また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833571 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

東日原ー三ツドッケー酉谷山ー七跳尾根ー小川谷林道

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。気温高い。微風
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間46分
休憩
32分
合計
9時間18分
S東日原バス停06:5709:11一杯水避難小屋09:36天目山09:5410:08ハンギョウノ頭10:0910:19ハナド岩10:2010:26大栗山11:26坊主山(割谷ノ峰)11:2711:47酉谷峠12:03酉谷山12:1312:24酉谷峠12:2512:40坊主山(割谷ノ峰)15:54一石山神社16:00鍾乳洞バス停16:10稲村岩を経て鷹ノ巣山方面登山口16:15東日原バス停16:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七跳尾根は目印はほとんどなく、現状では初級バリルートと考えたほうが良いと思います。
下りに好適。
標高1450以上は枯枝落葉等で隠れてきているが、大きくジグを切った道形がまだ残る。
標高1450〜1350は道形がほぼザクでうまり、急でもあるため登りに使うとロスが大きそう。
視界不良時の下りでも1450以上で方角の目星をつけておけば、直線的な尾根なので、
下部でも大きく外れずに下れそう。
標高1350から1342標高点へのルートが懸念されたが、標高1370あたりがヒノキ植林帯の
最上部となっており、植林帯の中で良く踏まれた道が東北東から西南西へ斜めに下る格好に
なっているので、大きく尾根を外れない限りはこれに突き当たると思われた。
以下の植林帯では大きくジグ切った明瞭な道が続いている。ショートカットはほどほどに。
私のように道を外す可能性があり。(ログが小径記号から離れている1300m付近がそれです。汗)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ 簡易アイゼン

感想/記録

写真・感想は後日
訪問者数:21人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 ヒノキ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ