また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843153 全員に公開 ハイキング奥武蔵

令和最初の関八州見晴台のヤマツツジ(西吾野駅→パノラマコース→高山不動尊→関八州見晴台→不動三滝→西吾野駅)

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇りのち晴れ

週間天気予報では土日は曇りだったのが直前で晴れ予報に変わりました。
前日の予報では午前中は晴れるけど午後は所によってにわか雨と言う予報だったので朝早くの登山にしたのですが、午後の方が晴れました。
微妙に天気予報外されました。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
飯能発7:19の西武秩父行き
西吾野着7:49

スジとしては先週と同じです。
しかしながら先週は連休中の特別編成で西武秩父行きは1番ホームから2000系8両だったのが、今日は通常運行の2,3番ホームから4000系4両です。

ボックス席は空いてる席は無い程度。満席ではありません。


帰り
西吾野発13:04の飯能行き
これも連休編成が解かれたからか通常運行の4000系4両。
かなり空いていて、ボックス席に1人から2人程度。
それでも空きのボックス席が無いとか、微妙に乗ってる。
飯能発13:40のFライナー快速急行

今回やっと気が付きました。
いつも飯能からの帰りに日中帯は毎時40分に飯能始発のFライナーがあり、毎時06分に小手指でFライナーに接続する各停がありました。
それが今年春のダイヤ改悪で消滅しています。
各停は07分発に少し遅くなり、小手指では僅か2分差でFライナーが各停を待たずに発車してしまって接続不能となりました。
ちゃんとダイヤを見てる人は最初から気づいてました。
http://seibulike.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

何故こんな事をするんだ。
Fライナーの遅延が嫌なら各停の発車を2分早めれば良いではないか。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
18分
合計
4時間45分
S西吾野駅07:5508:45石地蔵(萩ノ平)09:05高山不動09:31丸山09:36関八州見晴台入口09:43関八州見晴台10:0110:05関八州見晴台入口10:38白滝10:58不動滝11:32大滝12:40西吾野駅12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今年で5年目となる関八州見晴台のヤマツツジを見る登山ですが、東京都心のソメイヨシノの満開からの経験則による関八州見晴台のヤマツツジの見頃はとっくの昔に過ぎているのにいっこうに見頃報告が無くて、連休最後の付近の写真を見たら咲いたものの、もうちょっとかかりそうと見積もっていました。

ところが週間天気予報によるとこの先の晴天が無い!

と言う事で、少し早めとは思いつつも、本日令和最初の関八州見晴台ヤマツツジ登山を敢行しました。
コース状況/
危険箇所等
・西吾野駅→パノラマコース→高山不動尊
よく歩くコースです。危険箇所はありません。迷わないだろうと思っていたのですが、以前坂石山コースとの合流点でそのまま坂石山コースに行きそうな人が居たのでそこだけ要注意です。ちゃんと道標出てますけどね。

その坂石山コースとの合流点からは初級者には踏ん張りどころのややキツイ傾斜になりますが、7から8分程でそれも終わります。

その後はかなり楽になります。

・高山不動尊→関八州見晴台
例年通りの舗装道路経由です。コカ・コーラの古い自販機を見ないとここに来た気持ちになれませんw

・関八州見晴台→不動三滝
一部の道標がどう見ても間違っています。
地図で分かっているのでその地点では右に、北西方向へ曲がりましたがあれはマズイですね。
おそらく同じ思いの人が「不動三滝」と言う文字のところを消そうとゴリゴリした跡がありますが、ちゃんと見ないと分かりません。

かなりの九十九折で標高を下げますが、九十九折してるだけあって酷い斜度ではありません。

まず白滝への道が分岐します。
白滝へは一本道でそこそこの登り坂。5分程度で到着します。
行き止まりなのでまた戻ります。

次は不動滝。ここも分岐してこちらは少し登りが楽ですが結構遠いです。
10分以上かけて到着。ここも行き止まりなのでまた戻ります。

ここから大滝への道が分からない。
迷いました。方角はこっちだろうと思うものの、それらしい道が無い。
畑の横を通って何とか本来の道に入りました。
大滝へはかなり下ります。でも西吾野駅への帰り道は下ったところをそのまま標高を上げずに下りて行けるので「これを戻るのか」と思う必要はありません。

・不動三滝→西吾野駅
大滝から本来の道に合流したら山道を少し下ってその後舗装道路に合流します。
やや長い舗装道路歩きとなりますが、この季節ならあまり苦にはならないかと。
その他周辺情報トイレは西吾野駅と、途中は高山不動尊です。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

7:55 西吾野駅を出発します。
ああ、未だ桐の花がチラとしか咲いていませんね。
やっぱり少し時期が早いと言う予感がここでもうします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:55 西吾野駅を出発します。
ああ、未だ桐の花がチラとしか咲いていませんね。
やっぱり少し時期が早いと言う予感がここでもうします。
1
あれ?ちょっと待って。トレニックワールドってここをコースにするの?
この西武線の下をくぐって坂石山へ向かうコースって登山する人でも滅多に使わない道ですよ。ヤマレコでは全部見渡した訳じゃないですが、たった一例しか使ってるレコを見てないです。トレランに使うって事は地権者と相談してコース整備したんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?ちょっと待って。トレニックワールドってここをコースにするの?
この西武線の下をくぐって坂石山へ向かうコースって登山する人でも滅多に使わない道ですよ。ヤマレコでは全部見渡した訳じゃないですが、たった一例しか使ってるレコを見てないです。トレランに使うって事は地権者と相談してコース整備したんですね。
1
パノラマコースの方へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースの方へ。
8:27 坂石山コースとの合流点です。
ここから少しの間厳しい坂道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:27 坂石山コースとの合流点です。
ここから少しの間厳しい坂道に。
9:05 高山不動尊に到着です。
この季節、大イチョウが青々としていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:05 高山不動尊に到着です。
この季節、大イチョウが青々としていますね。
1
コカ・コーラの瓶自販機のある家。
昨秋この先のドライブインが解体されました。
ここもいつまである事やら。
ちょっと気になったのは下山の時に簡易トイレをこの眼の前に設置していた点です。
連休終わったのに今から?まさか解体の為の作業員用?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コカ・コーラの瓶自販機のある家。
昨秋この先のドライブインが解体されました。
ここもいつまである事やら。
ちょっと気になったのは下山の時に簡易トイレをこの眼の前に設置していた点です。
連休終わったのに今から?まさか解体の為の作業員用?
丸山のヤマツツジ。
やっと満開って感じです。
ここは関八州見晴台のヤマツツジよりもやや早く満開になるので、ここがやっと満開だと関八州見晴台は未だでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山のヤマツツジ。
やっと満開って感じです。
ここは関八州見晴台のヤマツツジよりもやや早く満開になるので、ここがやっと満開だと関八州見晴台は未だでしょうね。
3
9:36 関八州見晴台入口到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:36 関八州見晴台入口到着です。
うむ、やはり少し早い感じですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うむ、やはり少し早い感じですね。
2
トンネルも満開までもう少し先だなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルも満開までもう少し先だなあ。
2
この辺は綺麗ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は綺麗ですね。
3
9:43 関八州見晴台に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:43 関八州見晴台に到着しました。
2
ちょっと雲が多いかなー。
この季節に来るとここは蜂らしき昆虫がブンブンとうるさいのです。
お昼にはまだまだ早いのでここでチョコレートとミルクティーで休憩して10:01に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲が多いかなー。
この季節に来るとここは蜂らしき昆虫がブンブンとうるさいのです。
お昼にはまだまだ早いのでここでチョコレートとミルクティーで休憩して10:01に出発します。
1
解体されてしまったドライブイン跡地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
解体されてしまったドライブイン跡地。
下山方向は高山不動尊をバイパスして不動三滝方面へ。
問題はこの十字路。
不動三滝に行くには右折なんですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山方向は高山不動尊をバイパスして不動三滝方面へ。
問題はこの十字路。
不動三滝に行くには右折なんですが…
この道標が間違っています。
まっすぐに「不動三滝 西吾野駅」とありますが、そっちに行っては不動三滝へ行けません。
よく見ると不動三滝の部分を何とか消そうと言う傷がついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標が間違っています。
まっすぐに「不動三滝 西吾野駅」とありますが、そっちに行っては不動三滝へ行けません。
よく見ると不動三滝の部分を何とか消そうと言う傷がついています。
1
10:38 不動三滝の一つ、白滝。
あ、うん、滝ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:38 不動三滝の一つ、白滝。
あ、うん、滝ですね。
2
次は不動滝へ。
微かに10分みたいなのが見えてます。
12分かかりましたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は不動滝へ。
微かに10分みたいなのが見えてます。
12分かかりましたが。
10:58 不動滝。
え?滝?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:58 不動滝。
え?滝?
2
次は大滝なのですが、ここまで地図を見ながら来ましたが、この先が分からず。
畑の横を下がったのですが、どうもちょっと違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は大滝なのですが、ここまで地図を見ながら来ましたが、この先が分からず。
畑の横を下がったのですが、どうもちょっと違う。
何とか軌道修正してこの道標のある場所へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか軌道修正してこの道標のある場所へ。
11:32 大滝到着。
ここが三滝の中で一番滝らしいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:32 大滝到着。
ここが三滝の中で一番滝らしいですね。
3
11:45 舗装道路に出ました。
ここで予想もしていなかったお花畑が!
ベンチもあって良い場所なのでここでお昼にしました。
12:01に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:45 舗装道路に出ました。
ここで予想もしていなかったお花畑が!
ベンチもあって良い場所なのでここでお昼にしました。
12:01に出発します。
1
12:10 武甲鉱業の「ベルトコンベヤ」です。
武甲山の採石場から日高市まえ23.4kmをほぼ地中を通って運びます。
ここは数少ない地上にそれが見える場所です。
もう一箇所は宿谷の滝の近くです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:10 武甲鉱業の「ベルトコンベヤ」です。
武甲山の採石場から日高市まえ23.4kmをほぼ地中を通って運びます。
ここは数少ない地上にそれが見える場所です。
もう一箇所は宿谷の滝の近くです。
1
12:20 西武秩父線が見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20 西武秩父線が見えて来ました。
12:40 西吾野駅にゴールイン。
13:04の電車を待っていたら通過する上りのレッドアロークラシック。
秩父線の特急は今年度中に全てレビューに置き換わるそうなのでこの姿もあと僅かです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40 西吾野駅にゴールイン。
13:04の電車を待っていたら通過する上りのレッドアロークラシック。
秩父線の特急は今年度中に全てレビューに置き換わるそうなのでこの姿もあと僅かです。
1

感想/記録

昨年は4/30に関八州見晴台に行ったのです。
それよりも二週間近く遅いのですが、今年は昨年よりも早かったかなーと言う感じです。
これなら来週の週末がちょうど良いのではないでしょうか。
来週、晴れるとよいですね。

不動三滝はかなり残念な結果でした。
特に名前を冠している不動滝は水が流れていない(時期のせいでしょうか)のががっかりです。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コーラ 特急 花畑 道標 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ