抜けれなかったら危ないですね…どんな対処法が望ましいのか、勉強せねばなりません。まずできることとして、小型のアッセンダーは1人1つは持つようにした方が良さそうです。(僕のダック1つだけだったので)
グレードではない難しさ、人に登らせる技術の実力不足と大切さに気付かされました。

2018年度記録
総計 52
5.9以下 20
5.10a,b 15
5.10c,d 9
5.11a,b 7
5.11c,d 1
5.12a,b 0
訪問者数:141人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

出合 ルンゼ 落石 バンド ガバ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ