また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1799776 全員に公開 ハイキング 近畿

伊勢山上☆スリル満点の行場めぐり

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊勢山上の参拝者用駐車場に
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間37分
休憩
55分
合計
2時間32分
S伊勢山上 飯福田寺13:3514:04小天上14:0714:18大天井14:2514:58飛石15:1015:21伊勢山上 飯福田寺15:3015:36裏行場上り口15:5916:04伊勢山上 飯福田寺16:0516:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩屋本堂からのオーバーハングの壁を伝って岩屋の上に出るコースはかなり危険

神聖な行場なので、くれぐれも安易に岩を傷つけてはならないことを留意する必要あり
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

まずは伊勢山上の御本尊
薬師堂にお参りして
2019年04月20日 13:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは伊勢山上の御本尊
薬師堂にお参りして
1
最初の行場 油こぼし
2019年04月20日 13:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の行場 油こぼし
断崖の上を辿って
2019年04月20日 13:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖の上を辿って
本堂右手の壁を登る
2019年04月20日 13:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂右手の壁を登る
1
岩屋の上より周回コースの美しい新緑を望んで
2019年04月20日 13:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋の上より周回コースの美しい新緑を望んで
岩屋の上から垂直に垂れ下がる鎖を見下ろして
2019年04月20日 14:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋の上から垂直に垂れ下がる鎖を見下ろして
2
岩の隙間から躑躅の花
2019年04月20日 14:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の隙間から躑躅の花
気持ちのよい杉木立の尾根道
2019年04月20日 14:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい杉木立の尾根道
再び好展望の岩場に
正面に後山
2019年04月20日 14:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び好展望の岩場に
正面に後山
右手は矢頭山、左手は髯山とのこと
2019年04月20日 14:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手は矢頭山、左手は髯山とのこと
蟻の戸渡りを振り返る
2019年04月20日 14:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻の戸渡りを振り返る
右手のシルエットは不動明王像
この岩の右下におりて
2019年04月20日 14:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手のシルエットは不動明王像
この岩の右下におりて
岩を攀じ登った先に見たものは
2019年04月20日 14:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を攀じ登った先に見たものは
1
再び急峻な崖を降りる
2019年04月20日 14:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び急峻な崖を降りる
1
谷の対岸に岩屋本堂を望む
2019年04月20日 14:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の対岸に岩屋本堂を望む
1
最後のハイライト飛岩に
2019年04月20日 15:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のハイライト飛岩に
飛岩の上に立つ
2019年04月20日 15:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛岩の上に立つ
3
林間より岩屋本堂を見上げて
2019年04月20日 15:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間より岩屋本堂を見上げて
1
新緑の美しい薬師堂に戻ってきた
2019年04月20日 15:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の美しい薬師堂に戻ってきた
1
薬師堂を振り返る
2019年04月20日 15:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師堂を振り返る
1
裏行場へ
こちらでも最初の行場は油こぼし
2019年04月20日 15:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏行場へ
こちらでも最初の行場は油こぼし
獅子ヶ鼻の突端
2019年04月20日 15:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子ヶ鼻の突端
下山路の樹に
ムササビ
2019年04月20日 15:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路の樹に
ムササビ
2
下山した廃屋の軒先の新緑のイロハモミジと紅いノムラモミジ
2019年04月20日 16:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山した廃屋の軒先の新緑のイロハモミジと紅いノムラモミジ
1
山門より飯福田寺を振り返る
2019年04月20日 16:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山門より飯福田寺を振り返る
1

感想/記録

名古屋で午前中に大きな仕事があったのだが、仕事の後で松阪のあたりで短い山行をと知人のgooさんに相談したところ、いくつかの候補を頂いたうちの一つがこの伊勢山上である。その名前からして、伊勢の近くかと思いきや、松阪の山奥の飯福田町にある真言宗の寺院、飯福田寺の別称であり、伊勢からはかなり離れている。寺の裏山は修験道の行場となっており、スリルに富んだ岩場歩きをすることになる。この伊勢山上をご紹介頂いたgooさんが、直々に行場をご案内して下さるというので、名古屋の仕事が終わるとその足で伊勢中川に向かう。

伊勢中川から飯福田寺にむかうと、山に入るにつれ新緑がなんとも美しい。若緑、黄緑、薄緑、萌黄色、鶯色、萌黄色、萌木色、若草色、黄浅緑・・・緑に関する様々な色の名称を並べたところで、色とりどりの新緑のパッチワークを表現することは出来ないのだが、低山の新緑が最も美しい季節なのだろう。あと一週間もすると、瞬く間に新緑は山の上へと駆け上がってゆくことになる。

立派な山門の脇には何台もの車が停められている。この辺鄙な山奥の寺に多くの先客が訪れていることに驚かざるを得ない。飯福田川沿いに参道を歩いていくと、折しも7~8人のパーティーが下山してきたところである。いずれの方々もヘルメットを被り、腰からはカラビナをいくつもぶら下げて、完全な岩登りの装備である。もちろん、岩登りは想定してはいない。まだ仕事明けのビジネス・シューズに仕事用のワイシャツにネクタイという出で立ちだったので、まずは住職のご厚意で庫裏の右手のコモリ堂で着替えさせて頂く。

寺の本尊は苔むした階段の上で、若緑色のイロハカエデの新緑に包まれた薬師堂に祀られる薬師様である。薬師堂の左手の斜面を登ると最初の岩場、油こぼしの急斜面が現われる。斜度はかなり急峻ではあるが、ホールドが多いので登りやすい。

油こぼしを登り詰めると、断崖に沿って行者堂のある鐘掛へと下ってゆく。鉄の手すりがついているので安心して下ることが出来るが、手すりがなければ相当に度胸が必要なところであったかもしれない。

行者堂へ辿り着くと、右手の壁面からいくつもの不自然な突起が突き出しているかと思えば、いくつもの小さな穴も穿たれている。この岩の内部は巨大な砂岩をくり抜いて作ったもののように思われるのだが、岩から突き出た突起や穴は上へと登るための足がかりのようだ。果たして、オーバーハングの壁面をこれらの足がかりと穴をホールドにしてトラバースして、岩の側面に出る。今度は垂直の壁に上から垂れ下がる鎖を頼りに登ってゆく。壁にはわずかに足を載せるための窪みが作られている。ここの通過が行場の中でも核心といえるだろう。岩の上の出ると役行者の像が歓迎してくれる。

岩の上からは当然ながら、絶海が広がる。いくつかの鋭鋒がつらなる矢頭山、その左手に円錐形の髯山、そして正面には後山とgooさんが教えて下さる。そして我々の到着を祝うファンファーレのように狭い谷間にいくつもの法螺貝の音が響き渡る。

前半の最後は抱きつき岩である。文字通り、岩に抱きつくような形で岩を越えると難所は過ぎたようだ。わずかに登って尾根に乗ると、杉の植林地の中の歩きやすい道となる。小天井の小さな金剛童子、大天井の大日如来の石仏が杉林に厳かな雰囲気を与える。

谷を周回して尾根を下ってゆくと先の方から女性の黄色い声が聞こえる。先へ進むと、岩の上で寛いでおられる若い美男美女のカップルがおられた。後ろから我々が来る気配を察して、先に行ってもらおうと待機してくれていたらしい。

先に進ませてもらうが、女の子が下るのに足場をみておいてあげましょうと、gooさんが彼氏に替わって女の子が降りるのに下から指示を出す。

岩場を通過した後で後ろを振り返ると、二人で手をつなぎながら蟻の戸渡りを通過してくるのが見える。女の子が握る彼の手に力が入っているのは無理もない。今にも彼氏にしがみつきそうな勢いだ。このような場所に連れて来たらそのような状況になるのは間違いない。

不動の棚に来ると小さな不動明王の石仏がある。Gooさんに促されて不動の棚の岩の下へと出る。どうやら今度はこの岩を下から攀じ登るらしい。砂岩に穿たれた穴を足がかりにして岩壁を登ると、その先に穿たれた大きな穴には首のない石仏が祀られているのであった。印相からすると定印の阿弥陀仏のように思われる。この石仏を拝むために難易度の高い岩壁を登るのが修行のようだ。南無阿弥陀仏。

我々が不動の棚に寄り道している間に先に行かれた先ほどのカップルに再び追いつく。「昔はこの岩には鎖はありませんでしたよね」とgooさんに話しかけられている。どうやら男の子の方は幼少の頃からこの場所は何度も来たことがある馴染みの場所のようだ。勿論、女の子は初めてだろう。

飛石の岩の上に家内と共に登って、gooさんに写真を撮ってもらっているところに再びカップルが登場する。写真を撮ってあげましょうと若いカップルのスマホをgooさんが預かり、若い二人は飛石の上に登るが女の子は怖がってなかなか立ち上がらない。期待通り、すかさずGooさんの罵声が飛ぶが、女の子は家内の「彼氏の手を繋いだら大丈夫」という声に反応して、彼の手を握りしめてゆっくりと立ち上がる。そこでスマホのシャッター・ボタンを押したgooさんの指にも力が入りすぎたのだろう。長押しのせいで連写する。

飛石からの下りは後半のハイライトだろう。我々が降りたあと、再びgooさんは女の子が無事に降りるのを確認して、カップルとお別れする。この行場から戻ると住職に無事の帰還を報告するのが一種のルールらしい。

飯福田寺を後にすると飯福田川の対岸の裏行場へと向かう。川沿いの山桜は散りはじめであるが、まだかなり花が残っている。裏行場の最初の岩場はやはり油こぼしである。岩場の上から垂れた鎖に頼って一気に上まで登る。尾根を緩やかに辿ると尾根上に巨岩が出現する。獅子ヶ岩と呼ばれる巨岩らしい。

獅子ヶ岩を後にすると尾根から谷筋を下る。踏み固められた行者道を下ると目の前を小さな動物が転がるように下っていき、傍らの樹を攀じ登る。樹の陰から小さな顔を覗かせる。もう一匹、今度は大きな動物が別の樹からこちらにじっと顔を向けている。最初は栗鼠かと思ったが、可愛らしい姿をしてはいるものの明らかに栗鼠よりは険しい顔立ちの動物である。すぐには思い出せなかったが、どうやらムササビに思える。

谷沿いに歩き、桜が満開の廃屋へと出ると再び川を渡り、飯福田寺へと戻る。Gooさんの車に乗り越み寺を後にすると、後山の山麓を越えて、R166に入り粥見のスーパー、ミセスマートで会計をする段になって気がついた。何と、財布がない。どうやら着替えごと飯福田寺のコモリ堂に置き忘れてきてしまったらしい。Gooさんに再び40分程の運転をお願いする羽目になるのであった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:611人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ