また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812615 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

権現山

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■猿橋営業所→杉平入口
http://www.fujikyubus.co.jp/pdf/rosen/190330_otsuki/otsuki-kosugenoyu.pdf
■用竹→上野原駅
http://www.fujikyubus.co.jp/pdf/rosen/20190330_uenohara/uenohara-iio.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
1時間51分
合計
8時間4分
S杉平入口06:4608:39カワツバタ窪ノ頭08:4109:26三ッ森北峰(郡内鋸岳)09:4310:09尾名手峠10:1010:22麻生山(栗干場)10:47オクノ沢ノ嶺11:21権現山12:5013:16雨降山13:40寺ノ入山13:50ニツクラ山14:01二本杉山14:0314:50用竹バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

猿橋からバスで杉平入口へ。ここが今回のスタート地点。
2019年04月28日 06:45撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿橋からバスで杉平入口へ。ここが今回のスタート地点。
登山口。三ッ森北峰までひたすら登りです。
2019年04月28日 07:05撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。三ッ森北峰までひたすら登りです。
新緑。
2019年04月28日 08:02撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑。
1
登って登って。
2019年04月28日 08:52撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って登って。
登って登って。
2019年04月28日 09:20撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って登って。
三ッ森北峰山頂。鏡がある事で有名。
2019年04月28日 09:28撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ森北峰山頂。鏡がある事で有名。
1
東丹沢。
2019年04月28日 09:29撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東丹沢。
西丹沢ー富士山ー三ツ峠。
2019年04月28日 09:29撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢ー富士山ー三ツ峠。
1
小金沢連嶺。
2019年04月28日 09:29撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢連嶺。
1
/^o^\フッジッサーンフッジッサーン
\\(^o^) タカイゾ
(^o^)//タカイゾ
/^o^\フッジッサーン
\(^o^)/ピエールクスリデツカマッタ
2019年04月28日 09:29撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
/^o^\フッジッサーンフッジッサーン
\\(^o^) タカイゾ
(^o^)//タカイゾ
/^o^\フッジッサーン
\(^o^)/ピエールクスリデツカマッタ
丹沢山ー蛭ヶ岳。
2019年04月28日 09:30撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山ー蛭ヶ岳。
大室山ー御正体山だろうか。
2019年04月28日 09:31撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山ー御正体山だろうか。
三ッ森北峰から一旦激下り。これから通る岩場よりもこの下りの方が転びそうで嫌な感じでした。
2019年04月28日 09:48撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ森北峰から一旦激下り。これから通る岩場よりもこの下りの方が転びそうで嫌な感じでした。
岩場1、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
2019年04月28日 09:51撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場1、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
岩場2、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
2019年04月28日 09:59撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場2、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
岩場3、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
2019年04月28日 10:03撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場3、ですがぶっちゃけ大した事ありません。
長尾根への分岐。ここはトラバース状に走ってる道が崩れてるという話なので少し覗いてみると。
2019年04月28日 10:09撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾根への分岐。ここはトラバース状に走ってる道が崩れてるという話なので少し覗いてみると。
うーん、崩れてます。歩きたくないな。長尾根から登る場合は麻生山へ直登する点線コースを使えばこの道を回避出来るのでいいらしいです。
2019年04月28日 10:10撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、崩れてます。歩きたくないな。長尾根から登る場合は麻生山へ直登する点線コースを使えばこの道を回避出来るのでいいらしいです。
1
麻生山山頂。展望はありません。
2019年04月28日 10:23撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻生山山頂。展望はありません。
ここが麻生山ー長尾根の点線ルートへの分岐。踏み跡明瞭。
2019年04月28日 10:28撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが麻生山ー長尾根の点線ルートへの分岐。踏み跡明瞭。
麻生山から権現山へはゆるーい尾根道。
2019年04月28日 10:31撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻生山から権現山へはゆるーい尾根道。
オクノ沢の頭。
2019年04月28日 10:48撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オクノ沢の頭。
浅川峠への分岐。権現山は浅川から登るのが一番多いのでしょうね。
2019年04月28日 11:14撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅川峠への分岐。権現山は浅川から登るのが一番多いのでしょうね。
1
権現山山頂到着!
2019年04月28日 11:22撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山山頂到着!
1
富士山。
2019年04月28日 11:25撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
1
三頭山と石尾根。
2019年04月28日 11:26撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山と石尾根。
笹尾根。
2019年04月28日 11:27撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹尾根。
雨降山のアンテナ。
2019年04月28日 11:27撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨降山のアンテナ。
1
三頭山。
2019年04月28日 12:50撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山。
大ムレ権現。
2019年04月28日 12:56撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ムレ権現。
内部は昔のいたずら書きが。高尾山周辺の山域はこういうの流行った時期があるようですねえ。
2019年04月28日 12:54撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内部は昔のいたずら書きが。高尾山周辺の山域はこういうの流行った時期があるようですねえ。
緩やかな尾根道を気分良く歩く。
2019年04月28日 13:05撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな尾根道を気分良く歩く。
和見分岐。この辺にスミレの丘があるはずだけど、見に行くのすっかり忘れてた笑。
2019年04月28日 13:16撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和見分岐。この辺にスミレの丘があるはずだけど、見に行くのすっかり忘れてた笑。
雨振山。
2019年04月28日 13:20撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨振山。
雨振山の雨量観測施設。
2019年04月28日 13:21撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨振山の雨量観測施設。
二本杉手前の分岐。ここからはトレラン大会用の看板が目に付くようになります。黄色で目立ちます。八重山トレイルレースのロングコースですね。
2019年04月28日 13:59撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本杉手前の分岐。ここからはトレラン大会用の看板が目に付くようになります。黄色で目立ちます。八重山トレイルレースのロングコースですね。
二本杉。分岐。右の分岐先は御林峠→要害山ですが、写真をよく見てください。
2019年04月28日 14:01撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本杉。分岐。右の分岐先は御林峠→要害山ですが、写真をよく見てください。
要害山への分岐はトレランが道を間違えないように枯れ枝を大量に積み上げて道をふさいでいます。こういうのは大会開催当日にだけやれよ。これを見て登山者が道を勘違いしたら道迷いの可能性が出てきそう。
2019年04月28日 14:01撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要害山への分岐はトレランが道を間違えないように枯れ枝を大量に積み上げて道をふさいでいます。こういうのは大会開催当日にだけやれよ。これを見て登山者が道を勘違いしたら道迷いの可能性が出てきそう。
2
ですから撤去しておきました。トレランの大会って山を我が物のように扱うよなあ。だから看板も黄色の目立つものを平気で立てる。ちなみに6月にも大会をやるようなので再び枯れ枝を積み上げてくるかもしれませんね。
2019年04月28日 14:02撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですから撤去しておきました。トレランの大会って山を我が物のように扱うよなあ。だから看板も黄色の目立つものを平気で立てる。ちなみに6月にも大会をやるようなので再び枯れ枝を積み上げてくるかもしれませんね。
3
新緑が美しい。
2019年04月28日 14:08撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
山桜かな。
2019年04月28日 14:10撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜かな。
墓村への分岐。八重山トレイルレースロングコースはここから下って八重山・能岳にむかいます。だからさっきの分岐には枯れ枝を積み上げておいたのですね。
2019年04月28日 14:22撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓村への分岐。八重山トレイルレースロングコースはここから下って八重山・能岳にむかいます。だからさっきの分岐には枯れ枝を積み上げておいたのですね。
用竹への分岐。此処で曲がって用竹へ行きます。
2019年04月28日 14:29撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用竹への分岐。此処で曲がって用竹へ行きます。
下山完了!
2019年04月28日 14:44撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了!
用竹バス停。ハイキングじいさんばあさんが沢山乗ってましたし、この先でも沢山乗りました。定年退職して平日でも登れるじいさんばあさんがわざわざ大型連休に登ってバスを満杯にさせ、地元の人は満杯でバスに載れないという奇妙な光景を目にしました。
2019年04月28日 14:51撮影 by DSC-TX55, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用竹バス停。ハイキングじいさんばあさんが沢山乗ってましたし、この先でも沢山乗りました。定年退職して平日でも登れるじいさんばあさんがわざわざ大型連休に登ってバスを満杯にさせ、地元の人は満杯でバスに載れないという奇妙な光景を目にしました。

感想/記録

 難所という難所が殆ど無い、穏やかな道。秋から春までは気分良く歩ける事でしょう。あえていえば三ッ森北峰ー麻生山間は岩場があって少し険しいでしょうか。三ッ森北峰からの展望は一見の価値有り。全般的になかなかお勧めの道でした。
 もうすぐ5月なのに涼しい日。おかげで虫があまりいなかったのも嬉しかった。
訪問者数:308人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い 直登 ロング トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ