また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1841569 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

稲村ヶ岳・バリコヤの頭

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白倉谷の登山口に1台デポ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間24分
休憩
19分
合計
8時間43分
S送水路取付05:3405:45水平作業道合流/尾根へ離脱ポイント05:4608:03強力尾根の頭08:33バリゴヤノ頭09:51ドンブリ辻11:20稲村ヶ岳11:3411:42大日山11:55稲村小屋11:5914:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
モジキ谷登山口からバリコヤまでは予想以上に踏み跡が残っておりテ−プもありました。バリゴヤから稲村ヶ岳の間も踏み跡あり、但し障害物が多く注意が必要。

装備

個人装備 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め 携帯 時計 サングラス ツェルト ヘルメット

写真

バリゴヤへの分岐
2019年05月12日 05:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリゴヤへの分岐
1
わりと急な植林地帯通過。寝起きなのにN君はペ−スが早い。
2019年05月12日 06:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わりと急な植林地帯通過。寝起きなのにN君はペ−スが早い。
自然林に入っていきます。寝起きで歩き始めて2時間すでに私は
バテ気味。
2019年05月12日 07:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林に入っていきます。寝起きで歩き始めて2時間すでに私は
バテ気味。
1
このあたりから勾配がさらに急に、木の間から大日岳が見えます
若いN君はさらにペ−スアップ!
2019年05月12日 07:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから勾配がさらに急に、木の間から大日岳が見えます
若いN君はさらにペ−スアップ!
2
ようやくバリゴヤが目の前に・・・
2019年05月12日 08:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくバリゴヤが目の前に・・・
4
予想を裏切らないハ−ドなコ−ス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想を裏切らないハ−ドなコ−ス
4
とりあえず念願のバリゴヤの頭
風が心地良い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず念願のバリゴヤの頭
風が心地良い
6
バリゴヤから稲村ヶ岳までは地味なアップダウンと障害物が体力を削ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリゴヤから稲村ヶ岳までは地味なアップダウンと障害物が体力を削ります。
3
稲村ヶ岳にやっと到達!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳にやっと到達!!
7
クロモジ尾根最後の急な下り付近はルートが分かりにくい・・
2019年05月12日 13:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモジ尾根最後の急な下り付近はルートが分かりにくい・・
4
撮影機材:

感想/記録

前から行ってみたいと思っていたバリゴヤの頭、難コ−スと聞いてずっと見てるだけでしたが今回お誘いがありやっと行くことが出来ました。
天候は薄曇りで午前中は風も気持ち良かった!
思っていたより踏み後やテープもあり、想像していた秘境とはちょっと違ってました
(笑)
バリゴヤの頭から稲村山頂までは地味な障害物の連続と地図にないアップダウンの連続、帰りたくなってもエスケ―プルートは無し(涙)
同行者のN君は物足りなかったらしく追加ル−トを提案してましたが、体力の限界を感じてた私は即、却下!!
目的は達成出来たし十二分に楽しめました。

感想/記録

以前から気になっていたバリゴヤの頭に行ってきました。
モジキ谷の登山口からバリゴヤの頭までは、リボン多数・濃い踏み跡有りで予想していたほどの難しさは無かったです。(急登での落石には要注意ですが。)
バリゴヤの頭から稲村ヶ岳間の方がアップダウンが激しく印象的でした。
帰りのクロモジ尾は最後の尾根芯から南にそれて登山口に向かうところが倒木多数でわかりにくいです。
全行程とても楽しく、リピートありと思えるコースでした。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/5
投稿数: 335
2019/5/14 12:40
 参考になりました
このレコ、とても参考になりました🎵
アップありがとうございました。
登録日: 2015/6/14
投稿数: 11
2019/5/14 17:35
 Re: 参考になりました
大川口−バリゴヤ−モジキ谷のル−トも面白そうですよ!
機会があればご一緒しましょう
登録日: 2017/11/29
投稿数: 5
2019/5/18 18:09
 お久しぶりです♫
shinichh5さん!こんにちは〜^_^
ハードそうですねー(=^▽^)σ
奈良方面行ったときは、案内お願いします♫
登録日: 2015/6/14
投稿数: 11
2019/5/18 18:27
 Re: お久しぶりです♫
楽しいけどハードでした!
楽しくてもう少し緩めのルートを用意してお待ちしてます😊

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 倒木 落石 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ