また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1817217 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

城山・文台山・赤岩・二十六夜山【都留市21秀峰4座】

日程 2019年04月29日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
<行き>新宿5:38−(中央線)−八王子ー大月7:19着7:26発ー(富士急行線)−谷村町7:44
<帰り>赤坂15:16−(富士急行線)−大月15:30着15:44発ー(中央線)−高尾ー新宿17:17
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
城山…単なる遊歩道です。谷村町駅から勝山城址方面に向かうと標識が出てきますので、その標識通りに進みました。

文台山…今回の山行では、山と高原地図の実線だけのピストンとしました。少し、山と高原地図の実線と、実際の登山道は違う感覚が致しました。基本的には踏み跡あり、問題はありませんが標識のない枝道がいくつかあり。登る時は登る道を下る時は下る道を使えば枝道に行く必要はないので、間違わないかとも思います。

赤岩…今回は「パラジマ沢」と書かれている登山道を辿る。山と高原地図では実線となっておりますが、とんでもない・とんでもない。破線扱いでも良いかと思います。登山道に入る時「通行注意」の看板があったような。登山道の薄い個所も多数。危険個所も多数。登山道が崩落しているところもあり。ハイキング感覚で行くと失敗すると思います。慎重に進む事をお薦めします。

二十六夜山…赤岩から続く稜線続き。こちらは危険個所・道迷い個所等ないと思います。下山路は急な坂道ですが、それほど危険でもありません。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

7:46、谷村町駅よりスタート。
本日は都留市21秀峰4座を登りに行きます。
2019年04月29日 07:46撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:46、谷村町駅よりスタート。
本日は都留市21秀峰4座を登りに行きます。
とりあえず第一座目の城山に向かいます。
2019年04月29日 07:49撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず第一座目の城山に向かいます。
勝山城址方面の標識があり。これに従って進みます。
2019年04月29日 07:52撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝山城址方面の標識があり。これに従って進みます。
遊歩道を進んで
2019年04月29日 07:54撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を進んで
8:00、城山に到着。まずは都留市21秀峰1座目。わずか15分。
2019年04月29日 08:00撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:00、城山に到着。まずは都留市21秀峰1座目。わずか15分。
1
山頂は広場となっており、眺望がひらけておりました。
2019年04月29日 08:01撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広場となっており、眺望がひらけておりました。
谷村町駅に戻り、しばらくは公道歩き。
2019年04月29日 08:25撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷村町駅に戻り、しばらくは公道歩き。
8:57、約1時間の公道歩きの後、文台山登山口の標識があり。進みます。
2019年04月29日 08:57撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:57、約1時間の公道歩きの後、文台山登山口の標識があり。進みます。
鳥居をくぐり、登山道に入ります。
2019年04月29日 08:58撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐり、登山道に入ります。
ざっくりとした登山道と林道の交差している地図あり。
どうも、山と高原地図とは道が微妙に違うような。。。
2019年04月29日 08:59撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざっくりとした登山道と林道の交差している地図あり。
どうも、山と高原地図とは道が微妙に違うような。。。
どっちにせよ、ところどころにこんな標識があるので迷う心配はありません。
2019年04月29日 09:03撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっちにせよ、ところどころにこんな標識があるので迷う心配はありません。
途中から急登。ついでに3か所ぐらいのニセピークがあり。
2019年04月29日 09:44撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から急登。ついでに3か所ぐらいのニセピークがあり。
1
9:53、文台山に到着。本日2座目の都留市21秀峰なり。
眺望なし。
登山口より約1時間にて到着。
2019年04月29日 09:53撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:53、文台山に到着。本日2座目の都留市21秀峰なり。
眺望なし。
登山口より約1時間にて到着。
ピストンにて下山。
2019年04月29日 10:30撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンにて下山。
再び、しばらくは公道歩き。
2019年04月29日 10:35撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、しばらくは公道歩き。
200名山の御正体山の登山口も通過して行きます。
2019年04月29日 10:37撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200名山の御正体山の登山口も通過して行きます。
結構、この道は登りが続いてしんどかったりします。
2019年04月29日 11:17撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、この道は登りが続いてしんどかったりします。
またもや約1時間の公道歩きの後、舗装林道に入ります。ゲートが閉まっていますが、くぐって行きます。
2019年04月29日 11:32撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや約1時間の公道歩きの後、舗装林道に入ります。ゲートが閉まっていますが、くぐって行きます。
山と高原地図上の「パラジマ沢」の登山道より、つづいての赤岩を目指します。
2019年04月29日 11:35撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図上の「パラジマ沢」の登山道より、つづいての赤岩を目指します。
しかしこの登山道、倒木があったりして踏み跡が薄かったり
2019年04月29日 11:44撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこの登山道、倒木があったりして踏み跡が薄かったり
沢を登るので岩ゴロゴロだったりして踏み跡が薄かったり
2019年04月29日 11:56撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を登るので岩ゴロゴロだったりして踏み跡が薄かったり
1
登山道が崩落している箇所もあり。強引に木の枝とか岩を掴んでよじ登ったりもしました。
2019年04月29日 12:14撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が崩落している箇所もあり。強引に木の枝とか岩を掴んでよじ登ったりもしました。
12:19、唐沢尾根に到着。右に行けば今倉山。そんなにたいした距離ではないので今倉山にも行ってもよかったのですが、無視して左に行きます。
2019年04月29日 12:19撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19、唐沢尾根に到着。右に行けば今倉山。そんなにたいした距離ではないので今倉山にも行ってもよかったのですが、無視して左に行きます。
唐沢尾根は道迷いの心配なし。快適な稜線歩き。
2019年04月29日 12:27撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢尾根は道迷いの心配なし。快適な稜線歩き。
12:29、赤岩に到着。
本日3座目の都留市21秀峰。
2019年04月29日 12:29撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:29、赤岩に到着。
本日3座目の都留市21秀峰。
本当は眺望良いのでしょうが、真っ白にて何も見えず。
2019年04月29日 12:29撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は眺望良いのでしょうが、真っ白にて何も見えず。
さらに唐沢尾根を進んで二十六夜山へ向かいます。
2019年04月29日 12:54撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに唐沢尾根を進んで二十六夜山へ向かいます。
一旦、舗装道路に降りるも100m先にすぐ登山道に入る個所あり。
2019年04月29日 12:54撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、舗装道路に降りるも100m先にすぐ登山道に入る個所あり。
最後の登り。
2019年04月29日 13:00撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。
13:05、二十六夜山に到着。
本日4座目の都留市21秀峰。
2019年04月29日 13:05撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05、二十六夜山に到着。
本日4座目の都留市21秀峰。
山頂からの眺望。他のヤマレコユーザーの方がおっしゃられておりましたが、山梨百名山の二十六夜山より標高も高いし、眺望も良いのに、何でこちらの山が選定されなかったのか?
2019年04月29日 13:05撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望。他のヤマレコユーザーの方がおっしゃられておりましたが、山梨百名山の二十六夜山より標高も高いし、眺望も良いのに、何でこちらの山が選定されなかったのか?
二十六夜山からの下山道も基本的には危険個所はありませんが、一か所この丸太の橋に辿り着くと
2019年04月29日 13:42撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十六夜山からの下山道も基本的には危険個所はありませんが、一か所この丸太の橋に辿り着くと
「危険」「滑るぞ!」「注意して渡れ!」などと書いてある。多少ビビったけど、そんなに危険ではなし。
2019年04月29日 13:42撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「危険」「滑るぞ!」「注意して渡れ!」などと書いてある。多少ビビったけど、そんなに危険ではなし。
13:48下山。ここからはまたもや公道歩き。
2019年04月29日 13:48撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:48下山。ここからはまたもや公道歩き。
14:35、約5kmの公道歩きの後に赤坂駅に到着。
都留市21秀峰4座登頂・ならびに、都留市21秀峰全山踏破できました。お疲れさまでした。
2019年04月29日 14:35撮影 by SH-M05, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:35、約5kmの公道歩きの後に赤坂駅に到着。
都留市21秀峰4座登頂・ならびに、都留市21秀峰全山踏破できました。お疲れさまでした。

感想/記録

 都留市21秀峰。実はこのコトバ、聞いた事はあったのですが、具体的にどの山かというのは全く知らず。ついでに調べるつもりもありませんでした。ついでに甲州市に合併する前に大和村が選定した「大和十二景」(大蔵高丸、笹子雁ヶ腹摺山など)と勘違いしておりました。
 ヤマレコの登った山リストを見たら21座の内にすでに17座を登っている事がわかり、それならば1日で残り4座を登って全山達成しようとした今回の企画。無事全山登る事ができ、21座全山踏破でき満足のいく山行とはなりました。

 当方は基本的にはバリルートを登るのは嫌いというか得意ではありません。文台山に関して他の方のレコを参考にしましたが、なるべく公道を使わず登山道だけで行こうとするとバリエーションルートとなる記載が多かったため、山と高原地図の実線だけを使うルートで計画をたてたら、公道歩きが多く面白味の欠けるルート設定になったかもしれません。ただし赤岩に関しては結構登山道がハード。破線扱いと考えたほうが良いかと思います。

 最後に、二十六夜山ですが、都留市のホームページには「山梨百名山」「日本の花の百名山」と紹介記載されております。通称、秋山二十六夜山(971m)の方が山梨百名山であり新花の百名山と思いますが、都留市は誤りに気付いていないのでしょうか。それとも気づいてても修正する気がないのでしょうか。それとも、本当はこちらの道志二十六夜山(1297m)の方が山梨百名山だったりして???(笑)


訪問者数:85人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ