また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1781699 全員に公開 ハイキング東海

池田山の麓は満開の桜(大津谷〜霞間ヶ渓)

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大津谷無料駐車場(トイレあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
10分
合計
4時間0分
Sスタート地点08:1008:20大津谷登山道入口09:50池田山10:0010:30パラグライダー離陸所10:30池田山避難小屋11:30霞間ヶ渓登山口12:00大津谷登山道入口12:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大津谷ルートには、標識多数。
霞間ヶ渓ルートは、道幅広い。
霞間ヶ渓から大津谷の道は歩道がないので、車に注意。
その他周辺情報7日は、霞間ヶ渓ではさくらまつり開催
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

立派な登山口入口
付近には、古墳群
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な登山口入口
付近には、古墳群
1
大津谷ルートの標識。
IPってなんだ?
数字の105は?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津谷ルートの標識。
IPってなんだ?
数字の105は?
カタクリはまだこれから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリはまだこれから。
2
伊吹山も霞んで見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山も霞んで見える。
2
立派な池田山山頂石柱と
記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な池田山山頂石柱と
記念撮影。
3
下山時、パラグライダー離陸所から、
下界を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時、パラグライダー離陸所から、
下界を見下ろす。
3
咲き誇る桜の下で、
池田山フェスタ開催。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き誇る桜の下で、
池田山フェスタ開催。
3
大津谷では川沿いの桜を愛でながら、
キャンプやBBQを楽しむ人で溢れていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津谷では川沿いの桜を愛でながら、
キャンプやBBQを楽しむ人で溢れていた。
4

感想/記録

天気予報では晴れだったが…
家を出る時は雨。
車を走らせるが、西の空もさえない。
しかし、大津谷に着くころには晴れ間がのぞきはじめ、
満開の桜がきれいに日に照らされた。
そして大津谷には朝早くからテントを張って、花見を楽しむ人の姿も…

立派な大津谷登山口のゲートを進み、植林帯を登っていく。
標識が整備され、道は明瞭。高度が上がると、展望が開ける場所も。
スミレ、馬酔木は咲いていたが、カタクリはまだ眠りから覚めず。
林道に合流し、山の駅のあたりで伊吹山の姿を拝む。
「池田山山頂→」に従って、展望台のある山頂到着。
三角点と山頂標を入れて記念撮影。
周囲の木々が高く、ざんねんな眺望。
下山は、電波塔、パラグライダー離陸所、池田の森、焼石神社を通って、
霞間ヶ渓ルートの幅の広い道を下る。
こちらからは、続々と人が登ってくる。
ふもとの霞間ヶ渓は桜が満開。
池田山フェスタ開催で、大勢の人でにぎわっていた。
歩道のない舗装路を歩き、途中でも桜や古墳を見ながら、
大津谷に戻った。

ヤマザクラの次は、イワザクラ、アカヤシオ、シロヤシオ。
舟伏山とか鎌ヶ岳、竜ヶ岳に登りたいな。
おっと、その前に猿投山のヤマザクラを見に行かねば。
訪問者数:136人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ