また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1805840 全員に公開 ハイキング 近畿

熊野古道 中辺路 大雲取越・小雲取越

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年04月20日(土) ~ 2019年04月21日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候2日間とも良い天気
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
往路 車で道の駅 那智で車中泊
復路 熊野本宮前〜新宮駅 バス 1時間 1,540円
新宮駅〜那智駅 17分 240円
13時20分発のバスだと新宮駅着 14時21分 電車が14時22分発なのでダッシュしても乗れなかった、結局次の電車まで1時間待った
この辺りの駅は無人駅が多いため、特急が停車する駅でないとSuica等の電子チケットが使えません


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間27分
休憩
22分
合計
9時間49分
S補陀洛山寺07:4509:14大門坂入口09:1509:41那智山バス停10:00飛瀧神社10:0110:32青岸渡寺10:3410:38熊野那智大社10:4410:48青岸渡寺10:4911:57那智高原公園13:03舟見茶屋跡13:1113:31色川辻13:3314:33地蔵茶屋跡14:3415:28越前峠16:52円座石17:25小口バス停17:34小口自然の家
2日目
山行
4時間56分
休憩
8分
合計
5時間4分
小口自然の家07:3607:38小口バス停08:54桜茶屋跡09:0109:15桜峠10:18百間ぐら10:1911:55請川12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大雲取越 地蔵茶屋〜石倉峠北側はルート崩落の為、迂回路使用
ルート全体を通して標札もしっかりあり、ルート明瞭、危険箇所なし
その他周辺情報道の駅 那智内に温泉 丹敷の湯 600円
サウナなし
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

前日 道の駅那智で車中泊
涼しくて快適だった
この道の駅には、温泉もJRの駅も同じ敷地内にある
2019年04月20日 07:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日 道の駅那智で車中泊
涼しくて快適だった
この道の駅には、温泉もJRの駅も同じ敷地内にある
のどかな里山風景
2019年04月20日 07:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな里山風景
ツツジも満開
2019年04月20日 08:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジも満開
荷坂峠を越えて、市野々王子で少し休憩
2019年04月20日 08:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷坂峠を越えて、市野々王子で少し休憩
大門坂の入り口
これから本格的な登りがはじまる
2019年04月20日 09:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門坂の入り口
これから本格的な登りがはじまる
観光客が沢山いたが、那智大社までの登りは急で、皆大変そうだった。
2019年04月20日 09:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客が沢山いたが、那智大社までの登りは急で、皆大変そうだった。
雰囲気のある石畳が続く
2019年04月20日 09:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気のある石畳が続く
ルートから少し外れるが、那智の滝にも寄っておいた
相方は初めてだそうで感動していた
2019年04月20日 10:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートから少し外れるが、那智の滝にも寄っておいた
相方は初めてだそうで感動していた
那智大社にもあったが、お清めの胡麻木を焚いていた
相方によれば神社では珍しいらしい
2019年04月20日 10:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那智大社にもあったが、お清めの胡麻木を焚いていた
相方によれば神社では珍しいらしい
焼きもちをいただいた
2019年04月20日 10:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼きもちをいただいた
2
那智大社の手水舎の龍
2019年04月20日 10:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那智大社の手水舎の龍
秀衡桜は見頃
2019年04月20日 10:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秀衡桜は見頃
1
熊野三山 熊野那智大社
2019年04月20日 10:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野三山 熊野那智大社
すぐ隣には青岸渡寺 西国一番の寺
2019年04月20日 10:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ隣には青岸渡寺 西国一番の寺
青岸渡寺から那智滝の眺め
三重塔と相まって素晴らしい
2019年04月20日 10:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青岸渡寺から那智滝の眺め
三重塔と相まって素晴らしい
1
その先に大雲取越のスタート地点がある
ここまで結構登ってきた
相方さんは大丈夫でしょうか
2019年04月20日 10:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に大雲取越のスタート地点がある
ここまで結構登ってきた
相方さんは大丈夫でしょうか
那智高原高原内の牡丹桜
公園内の写真を撮り忘れたが、コースターなどアトラクションがあったが、人っ子一人いなくて、少し不気味だった
2019年04月20日 11:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那智高原高原内の牡丹桜
公園内の写真を撮り忘れたが、コースターなどアトラクションがあったが、人っ子一人いなくて、少し不気味だった
1
歩きやすい道がずっと続く
2019年04月20日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道がずっと続く
苔混じりの石畳みは下りではよく滑った
2019年04月20日 12:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔混じりの石畳みは下りではよく滑った
2日合わせたルートでは、ここが一番展望が良かった
太平洋がよく見えた
2019年04月20日 13:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日合わせたルートでは、ここが一番展望が良かった
太平洋がよく見えた
1
八丁の掘割
ネットでどう言う場所なのか調べたが分からなかった
2019年04月20日 13:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁の掘割
ネットでどう言う場所なのか調べたが分からなかった
変わった形の石積みというかケルンらしきもの
船形の石の上に小石が積んである
こんなのが道中2.3箇所あった
2019年04月20日 13:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わった形の石積みというかケルンらしきもの
船形の石の上に小石が積んである
こんなのが道中2.3箇所あった
地蔵茶屋の休憩所
中には入ってないが、まだ新しそうだった
2019年04月20日 14:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵茶屋の休憩所
中には入ってないが、まだ新しそうだった
車道があるのでトイレと自販機が2台あった
2019年04月20日 14:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道があるのでトイレと自販機が2台あった
ここから先は通行止めの為、迂回路を通る
プラス30分ほどだが、登りがないので楽に歩ける
地蔵茶屋からそのまま車道を歩かないように
2019年04月20日 14:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は通行止めの為、迂回路を通る
プラス30分ほどだが、登りがないので楽に歩ける
地蔵茶屋からそのまま車道を歩かないように
ルートを通してこんな歌碑が沢山あった
詠んだ人も意味も分からないが、雲取越に関連した短歌である事は分かった
2019年04月20日 15:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを通してこんな歌碑が沢山あった
詠んだ人も意味も分からないが、雲取越に関連した短歌である事は分かった
越前峠はこのルートを通して一番標高が高いらしい
870m
2019年04月20日 15:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前峠はこのルートを通して一番標高が高いらしい
870m
熊野古道って感じの苔の道が続く
2019年04月20日 15:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野古道って感じの苔の道が続く
1
胴切坂は越前峠870mから一気に小口集落60mまで落ちていく
この頃にはすでに相方は疲れきってご機嫌斜めだった
頑張れ
2019年04月20日 15:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胴切坂は越前峠870mから一気に小口集落60mまで落ちていく
この頃にはすでに相方は疲れきってご機嫌斜めだった
頑張れ
1
今夜の宿
小口自然の家
学校を改修したらしく懐かしい雰囲気が残る
私達を合わせて日本人は5人、残りは欧米人が20人ほどの宿泊だった
はじめこの宿を予約する時も6月末まで予約いっぱいで、敷地内の別宅(食事無し)を一人2000円で泊まれるはずだったが、キャンセルが出たので変更してもらった。
インバウンドでかなり盛況しているが、宿の方は戸惑っていた
2019年04月21日 07:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿
小口自然の家
学校を改修したらしく懐かしい雰囲気が残る
私達を合わせて日本人は5人、残りは欧米人が20人ほどの宿泊だった
はじめこの宿を予約する時も6月末まで予約いっぱいで、敷地内の別宅(食事無し)を一人2000円で泊まれるはずだったが、キャンセルが出たので変更してもらった。
インバウンドでかなり盛況しているが、宿の方は戸惑っていた
2日目は小雲取越を歩く
しばらく千葉からきた単独の方とご一緒した
2019年04月21日 07:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は小雲取越を歩く
しばらく千葉からきた単独の方とご一緒した
三途の河原
大雲取越、小雲取越は死者が歩く道らしく
「亡者の出会い」と言う区間もある
亡くなった方が白装束を着て歩いているのに出会うこともあるらしい
結構怖い道なんです
2019年04月21日 07:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三途の河原
大雲取越、小雲取越は死者が歩く道らしく
「亡者の出会い」と言う区間もある
亡くなった方が白装束を着て歩いているのに出会うこともあるらしい
結構怖い道なんです
小雲取越のルートは小和瀬から桜峠450mくらいまで一気に登って、本宮大社までゆっくり降っていくルートなので、相方には昨日の疲れもあるのでマイペースで歩いてくださいと伝えたら本当にマイペースで歩かれたので待つのに疲れた
2019年04月21日 07:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取越のルートは小和瀬から桜峠450mくらいまで一気に登って、本宮大社までゆっくり降っていくルートなので、相方には昨日の疲れもあるのでマイペースで歩いてくださいと伝えたら本当にマイペースで歩かれたので待つのに疲れた
百貫ぐらは絶好のビューポイント
ぐら とは崖の事らしい
2019年04月21日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百貫ぐらは絶好のビューポイント
ぐら とは崖の事らしい
山しかないが景色はいい
2019年04月21日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山しかないが景色はいい
1
請川から1時間ほど歩いて熊野本宮大社でゴール
長い道のりだった
2019年04月21日 12:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
請川から1時間ほど歩いて熊野本宮大社でゴール
長い道のりだった
八咫烏の扇子がカッコ良すぎて買ってしまった
800円
仰ぐだけで厄除けとご利益があるらしい
2019年04月21日 13:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八咫烏の扇子がカッコ良すぎて買ってしまった
800円
仰ぐだけで厄除けとご利益があるらしい
駅前の徐福寿司でサンマの一本寿司をいただいた
2019年04月21日 14:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の徐福寿司でサンマの一本寿司をいただいた
2
JRで那智駅へもどる
2019年04月21日 15:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JRで那智駅へもどる
2日間 道の駅那智に車を置かせてもらったので、温泉とお土産を買った
2019年04月20日 07:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日間 道の駅那智に車を置かせてもらったので、温泉とお土産を買った

感想/記録
by tanto

熊野古道の歩きは昨年秋の小辺路に続いて2度目。他にも中辺路 田辺〜熊野本宮、大辺路、伊勢路などまだまだ沢山ルートはあるので、これからも少しずつ歩いていきたい。
あと何度、熊野本宮大社に足を運ぶ事になるのか。
このルートは、とにかくすれ違うほぼすべての人が外国人なので、ここは本当にJAPANなのかと思った。しかしみんな片言でコンニチハと応えてくれる。向こうのガイド本とかに載ってるのだろう。
2日間とも標高は高くないが風もあり、木陰の間を歩くのが多かったので、比較的快適に歩けた。
ただこの辺りももうすぐ暑くなって賞味期限切れは近そうですね。
次回は秋。どの辺りを歩こうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1330人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ケルン 崩落 高原 車中泊 地蔵 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ