また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1836420 全員に公開 ハイキング甲信越

甲武信鉱山

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候4日、晴れのち雷雹のち晴れ。5日、晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯沼鉱泉泊。町田市自然休暇村近くの林道わきに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間6分
休憩
0分
合計
7時間6分
S常楽院平(町田市市民休暇村)08:0915:15常楽院平(町田市市民休暇村)15:15ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

1日目。登り口はちょっとわかりづらくなっている。
2019年05月04日 09:26撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目。登り口はちょっとわかりづらくなっている。
第1テラスの廃坑。
2019年05月04日 09:35撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1テラスの廃坑。
第2テラスの廃坑。
2019年05月04日 10:01撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2テラスの廃坑。
シャグマアミガサタケ。猛毒らしい。
2019年05月04日 11:15撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャグマアミガサタケ。猛毒らしい。
尾根上の松茸水晶の多いズリ。かなり掘り返されている。ここで雷雹にあい、雨の中退散。
2019年05月04日 12:00撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の松茸水晶の多いズリ。かなり掘り返されている。ここで雷雹にあい、雨の中退散。
湯沼鉱泉旅館はねこだらけ。天国かもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沼鉱泉旅館はねこだらけ。天国かもしれない。
1
湯沼鉱泉の坑道跡を使って作られた天然水晶洞。
2019年05月04日 16:18撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沼鉱泉の坑道跡を使って作られた天然水晶洞。
びっくりするような規模です。
2019年05月04日 16:44撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びっくりするような規模です。
1
水晶洞を出て、湯沼湿原を通って旅館に戻る。丁度水芭蕉の季節でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶洞を出て、湯沼湿原を通って旅館に戻る。丁度水芭蕉の季節でした。
2日目。川上村の朝。また鉱山跡に向かいます。八ヶ岳が見える。
2019年05月05日 07:56撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。川上村の朝。また鉱山跡に向かいます。八ヶ岳が見える。
1
ここではまだ桜が咲いていました。
2019年05月05日 07:59撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここではまだ桜が咲いていました。
金峰山も見えます。
2019年05月05日 08:02撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山も見えます。
いろいろあって、今日は違うところから登ります。
2019年05月05日 08:31撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろいろあって、今日は違うところから登ります。
小尾根上、竜の背中のような岩稜を登る。
2019年05月05日 09:04撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小尾根上、竜の背中のような岩稜を登る。
上に行くと段々シャクナゲのヤブになってきた。
2019年05月05日 09:19撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に行くと段々シャクナゲのヤブになってきた。
岩の間をぬけ、沢沿いにあると思われる道に合流しようとルートを探る。
2019年05月05日 10:39撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間をぬけ、沢沿いにあると思われる道に合流しようとルートを探る。
合流した。ちょっとほっとした。
2019年05月05日 10:39撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流した。ちょっとほっとした。
鉱石を運んだバケット。
2019年05月05日 10:41撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱石を運んだバケット。
岩の間をぬけて、急斜面を稜線まで登る。
2019年05月05日 12:25撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間をぬけて、急斜面を稜線まで登る。
長峰と1978峰のあいだ、等高線2020のすぐ下に、眺めのいい小さな岩の小峰があって(等高線では出ていないが丁度2000ほど)、そこで休憩。写真は川端下、八ヶ岳方面。
2019年05月05日 12:27撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長峰と1978峰のあいだ、等高線2020のすぐ下に、眺めのいい小さな岩の小峰があって(等高線では出ていないが丁度2000ほど)、そこで休憩。写真は川端下、八ヶ岳方面。
金峰山、大日岩、小川山。
2019年05月05日 12:28撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山、大日岩、小川山。
三宝山と甲武信岳方面。
2019年05月05日 12:56撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三宝山と甲武信岳方面。
1978峰。すごい岸壁。
2019年05月05日 12:57撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1978峰。すごい岸壁。
稜線は最初こんなで、ゆるいかと思ったら、
2019年05月05日 13:11撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は最初こんなで、ゆるいかと思ったら、
シャクナゲのヤブ、キレットなどで、大変。キレットは大きく巻いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲのヤブ、キレットなどで、大変。キレットは大きく巻いた。
林道近くまで下山。火薬庫跡らしい。
2019年05月05日 15:04撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道近くまで下山。火薬庫跡らしい。
採集した鉱石の一部。ヘスティング閃石とザクロ石。
2019年05月06日 12:37撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採集した鉱石の一部。ヘスティング閃石とザクロ石。
1
灰鉄輝石。
2019年05月06日 12:36撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰鉄輝石。
ザクロ石いっぱい。
2019年05月06日 12:33撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザクロ石いっぱい。
1
ベスブ石。
2019年05月06日 18:26撮影 by NIKON 1 J3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベスブ石。
撮影機材:

感想/記録

甲武信鉱山に行ってきました。
基本入山禁止ですが、湯沼鉱泉で入山許可をとると採集できます。宿泊してもOK。ねこがいっぱいいて自分的には天国状態(ねこが苦手な人は多分無理)。旅館と山小屋の中間、という感じです。
ここの鉱物コレクションを展示している天然水晶洞は、そこらの博物館よりもよっぽどすごいので必見。敷地内に湿原があり、水芭蕉がきれいでした。

1日目は採集しつつゆるゆる登っていったのですが、お昼すぎころ、暗い雲が出てきてやばいなと思っていたら、雷と5〜10mmくらいの雪ひょうに見舞われました。周りは見る間に真っ白に。この先も回復しそうにない感じだったので、雷がちょっと遠くなったすきに、下りました。

2日目は、GPSログのルート。いろいろ失敗とかあって、変なルートです。
行きたかった廃坑(坑は周辺にたくさんある)は結局見つからなかったのですが、いろいろ採集できたし、稜線上の眺めのいいところもあったので、非常に面白かったです。
この辺は、地形図ではなだらかでも、シャクナゲのヤブ(めちゃくちゃやっかい)、岩場が多く、簡単にはいかないですね。地図上で想定した数倍の時間がかかるし、通れないところも多いです。
踏み跡のない小尾根上にも、試掘のような跡もありました。
訪問者数:54人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

キレット 林道 GPS シャクナゲ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ