また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835118 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

GW九州三座ツアー 九重山(法華院温泉宿泊)

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スタートが遅かったため、大曲駐車場もまだまだ余裕あり。5人はそこから出発。私ともう一人で牧ノ戸峠に車を移動。牧ノ戸峠もこの時間は余裕ありで、登山口目の前に駐車できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間49分
休憩
4分
合計
1時間53分
S牧ノ戸峠15:3515:43第一展望所15:53沓掛山16:11ブロッコリーの丘16:21扇ヶ鼻分岐16:27星生山分岐16:41久住分れ16:4417:03北千里浜17:06諏蛾守越分岐17:0717:28法華院温泉
2日目
山行
4時間27分
休憩
1時間26分
合計
5時間53分
法華院温泉06:3807:05鉾立峠07:1208:09白口岳08:3008:39稲星越08:4008:49稲星山08:5108:58中岳分岐09:0009:11九重山09:2909:39天狗ヶ城09:4710:14久住山10:2510:50久住分れ11:19星生山11:2511:41扇ヶ鼻分岐11:49ブロッコリーの丘12:07沓掛山12:1312:23第一展望所12:2612:30牧ノ戸峠12:3112:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

牧ノ戸峠で人気のソフトクリームをゲットして食べながら出発。
2019年05月03日 15:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠で人気のソフトクリームをゲットして食べながら出発。
2
沓掛山(クツカケヤマ)まで20分。早速なかなかの登りです。
2019年05月03日 15:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山(クツカケヤマ)まで20分。早速なかなかの登りです。
1
沓掛山を越えるとなだらかな登りで、九重らしい景色が出始めます。
2019年05月03日 15:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山を越えるとなだらかな登りで、九重らしい景色が出始めます。
2
扇鼻分岐目指します。なんかいい景色。
2019年05月03日 16:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇鼻分岐目指します。なんかいい景色。
1
分岐超えると平坦な道にでます。出発時間が遅かったので、贅沢にも、この辺から誰もいない世界を独占。
2019年05月03日 16:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐超えると平坦な道にでます。出発時間が遅かったので、贅沢にも、この辺から誰もいない世界を独占。
1
久住山が目前に。でも本日は登らず。
2019年05月03日 16:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山が目前に。でも本日は登らず。
久住山避難小屋は、ホントに緊急時の小屋のようです。トイレは綺麗。
2019年05月03日 16:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山避難小屋は、ホントに緊急時の小屋のようです。トイレは綺麗。
久住分れから法華院温泉目指して下りていきます。正面は三俣山(ミマタヤマ)。
2019年05月03日 16:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住分れから法華院温泉目指して下りていきます。正面は三俣山(ミマタヤマ)。
2
北千里ヶ浜まで下りると平坦な不思議な空間。GWなのにこんなに人がいない山を歩けるなんて幸せです。
2019年05月03日 17:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北千里ヶ浜まで下りると平坦な不思議な空間。GWなのにこんなに人がいない山を歩けるなんて幸せです。
2
すがもり越との分岐をこえて最後の下り。気持ちよさそうなテン場が見えてきた。
2019年05月03日 17:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すがもり越との分岐をこえて最後の下り。気持ちよさそうなテン場が見えてきた。
1
法華院温泉に到着。
2019年05月03日 17:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法華院温泉に到着。
2
本日はここに宿泊。GWなので混んでますが、お風呂ですっきり。
2019年05月03日 18:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はここに宿泊。GWなので混んでますが、お風呂ですっきり。
1
朝。今日もいい天気です。
2019年05月04日 06:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。今日もいい天気です。
朝の気持ちいい空気の中、まずは、鉾立峠向かって登っていきます。
2019年05月04日 06:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の気持ちいい空気の中、まずは、鉾立峠向かって登っていきます。
1
白口岳への急登から、法華院温泉方面の絶景。坊ガツルの湿原がハートマークに見えます。
2019年05月04日 07:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白口岳への急登から、法華院温泉方面の絶景。坊ガツルの湿原がハートマークに見えます。
1
本日最初のピーク、白口岳。右手の山は大船山。
2019年05月04日 08:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最初のピーク、白口岳。右手の山は大船山。
2
低木しかないワクワクする稜線を通ります。
2019年05月04日 08:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低木しかないワクワクする稜線を通ります。
1
2つめのピークは稲星山。遠くに阿蘇山。今日も元気に噴火しています。ここまではあまり人が来ないので、とても静かな山行でした。
2019年05月04日 08:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つめのピークは稲星山。遠くに阿蘇山。今日も元気に噴火しています。ここまではあまり人が来ないので、とても静かな山行でした。
2
3つ目は九州本土最高峰の中岳。さすがにここから先は、人がたくさん。
2019年05月04日 09:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目は九州本土最高峰の中岳。さすがにここから先は、人がたくさん。
2
360度九重の風景を一望。美しすぎる。
2019年05月04日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度九重の風景を一望。美しすぎる。
3
次に向かう天狗ヶ城。近場にピークがたくさんあって飽きませんが、登って下りての繰り返しです。
2019年05月04日 09:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に向かう天狗ヶ城。近場にピークがたくさんあって飽きませんが、登って下りての繰り返しです。
1
4つ目のピーク、天狗ヶ城。
2019年05月04日 09:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4つ目のピーク、天狗ヶ城。
1
次に向かうのは、右手の久住山。
2019年05月04日 09:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に向かうのは、右手の久住山。
3
5つ目!
2019年05月04日 10:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5つ目!
3
振り返ると沢山の人が登ってきます。
2019年05月04日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると沢山の人が登ってきます。
1
牧ノ戸峠へ戻りますが、その前に右手の星生山に登ります。
2019年05月04日 11:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠へ戻りますが、その前に右手の星生山に登ります。
こっちの道は、岩がごつごつ。
2019年05月04日 11:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの道は、岩がごつごつ。
1
稜線から硫黄山方面を覗くと、ガスが出てました。
2019年05月04日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から硫黄山方面を覗くと、ガスが出てました。
2
6つ目のピーク、星生山。
2019年05月04日 11:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6つ目のピーク、星生山。
2
下山しまーす。こっちの稜線もいい稜線です。
2019年05月04日 11:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しまーす。こっちの稜線もいい稜線です。
下山しながらも最後のピーク。行きも通った沓掛山。
2019年05月04日 12:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しながらも最後のピーク。行きも通った沓掛山。
1
牧ノ戸峠ではまたもソフトクリームいただきました(^^♪
2019年05月04日 12:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠ではまたもソフトクリームいただきました(^^♪
1
下山後は、別府温泉へ。まずは不老泉(100円)。
2019年05月04日 18:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後は、別府温泉へ。まずは不老泉(100円)。
1
九州ツアー最後の夜は、関アジ、関サバと美味しい料理に美味しいお酒で大宴会。
2019年05月04日 19:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九州ツアー最後の夜は、関アジ、関サバと美味しい料理に美味しいお酒で大宴会。
3
閉館間際の竹瓦温泉に滑りこみ入浴。
2019年05月04日 22:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉館間際の竹瓦温泉に滑りこみ入浴。
最後の締めはラーメンでした。
2019年05月04日 22:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の締めはラーメンでした。
1

感想/記録

九州ツアーの最後は九重山。
祖母山から向かう道から見える雄大な景色で早くも気分が盛り上がります。
この日は祖母山登山後で、宿泊予定の法華院温泉まで行くだけなので、15時半スタートです。結果的にこの遅めスタートのおかげでスムーズに駐車できて、人のいない九重の雄大な景色を満喫しながら歩けて大正解でした。
法華院温泉はさすがに混んでいましたが、最高の立地で、若い人が多くて活気あっていいところです。
翌朝も快晴。大絶景の中、歩きたくなるピークがたくさんあり、好きに組み合わせてコース取りできます。良い良いと聞いていましたが、期待以上にとてもいい山でした。是非また来たい山です。
下山後にも、温泉、お酒と、初の大分は楽しみがいっぱい詰まった良いところでした。同行の皆様、ありがとうございました。
訪問者数:125人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ