また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835839 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

谷川岳 日帰りピストン

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜間駐車場解放で、朝方に係りの方が集金に来てくれた(500円)
コース状況/
危険箇所等
コース外の至る所で雪崩が発生。コースの前半は腐り始めた雪路で、中盤に夏道と雪道のミックス、適度に踏み抜く。最後は肩の小屋へ向けて、雪路を直登。肩の小屋のトイレが使用可能。
その他周辺情報ロープウェイに掲示されていた日帰り入浴の案内(ホテル湯の陣)、この日は入浴時間が午後3時からだった為入らなかったが、ロープウェイチケットがあると割引きになるとのこと。

写真

朝7時の始発のロープウェイで出発。
グンマちゃんとベルがお出迎え。天気は快晴で無風。
2019年05月05日 07:39撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7時の始発のロープウェイで出発。
グンマちゃんとベルがお出迎え。天気は快晴で無風。
登り始めの地点から。この時間でも、雪が腐り気味。健脚な周囲の方々を見ながら、マイペースで登り始める。
2019年05月05日 07:47撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めの地点から。この時間でも、雪が腐り気味。健脚な周囲の方々を見ながら、マイペースで登り始める。
登り始めから最初の斜面を登りきれば、正面に谷川岳が目に飛び込んでくる。上空に雲ひとつ無し。
2019年05月05日 08:09撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めから最初の斜面を登りきれば、正面に谷川岳が目に飛び込んでくる。上空に雲ひとつ無し。
熊穴沢避難小屋に向けての道中。平らな道と斜面を交互に進む。
画像はないが、所々に雪面トラバースがあり。慎重に進めば問題ないが、腐り雪に脚を持っていかれる。
2019年05月05日 08:15撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋に向けての道中。平らな道と斜面を交互に進む。
画像はないが、所々に雪面トラバースがあり。慎重に進めば問題ないが、腐り雪に脚を持っていかれる。
避難小屋前後では、雷音の様な轟音が響き、雪崩が頻繁に起こる。
音の回数分だけ雪解けが進んで夏山に変化していく。
2019年05月05日 08:46撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋前後では、雷音の様な轟音が響き、雪崩が頻繁に起こる。
音の回数分だけ雪解けが進んで夏山に変化していく。
バックカントリーの方も何名か登られていた。
2019年05月05日 08:54撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックカントリーの方も何名か登られていた。
避難小屋を過ぎ、頂上に向けて進む。画像はないが、この辺りは夏道との併用で、アイゼンで岩場道をガリガリと進む。
聴いていて、耳が痛くなる。
2019年05月05日 09:54撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋を過ぎ、頂上に向けて進む。画像はないが、この辺りは夏道との併用で、アイゼンで岩場道をガリガリと進む。
聴いていて、耳が痛くなる。
トマの耳登頂。偶然にも某ユーチューバーの方とお会いする。
こんな事も有るんだなと、単純に驚く。
時間とお腹の都合で、オキの耳には向かわず小屋へ向かう。
2019年05月05日 10:36撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳登頂。偶然にも某ユーチューバーの方とお会いする。
こんな事も有るんだなと、単純に驚く。
時間とお腹の都合で、オキの耳には向かわず小屋へ向かう。
小屋と万太郎山。前日はこの稜線の先にある平標山へ登っていた為、いつかこの稜線を歩いて繋いでみたい。
2019年05月05日 10:41撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋と万太郎山。前日はこの稜線の先にある平標山へ登っていた為、いつかこの稜線を歩いて繋いでみたい。
1
小屋直前で振り返ると、偶然にも雲で羽根が出来上がっている。
雪面から生えている様で、心が和む感じがする。
2019年05月05日 10:43撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋直前で振り返ると、偶然にも雲で羽根が出来上がっている。
雪面から生えている様で、心が和む感じがする。
2

感想/記録

ゴールデンウィークも終了目前、雪の谷川岳は最高の天気でお出迎え。
以前来た時は紅葉の時期だった為、駐車場が満車で今回も覚悟をしていたが、ガラガラに拍子抜け。
落ち着いた山行となり、連休の良い締めくくりになりました。
来週に予定している涸沢山行も、この日の様な良い天気になればと願うばかり。
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ