また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1830917 全員に公開 講習/トレーニング剱・立山

剱岳(雪山講習)

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候全行程通じて晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間9分
休憩
6分
合計
2時間15分
S室堂14:2714:37みくりが池14:3814:40みくりが池温泉14:53雷鳥荘14:5815:07雷鳥沢キャンプ場16:42剱御前小舎
2日目
山行
7時間15分
休憩
3時間51分
合計
11時間6分
剱御前小舎04:0804:28剱沢キャンプ場04:2904:41剣山荘05:0005:26一服剱05:3106:31前剱06:34前劔の門06:5107:02平蔵の頭07:1907:21カニの横バイ07:5007:53カニのハサミ08:0008:05剱岳08:2208:26カニのハサミ08:3008:34カニの横バイ08:5809:01平蔵の頭09:1109:27前劔の門09:3809:45前剱10:54一服剱11:0511:23剣山荘11:4713:28剱御前小舎14:0315:14雷鳥荘
3日目
山行
33分
休憩
2分
合計
35分
雷鳥荘07:5408:14みくりが池温泉08:1608:19みくりが池08:29室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ピッケル (以下レンタル)ヘルメット ハーネス バイル
備考 携行品が多すぎた(特に衣類)。厳選が必要。

写真

扇沢発のパンタグラフの付いたトロリーバスは、昨年から、蓄電池の電気バスに交代。
2019年05月03日 11:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢発のパンタグラフの付いたトロリーバスは、昨年から、蓄電池の電気バスに交代。
1
黒部ダムを渡り、黒部平までのケーブルカーは健在。
2019年05月03日 12:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダムを渡り、黒部平までのケーブルカーは健在。
ロープウェイおトロリーバスを乗り継いだ先の室堂は、一面の雪の中。みくりが池も雪の下。
2019年05月03日 14:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイおトロリーバスを乗り継いだ先の室堂は、一面の雪の中。みくりが池も雪の下。
冬毛の雷鳥は初めて見た。
2019年05月03日 14:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬毛の雷鳥は初めて見た。
2
立山三山は神々しく。
2019年05月03日 14:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山三山は神々しく。
剱御前小舎の建つ別山乗越より、遂に見えた剱岳。
2019年05月03日 17:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎の建つ別山乗越より、遂に見えた剱岳。
2
御前小舎の夕食。明日に備えてご飯爆食い。
2019年05月03日 17:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前小舎の夕食。明日に備えてご飯爆食い。
2
別山乗越の夕暮れ。
2019年05月03日 19:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山乗越の夕暮れ。
1
朝4時に小舎を発ち、剱沢を下る。あの頂を目指して。
2019年05月04日 04:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝4時に小舎を発ち、剱沢を下る。あの頂を目指して。
2
剣山荘で装備を整え、ザイルをつないで雪の斜面を登る。前剱への急登は、両手のピッケルとバイルを頼りに、一歩一歩。やっとたどり着いた前剱から、平蔵の頭、本峰を望む。
2019年05月04日 06:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山荘で装備を整え、ザイルをつないで雪の斜面を登る。前剱への急登は、両手のピッケルとバイルを頼りに、一歩一歩。やっとたどり着いた前剱から、平蔵の頭、本峰を望む。
2
平蔵の頭より、剱岳本峰。冬季は、カニの縦バイ(先行者がいる位置)ではなく、左から横バイルートを使う。
2019年05月04日 07:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平蔵の頭より、剱岳本峰。冬季は、カニの縦バイ(先行者がいる位置)ではなく、左から横バイルートを使う。
1
登頂。素晴らしい眺め。剱沢カール。
2019年05月04日 08:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。素晴らしい眺め。剱沢カール。
2
頂上直下の雪稜。
2019年05月04日 08:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の雪稜。
立山三山の奥に、槍穂。
2019年05月04日 08:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山三山の奥に、槍穂。
2
頂上に続く稜線、その先に富山平野。
2019年05月04日 08:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に続く稜線、その先に富山平野。
カニの横バイを降る。
2019年05月04日 08:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニの横バイを降る。
1
室堂の雷鳥荘は、温泉あり、ベッドありの生き返る環境。
2019年05月04日 17:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂の雷鳥荘は、温泉あり、ベッドありの生き返る環境。
2
雷鳥荘からの夕暮れ。
2019年05月04日 18:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥荘からの夕暮れ。
1
夕焼けに染まる、立山三山。
2019年05月04日 18:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けに染まる、立山三山。
2
朝の雷鳥沢。
2019年05月05日 08:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の雷鳥沢。
1
3日目も恵まれた天候。雪が輝く。
2019年05月05日 08:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目も恵まれた天候。雪が輝く。
2
雪原の向こうに、富山平野。
2019年05月05日 08:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原の向こうに、富山平野。
トロリーバスは、室堂〜大観峰間で健在。我が国最後の路線。
2019年05月05日 08:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロリーバスは、室堂〜大観峰間で健在。我が国最後の路線。
1
大観峰より、黒部ダムの向こうに、スバリ、針ノ木。
2019年05月05日 09:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰より、黒部ダムの向こうに、スバリ、針ノ木。
2
黒部湖。ついでにダムカードもゲット!
2019年05月05日 09:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖。ついでにダムカードもゲット!

感想/記録

雪山3回目で剱岳とは、自分でも背伸びしすぎではないかとは認識していたが、ガイドの先生と同行者の方々のおかげで、また絶好の好天もあり、あの雪の剱岳の頂を踏むことができた。雪山は美しく、神々しい。
とはいえ、弱点もさらけ出した。自分流の夏山スタイルは、雪山では致命的になることも思い知った。一つ間違えば命に関わる雪山。アルプスの山へという目標に対して、体づくりから見直しつつ、無理なく山を楽しもうと思う。
訪問者数:343人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/14
投稿数: 6
2019/5/8 21:00
 剱岳
お疲れさまです!
夏の剱でも厳しいのに冬でやるとは…
自分は基礎体力から見直してテン泊縦走目指します。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ