また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1809416 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

烏帽子岳 狗留尊山

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
細野登山口の駐車場に止めました。とても広い駐車場です。きれいなトイレと休憩所もあります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
27分
合計
5時間19分
S細野登山口09:4010:30第三見晴らしポイント10:48展望岩11:08烏帽子岳 三角点11:12烏帽子岳 最高点11:44狗留尊山12:1113:06龍王さんの大杉14:59細野登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。良い道です。狗留尊山からの下りで龍王様の分岐を過ぎた所に不明瞭な所がありました。
その他周辺情報阿下喜温泉(平日550円、土日祝650円)
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 携帯 時計 タオル

写真

細野登山口駐車場に着いた。さすがに連休だけあって既に8台も止まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細野登山口駐車場に着いた。さすがに連休だけあって既に8台も止まっている。
きれいなトイレと休憩所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなトイレと休憩所もある。
さて出発だ。右の斜面を上がって行く。前回は間違えて直進してしまった。確か、看板はなかったような気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて出発だ。右の斜面を上がって行く。前回は間違えて直進してしまった。確か、看板はなかったような気がする。
水が張ってある。もうすぐ田植えかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が張ってある。もうすぐ田植えかな。
獣よけのゲートを入っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣よけのゲートを入っていく。
こんな感じの斜面を上がって行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの斜面を上がって行く。
良く整備されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く整備されている。
時集落が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時集落が見える。
1
今回は左の大岩コースだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は左の大岩コースだ。
もうすぐ山頂だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂だ。
鈴養湖の緑がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴養湖の緑がきれい。
1
正面の高い山が笙ヶ岳かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の高い山が笙ヶ岳かな。
烏帽子岳山頂に着いた。結構賑わっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂に着いた。結構賑わっている。
1
山頂から少し歩いた所を左折して狗留尊山に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し歩いた所を左折して狗留尊山に向かう。
これから行く狗留尊山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く狗留尊山だ。
1
アセビのかわいい花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビのかわいい花。
1
狗留尊山の反射板が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狗留尊山の反射板が見える。
ヤマツツジかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジかな?
1
三国岳だ。2つピークがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳だ。2つピークがある。
後方の山は鈴ヶ岳と鈴北岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方の山は鈴ヶ岳と鈴北岳。
反射板の下で昼ご飯だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板の下で昼ご飯だ。
1
いなべ方面を見ながらのお昼だ。風が吹いて寒い。雹が降ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いなべ方面を見ながらのお昼だ。風が吹いて寒い。雹が降ってきた。
1
藤原岳デカイ山だ。そろそろ下山しよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳デカイ山だ。そろそろ下山しよう。
1
この分岐で立田小(廃校)へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐で立田小(廃校)へ向かう。
ここで今日の目的の一つ龍王様の大杉を見に寄り道をして行こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで今日の目的の一つ龍王様の大杉を見に寄り道をして行こう。
迷わない様に親切にロープが張ってある。と思いきやしばらくするとロープは無くなり道が分からなくなってきた。あきらめて戻ろうと思ったが地形図とGPS で確認すると今いる所から近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷わない様に親切にロープが張ってある。と思いきやしばらくするとロープは無くなり道が分からなくなってきた。あきらめて戻ろうと思ったが地形図とGPS で確認すると今いる所から近い。
藤原町(現いなべ市)の天然記念物だそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原町(現いなべ市)の天然記念物だそうです
1
道の無い所を適当に戻って登山道に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の無い所を適当に戻って登山道に出る。
途中で登山道を逸れていることに気づいたがそのまま下っていると渇れ谷に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で登山道を逸れていることに気づいたがそのまま下っていると渇れ谷に出た。
堰堤だ。左へ迂回する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤だ。左へ迂回する。
しばらくするとガードレールが見える。林道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくするとガードレールが見える。林道だ。
トゲのあるイバラだ。なんていう名前だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トゲのあるイバラだ。なんていう名前だろう?
1
近くまできた。林道へ上がろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くまできた。林道へ上がろう。
林道へ出た。あとはのんびりと駐車地に戻るだけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道へ出た。あとはのんびりと駐車地に戻るだけだ。
堰堤を反対側から見る。まだ完成したばかりみたいな感じだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を反対側から見る。まだ完成したばかりみたいな感じだ。
林道入口まできた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入口まできた。
古田遊歩道を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古田遊歩道を歩く。
歯痛止地蔵というのが途中にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歯痛止地蔵というのが途中にあった。
1
遊歩道沿いにこんなテーブルのようなものがいくつかあるけど何だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道沿いにこんなテーブルのようなものがいくつかあるけど何だろう。
一旦遊歩道を出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦遊歩道を出る。
道路に出て少し歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路に出て少し歩く。
草餅屋の前から再び遊歩道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草餅屋の前から再び遊歩道に入る。
1
一面黄色一色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面黄色一色だ。
あの山から降りてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山から降りてきた。
駐車地に到着した。帰り支度をしている人がいっぱいいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に到着した。帰り支度をしている人がいっぱいいる。

感想/記録

雲が多かったがまずまずの天気。狗留尊山に着くと風が吹いて寒い、おまけに雹まで降ってきた。逃げるように下山するとさっきまでがウソのようにおさまった。前回の行けなかった龍王様の大杉を見ることが出来てよかった。
訪問者数:160人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ