また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828104 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

矢倉岳 足柄万葉公園からピストン

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雷のち土砂降り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
足柄万葉公園駐車場(無料)に止めようと思ったが満車。
6台くらいしか停められない。
少し先の広くなった路肩に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間32分
休憩
2分
合計
1時間34分
S足柄万葉公園13:3614:19山伏平14:32矢倉岳14:39山伏平14:4015:07足柄万葉公園15:0815:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
入山時 18℃
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。
整備された登山道。
その他周辺情報下山後はびしょ濡れだったので近くにあった足柄温泉へ。
500円とリーズナブル。
温泉は小ぢんまりとしてるが休憩所はくつろげる。

装備

備考 ザック7.5kg
飲料水消費300ml
行動食他一切食べなかった。

写真

途中で見えた矢倉岳
左側の尾根を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見えた矢倉岳
左側の尾根を登る
足柄の湯からの帰りの時は富士山が顔を出した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足柄の湯からの帰りの時は富士山が顔を出した

感想/記録
by ruu999

最近定番になりつつある実家の沼津に帰る途中に、途中の山で軽登山シリーズだが、今回はサクッと登れる矢倉岳に来てみた。
今日は高気圧が張り出して登山日和〜のはずだったが入山時から空が遠くでゴロゴロ鳴っている。
ま、風も強く無いしこっちは大丈夫かな、、、などと思って登り始めたらゆっくりではあるけど段々雷が近づいて来た。

ただ、雨も降ってないしサッサと山頂に行って下山しようと思って歩を進めたが山頂1km手前くらいで光と音の差が5秒前後。ヤバイかなーと思いつつもペースを上げて山頂を目指した。
5秒差をずっと維持してたので雷雲が近づくペースは遅かったと思う。
山頂100m手前でとうとうパラパラと小雨が降り出した。ヤバイかなーとダッシュしてみるも20mくらい走って息切れ。登りは走れません、、、

山頂ではパパッと写真を撮ってすぐ下山。
ゆっくりではあるけど雨も粒が大きくなってきている。
この山は最初緩やかに下るところから始まるので、帰りは最後が登り。ペースを上げたくても登りだとかなりキツイ、、、
万葉公園まで戻って来たところでレインウェア着用。
後300〜400mくらいとは思ったけど、流石に雨具無しでは辛い本降りとなっていた。
ここら辺で雷の光と音との差は3秒前後。
雷鳴はゴロゴロ、ガラガラはまだ我慢できるけど、たまに鳴るピシャッ!って音は寿命が縮まる気分だ。

車まで残り50mという地点でとうとうドシャドシャと大粒の雨がこぼれ落ちるように降って来た。
この大粒の雨は去年の夏散々味わった奴で、積乱雲の到着である。50mを本気ダッシュで車に辿り着き、ザックを車の中に放り込みながら、自分もびしょ濡れのまま滑り込んだ。
ギリギリセーフなのかアウトなのか分からないけど、とにかく無事に生還できた。
今日は本当はのんびり登山の予定だったのにな、、、と思いつつ、、改めて登山は午前に限るな〜と思った次第。

途中からトレランかよ!とか思いつつ本日の軽登山(?)は終了です。
山の天気は変わりやすく、5km離れた足柄温泉に着いた時には晴れてました。
山の上だけ、それも富士山側にいた雷雲ジリジリと近づいて来たんだと思います。あらためて山は舐めてはいけませんね!
訪問者数:75人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 積乱雲 ピストン 雷鳴 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ