また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825482 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

阿蘇山 烏帽子岳 で〆 (10連休九州山旅#5)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝、久住山に登った後、渋滞を回避するため南回りの道路から阿蘇火山博物館の駐車場に移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間33分
休憩
35分
合計
2時間8分
S杵島岳登山口12:3212:57古坊中・草千里分岐13:24烏帽子岳13:5914:19古坊中・草千里分岐14:40杵島岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報前泊:阿蘇くじゅう高原ユースホステル
素晴らしいです。お薦めです。

写真

イワカガミがあちこちに
2019年05月03日 12:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミがあちこちに
2
こんなところもありましたが、全般的には歩きやすかった
2019年05月03日 13:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところもありましたが、全般的には歩きやすかった
阿蘇 中岳/高岳の解説
2019年05月03日 13:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿蘇 中岳/高岳の解説
この時間の噴煙はこの程度だった。しかし、ニュースによると約2時間後に小規模の噴火があったとのこと。
2019年05月03日 13:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間の噴煙はこの程度だった。しかし、ニュースによると約2時間後に小規模の噴火があったとのこと。
2
雲仙方面の解説
微かに雲仙がみえました
2019年05月03日 13:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲仙方面の解説
微かに雲仙がみえました
山頂の三角点
(山頂の標識の写真は失敗!)
2019年05月03日 13:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の三角点
(山頂の標識の写真は失敗!)
2
烏帽子岳より南東側の崖
地震被害?の砂防工事が進んでいました
大変ですね。
2019年05月03日 14:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳より南東側の崖
地震被害?の砂防工事が進んでいました
大変ですね。
馬酔木が満開
2019年05月03日 14:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木が満開
2
穏やかな草千里浜 ゴールデンウィークを楽しむ人でいっぱい
2019年05月03日 14:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな草千里浜 ゴールデンウィークを楽しむ人でいっぱい
2
烏帽子岳振り返って見た
2019年05月03日 14:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳振り返って見た
3

感想/記録

九州山旅5日目の5/3は久住山と阿蘇烏帽子岳の2山の登山。

4月16日の阿蘇中岳噴火による入山規制があり、どうしたものか?と考えた末の選択が烏帽子岳だ。烏帽子岳登山は標高差も小さいし、久住山と同じ日に登ってもそれほど辛くはないのではないかと。

昼頃に阿蘇火山博物館の駐車場に南側から着いて駐車。
北側から来る車は長い渋滞だったが、こちらはスイスイ。
(昨夜、同宿の地元の方にアドバイス頂いたおかげです。本当にありがたい。)

登る途中、ピンクのイワカガミの花があちこちに咲いていた。
私にとっては今年の初見のイワカガミで嬉しい気持ち。
日差しが強くて暑いけど、チャッチャと登って山頂に到達。

山頂では九州の方に写真を撮って頂いた。
それから、千葉から見えたご家族とお話した。
GW中、どの山の山頂でも、話しかけると、本州から来たという方の方が多かったけど、ここもそうなのね。

雲仙・九重連山・祖母山と雄大な九州の景色を楽しんで、下山。
カルデラの草千里浜はGWのピクニックを楽しむ家族連れなどで大賑わい。遠くから見ても、水遊びする子たちとか散歩する家族とか、のどかで楽しそうで平和な光景だった。

以上で九州山旅5山巡りは完了。無事に登り終えて嬉しかったです。
訪問者数:78人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

イワカガミ 三角点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ