また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834404 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山・根子岳〜あずまや高原ホテルより〜

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上信越道、上田菅平ICから国道144号線から、あずまや高原ホテル。
あずまや高原ホテルの登山者・一般駐車場を利用。朝5時からホテルのトイレが200円で利用可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
四阿山・根子岳分岐から長池分岐の間で20分間の昼食休憩。
コース状況/
危険箇所等
◯あずまや高原ホテルから、しばらくは別荘地を歩く。別荘地が終わると四阿山への標識が多数設置されたゲートを右巻きに入る。

◯菅平牧場までは笹に囲まれた登山道。途中、左手に曲がるポイントに標識とピンクテープがあり、牧場内に入った踏み跡があるが、牧草地内へは立ち入りは禁止。道なりに左手に暫く進むとゲートがあり、左手の開いたスペースから入り。牧場の作業道を横切ると、大きな案内地図と標識があり、牧場脇の登山道を四阿山に向かって進む。

◯菅平牧場付近から先は残雪あり。残雪の登山道と残雪の無い登山道が交互に現れる。アイゼン等の滑止め装着に迷うが必要ないレベルか。岩にペイントされた赤黄の矢印とピンクテープを見失わないように進みたい。気温の上昇で雪緩み泥濘、踏み抜きもあり。

◯四阿山・根子岳分岐からは積雪多いが明瞭な踏み跡が山頂まで続く。山頂手前は傾斜がきつく滑りやすい。雪の状態によっては滑止めが必要。特に下りは注意。

◯四阿山山頂付近は残雪のナイフリッジ。人1人分の幅しかない場所もあり、特に強風時の滑落に注意。山頂の祠付近は狭く、昼食スペースとしては不向きか。祠の先の登山道にもナイフリッジが続く。

◯四阿山・根子岳分岐から大スキマへの下りは最初が急斜面。残雪多く踏み跡がステップ状になっているが滑りやすく、軽アイゼン装備が安全。残雪の状態は時間帯により変化。また踏み跡が北(右手)に広がっており、根子岳へ向かう登山道から離れてしまう。南(左手)寄りの踏み跡を辿りたい。

◯大スキマから根子岳への登りの斜面は日当たりが良く、残雪が融け泥濘多し。北斜面に残雪が多く雪を踏みたくなるが、雪融けに伴い今後は崩れる危険性もあり。
・根子岳山頂手前の大岩付近、右下の雪上に踏み跡があるが最後は胸の高さまである岩をよじ登ることになる。右手は切れ落ちており滑落の恐れあり。復路で登山道を確認。本来は大岩を南側に巻くようだが、大岩付近のペイント表示が両向き矢印なので注意が必要。

◯ルート上で1番危険を感じたのは、大スキマから根子岳までの区間。特に山頂手前の大岩付近は痩せ尾根で両側が切れ落ちており、南面では崩壊も進んでいた。強風・雨天時等も十分な注意が必要かと思う。
その他周辺情報あずまや高原ホテルの日帰り入浴は、11時〜16時に利用可能で、入浴料950円。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 タオル ポール
備考 四阿山・根子岳分岐〜大スキマ間の急斜面を往復したため、6本爪の軽アイゼンが役立った。足の置き場に気を使わずに済んだ。

写真

登山届を投函してスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を投函してスタート。
別荘地を暫く歩くとゲートが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘地を暫く歩くとゲートが。
笹に囲まれた登山道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に囲まれた登山道を進む。
さすが日本百名山。新旧様々な標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが日本百名山。新旧様々な標識。
牧場脇の登山道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場脇の登山道に入る。
1
山家神社ののぼり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山家神社ののぼり。
左手に中四阿の尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に中四阿の尾根。
古い祠。バケカンバの林越しに白い山並。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い祠。バケカンバの林越しに白い山並。
高山植物の中に祠。分岐の標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の中に祠。分岐の標識。
残雪が更に増す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が更に増す。
根子岳・四阿山分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳・四阿山分岐。
山頂に続く雪の回廊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に続く雪の回廊。
2
ナイフリッジな山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジな山頂。
山頂の祠に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠に到着。
南アルプス方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
1
根子岳と北アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳と北アルプス。
1
下山し山頂を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し山頂を振り返る。
分岐から大スキマまで軽アイゼン装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から大スキマまで軽アイゼン装着。
1
日当たり良い斜面だけに雪は少なめ。だが北面にはある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たり良い斜面だけに雪は少なめ。だが北面にはある。
この大岩付近のルートが危険。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大岩付近のルートが危険。
崩壊した斜面に登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した斜面に登山道。
根子岳山頂の祠。背景は四阿山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳山頂の祠。背景は四阿山。
根子岳からの雄大な四阿山の山容。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根子岳からの雄大な四阿山の山容。
1
四阿山・根子岳分岐を目指し登り返しの斜度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山・根子岳分岐を目指し登り返しの斜度。
登り切って根子岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って根子岳を振り返る。
昼食を済ませ下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食を済ませ下山開始。
雪が緩み歩き難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が緩み歩き難い。
牧場まで下り四阿山を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場まで下り四阿山を振り返る。

感想/記録
by hy7667

連休を生かして遠征。あずまや高原ホテルから四阿山を経て根子岳をピストンするルート。大スキマ〜根子岳・四阿山分岐の急登を往復することとなったが、連休前半の日光白根山菅沼積雪期ルートの斜度を思い出せば心も折れることはなかった。
とはいえ四阿山・根子岳の山域の雄大さに圧倒された思い出に残る山行となった。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ