また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1824187 全員に公開 ハイキング甲信越

聖山と冠着山 そばを食べつつ、信州百名山2座登頂

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 先に聖山に登るため、麻績ICでおりて聖高原の方に車を進め、別荘地の道路を通りながら聖峠を目指しました。そして聖峠のあたりの道が広くなっているところに駐車しました。
 その後、安曇野に移動して昼食をとった後、再度高速に乗って麻績ICまで戻り、今度は長野道の東側にある冠着山へ向かう道(戸倉・上山田方面へ繋がる)を登って行きます。そうすると左側に広い駐車場があります。20台くらいは停められそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
55分
合計
5時間59分
S聖峠09:5210:15聖山10:4511:00聖峠11:1014:30鳥居平14:4015:14冠着山15:1915:51鳥居平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 2つのGPSファイルがうまくつながらないので、時間は手打ちです。2つの山を登る間で、昼食を安曇野でとっています。なので実際に歩いたのは1時間40分ほどです。
コース状況/
危険箇所等
 聖山は、登山道にやや急な登りの部分があり、ぬかっているところは滑りやすいです。冠着山は途中まで林道歩きで、その後も特に危ないところはありません。
その他周辺情報 今回は、安曇野にある栄作というそば屋さんに行って、天ざるそばを食べるのも目的の1つだったので、安曇野周辺の信州百名山を選びました。帰りに温泉に入るため、間に食事を入れて2座目の冠着山を午後に回しました。日帰り湯は、冠着山を上山田温泉の方へ下っていき、「つるの湯」へ寄りました。シャンプーや石けんはありませんが250円とリーズナブルで、お風呂や洗い場もけっこう広かったです。泉質もいい感じでした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ザック ザックカバー 行動食 飲料 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ポール

写真

ここから登り始めます。このあたりが聖峠だと思うのですが…
2019年05月03日 09:52撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登り始めます。このあたりが聖峠だと思うのですが…
1
こんな感じの登山道を登ります。
2019年05月03日 09:54撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの登山道を登ります。
尾根すじに出ました。左の方に東屋もあります。
2019年05月03日 10:09撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根すじに出ました。左の方に東屋もあります。
頂上が見えてきました。電波塔もいくつか建っています。
2019年05月03日 10:14撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました。電波塔もいくつか建っています。
頂上には、周囲の山の標示板が四方にあります。これは東側
2019年05月03日 10:16撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上には、周囲の山の標示板が四方にあります。これは東側
1
浅間がうっすら見えます。
2019年05月03日 10:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間がうっすら見えます。
蓼科山が見えます。
2019年05月03日 10:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山が見えます。
槍や穂高が見えません
2019年05月03日 10:18撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍や穂高が見えません
長野市方面、千曲川もよく見えます。
2019年05月03日 10:19撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野市方面、千曲川もよく見えます。
手前右に飯縄山、左へ黒姫、妙高、高妻が見えます。
2019年05月03日 10:19撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前右に飯縄山、左へ黒姫、妙高、高妻が見えます。
1
白馬の方面
2019年05月03日 10:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬の方面
1
この辺が五竜や鹿島槍のようです。
2019年05月03日 10:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が五竜や鹿島槍のようです。
正面が蓮華や針ノ木かな?
2019年05月03日 10:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が蓮華や針ノ木かな?
さらに北アルプスの峰々が続きます。
2019年05月03日 10:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに北アルプスの峰々が続きます。
聖山、1447.2m
2019年05月03日 10:23撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖山、1447.2m
今回はお手軽ピークハント
2019年05月03日 10:36撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はお手軽ピークハント
1
三角点タッチ
2019年05月03日 10:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
この白い花はこぶしでしょうか?
2019年05月03日 10:59撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この白い花はこぶしでしょうか?
戻ってきました。
2019年05月03日 10:59撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
ここを左へ曲がると冠着山(別名は姨捨山)の駐車場。「かむりきやま」とは、なかなか読めませんね。
2019年05月03日 14:39撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左へ曲がると冠着山(別名は姨捨山)の駐車場。「かむりきやま」とは、なかなか読めませんね。
けっこう広いです。右側から登ります。
2019年05月03日 14:40撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう広いです。右側から登ります。
きれいな案内板
2019年05月03日 14:40撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな案内板
スタートは、林道歩きから
2019年05月03日 14:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートは、林道歩きから
あと600m、ここから山道になります。
2019年05月03日 14:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと600m、ここから山道になります。
いこいの森からの道と合流
2019年05月03日 14:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いこいの森からの道と合流
と言っても、あまり使われていないようです。
2019年05月03日 14:57撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言っても、あまり使われていないようです。
アズマイチゲかな?
2019年05月03日 15:01撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマイチゲかな?
頂上方面はこんな階段を行きます。
2019年05月03日 15:01撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上方面はこんな階段を行きます。
あと200m。ここに休憩用のベンチがあって、南側に見える北アルプスの山々の表示板があります。
2019年05月03日 15:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと200m。ここに休憩用のベンチがあって、南側に見える北アルプスの山々の表示板があります。
これですが、午後になって遠くの山は霞んでしまい、しっかり確認できません。
2019年05月03日 15:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これですが、午後になって遠くの山は霞んでしまい、しっかり確認できません。
午後3時だと、こんな感じでよく見えません。
2019年05月03日 15:04撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後3時だと、こんな感じでよく見えません。
聖山は確認できます。電波塔があるので分かりやすいです。
2019年05月03日 15:04撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖山は確認できます。電波塔があるので分かりやすいです。
頂上にあった、「冠着山」りの説明とその周りに山座同定用の表示もあります。
2019年05月03日 15:14撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にあった、「冠着山」りの説明とその周りに山座同定用の表示もあります。
1
この山を詠んだ句
2019年05月03日 15:16撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山を詠んだ句
1
家の中にある社
2019年05月03日 15:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家の中にある社
その横の説明板
2019年05月03日 15:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その横の説明板
1
北側の景色。長野道や千曲川、飯縄や妙高などが見えます。
2019年05月03日 15:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の景色。長野道や千曲川、飯縄や妙高などが見えます。
蓼科山や美ヶ原が、うっすら見えます。
2019年05月03日 15:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山や美ヶ原が、うっすら見えます。
山名の表示板は見つかりませんでした。標高1252m
2019年05月03日 15:25撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名の表示板は見つかりませんでした。標高1252m
2
名前は?
2019年05月03日 15:32撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前は?
聖山をもう一度。奥に見えるのは蓮華岳かな?
2019年05月03日 15:33撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖山をもう一度。奥に見えるのは蓮華岳かな?
下りの展望休憩所
2019年05月03日 15:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの展望休憩所
1
スミレは、道のわきにたくさん咲いてます。
2019年05月03日 15:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレは、道のわきにたくさん咲いてます。
撮影機材:

感想/記録

 そばを安曇野で食べつつ、その近くの信州百名山をなるべく楽に登ろうというのが今回の山行テーマなので、駐車場からなるべく最短距離で頂上まで行けるよう行程を組んでみました。昨年食べたときに山菜天ぷらがボリューミーで、そばもおいしかったので、安曇野の「栄作」という店へ行くことを念頭に置いて山選びをした結果、聖山が候補となり、あまりに簡単に登れてしまうので冠着山も登ることにしました。
 午後になってしまったので冠着山からの眺めは、霞んでしまって残念でしたが、聖山も冠着山も、条件が良ければ頂上からの眺めは素晴らしいと思います。どちらの山も頂上は広く、手軽に登れるので、素晴らしい景色をゆったり眺めながら食事をする場所として、最高の山だと思います。
訪問者数:123人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ