また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1840682 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

伯耆大山(往きは夏山登山道、帰りは行者谷コース)

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大山寺県営第一駐車場(大山博労座駐車場)を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「大山寺県営第一駐車場→夏山登山道→弥山→行者谷コース→大神山神社奥宮→大山寺県営第一駐車場」のコースで距離7.7km、累積標高差993m
その他周辺情報下山後、米子ICから車で約10分の「海湯のやかた夢寛歩皆生」に宿泊し、翌日は、足立美術館(安来市)に行きました。

写真

大山寺大山寺県営第一駐車場(大山博労座駐車場)からの大山
2019年05月04日 09:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺大山寺県営第一駐車場(大山博労座駐車場)からの大山
10時00分:南光河原駐車場着。9時50分に駐車場を出発、大山寺ナショナルパークセンターのトイレを利用。その後、道路を挟んだ向かいにある派出所に登山届を提出し南光河原駐車場に向かいました。
2019年05月04日 09:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時00分:南光河原駐車場着。9時50分に駐車場を出発、大山寺ナショナルパークセンターのトイレを利用。その後、道路を挟んだ向かいにある派出所に登山届を提出し南光河原駐車場に向かいました。
南光河原駐車場の先から夏山登山道に入りました。
2019年05月04日 10:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南光河原駐車場の先から夏山登山道に入りました。
大山頂上に向かいます。この辺りは広い道です。
2019年05月04日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山頂上に向かいます。この辺りは広い道です。
登拝道の様な感じの登山道に変わりました。
2019年05月04日 10:19撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登拝道の様な感じの登山道に変わりました。
この階段を上ると間もなく三合目
2019年05月04日 10:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段を上ると間もなく三合目
1
10時56分:三合目を通過
2019年05月04日 10:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時56分:三合目を通過
1
11時10分:四合目通過
2019年05月04日 11:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時10分:四合目通過
11時31分:五合目に到着。大山北壁が見えてきました。
2019年05月04日 11:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時31分:五合目に到着。大山北壁が見えてきました。
五合目には「山ノ神」の祠が有りました。
2019年05月04日 11:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目には「山ノ神」の祠が有りました。
六合目が近づいてきました。日本海側の展望が開けます。
2019年05月04日 11:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目が近づいてきました。日本海側の展望が開けます。
六合目避難小屋の前から三鈷峰(サンコホウ1516m)をズームアップ
2019年05月04日 12:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋の前から三鈷峰(サンコホウ1516m)をズームアップ
1
六合目避難小屋の前から剣ヶ峰(1729m)をズームアップ
2019年05月04日 12:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋の前から剣ヶ峰(1729m)をズームアップ
1
剣ヶ峰(1729m)を更にズームアップ
2019年05月04日 12:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰(1729m)を更にズームアップ
1
六合目避難小屋の前から大山北壁をパノラマ撮影
2019年05月04日 12:02撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋の前から大山北壁をパノラマ撮影
1
六合目から先、登山路に雪が有りましたが難なく通過できました。
2019年05月04日 12:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目から先、登山路に雪が有りましたが難なく通過できました。
1
七合目付近でしょうか、低い灌木帯に入り進行方向が開けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目付近でしょうか、低い灌木帯に入り進行方向が開けました。
剣ヶ峰方向の展望はこんな感じになりました。
2019年05月04日 12:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方向の展望はこんな感じになりました。
1
更に登ると、登ってきた登山道、車を停めた駐車場、日本海もバッチリ見えるようになりました。
2019年05月04日 12:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登ると、登ってきた登山道、車を停めた駐車場、日本海もバッチリ見えるようになりました。
八合目を過ぎると緩やかな登りに変わり、登山道の両側に見えるのは有名なダイセンキャラボクでしょうか?
2019年05月04日 13:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目を過ぎると緩やかな登りに変わり、登山道の両側に見えるのは有名なダイセンキャラボクでしょうか?
もうすぐ九合目。先に見えるのはダイセンキャラボクの純林で国指定の天然記念物との事。
2019年05月04日 13:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ九合目。先に見えるのはダイセンキャラボクの純林で国指定の天然記念物との事。
13時09分:九合目通過
2019年05月04日 13:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時09分:九合目通過
この辺りの標高は1620m、展望抜群の木道歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの標高は1620m、展望抜群の木道歩きです。
又、行く手には大山頂上避難小屋の屋根も見えてきました。
2019年05月04日 13:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又、行く手には大山頂上避難小屋の屋根も見えてきました。
もうすぐ弥山山頂(1709m)とは思えない解放感のある登山道です。
2019年05月04日 13:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ弥山山頂(1709m)とは思えない解放感のある登山道です。
正面に弥山の頂上が見えてきました。
2019年05月04日 13:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に弥山の頂上が見えてきました。
1
13時24分:大山の弥山頂上に到着。
2019年05月04日 13:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時24分:大山の弥山頂上に到着。
2
弥山から大山最高峰の剣ヶ峰(左のピーク1729m)を望む。右のピークは烏ヶ山(1448m)?
2019年05月04日 13:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山から大山最高峰の剣ヶ峰(左のピーク1729m)を望む。右のピークは烏ヶ山(1448m)?
2
弥山からの展望
2019年05月04日 13:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山からの展望
弥山からの展望
2019年05月04日 13:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山からの展望
14時25分に下山開始。午前中、霞気味だった展望がクリアになってきた。
2019年05月04日 14:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時25分に下山開始。午前中、霞気味だった展望がクリアになってきた。
1
15時33分:行者谷コースに入った所から大山北壁を写した。
2019年05月04日 15:33撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時33分:行者谷コースに入った所から大山北壁を写した。
1
16時07分:元谷に到着。圧巻の大山北壁をパノラマ撮影。
2019年05月04日 16:07撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時07分:元谷に到着。圧巻の大山北壁をパノラマ撮影。
2
場所を変えて大山北壁を写す。
2019年05月04日 16:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所を変えて大山北壁を写す。
1
16時38分:大神山神社奥宮に到着
2019年05月04日 16:39撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時38分:大神山神社奥宮に到着
1
大神山神社奥宮の正面側
2019年05月04日 16:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮の正面側
1
大神山神社奥宮の参道を下ります。
2019年05月04日 16:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮の参道を下ります。
1
大神山神社奥宮の鳥居?、それとも山門?
2019年05月04日 16:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮の鳥居?、それとも山門?
長い石畳の参道が続きます
2019年05月04日 16:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い石畳の参道が続きます
1
16時58分:大神山神社奥宮の鳥居に到着
2019年05月04日 16:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時58分:大神山神社奥宮の鳥居に到着
1
鳥居の脇には大山寺の山門に続く階段がありました。時間に余裕があれば立ち寄ったのですが・・・。
2019年05月04日 16:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の脇には大山寺の山門に続く階段がありました。時間に余裕があれば立ち寄ったのですが・・・。
1
この道の先が大山寺駐車場。15分程で到着です。
2019年05月04日 16:58撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道の先が大山寺駐車場。15分程で到着です。
1

感想/記録

妻の実感からの帰りに遠回りして伯耆大山に上る事に。
伯耆大山は、旅行で米子自動車道を通った時に車窓から見て印象に残っていた山(当時は登山と無縁だったが)。
今回は初級者の妻と一緒と言うことで、ゆっくり登山に徹しました。
伯耆大山は、「登ってよし、眺めてよし」と言われているがその通りでした。
登りは夏山登山道、下りは行者谷コース、と変化のあるコースを巡りましたが登山道は良く整備されており安心して歩けました。
6合目から先は、左手に大山北壁、右手に山裾、振り向けば日本海という展望で飽きませんでした。
8合目から先は低木の中の木道を緩やかに登り、今までの階段上りから解放される上、登山道右側の展望も良し、です。
大山山頂で、展望を楽しみながらのおにぎりは一味違いますね。
行者谷コースの最初の下りは急斜面、しかし、程良いステップの階段でグングン高度を下げる事ができ、あっと言う間に元谷に着く感じでした。
元谷からの大山北壁は圧巻で、このコースを選んで良かったと思いました。
元谷からは、概ね、緩やかな下りとなり、その後、大神山神社奥宮の境内と石畳の参道(石畳では日本一の長さだとか)、大山寺の前を通って駐車場に戻りますが、時間が無かったので拝観出来ませんでした・・・残念。
訪問者数:17人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 クリ 木道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ