また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843798 全員に公開 ハイキング富士・御坂

蛾ヶ岳&三方分山 明るくて気持ちいい尾根歩き・・・けど長い

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
 uniunio(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
四尾連湖駐車場(水明荘400円/普通車1日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
58分
合計
8時間3分
S四尾連湖07:2207:28蛾ヶ岳登山口07:43四尾連湖分岐07:4408:10西肩峠08:1208:20蛾ヶ岳08:2409:04大平山09:12折門峠09:20地蔵峠09:31P114209:47P116109:58八坂峠09:5910:08新八坂峠10:0911:18三方分山11:4012:21釈迦ヶ岳12:2712:44新八坂峠12:4512:53八坂峠12:5413:05P116113:20P114213:30地蔵峠13:3613:45折門峠13:4614:29蛾ヶ岳14:4114:50西肩峠15:15四尾連湖分岐15:25蛾ヶ岳登山口15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滑りやすい箇所あります
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

クマガイソウ.初めて見た!(naakatu)
2019年05月11日 07:10撮影 by KYV37, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマガイソウ.初めて見た!(naakatu)
2
登山口 
2019年05月11日 07:26撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口 
1
大畠山との分岐 今回はパス
2019年05月11日 07:43撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大畠山との分岐 今回はパス
1
西肩峠 ここから蛾ヶ岳山頂まで急登が続きます
2019年05月11日 08:10撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西肩峠 ここから蛾ヶ岳山頂まで急登が続きます
1
蛾ヶ岳山頂 富士山がでっかく見えます
2019年05月11日 08:21撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛾ヶ岳山頂 富士山がでっかく見えます
1
白根三山も揃い踏み
2019年05月11日 08:23撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根三山も揃い踏み
1
折門峠 今日は先が長いので大平山を巻きました
2019年05月11日 09:07撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折門峠 今日は先が長いので大平山を巻きました
1
陽の当たる森
2019年05月11日 09:17撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽の当たる森
1
大栂峠(地蔵峠) 樹齢500年だそうですが,大きく折れてしまっていて少し痛々しい
2019年05月11日 09:20撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大栂峠(地蔵峠) 樹齢500年だそうですが,大きく折れてしまっていて少し痛々しい
3
八作峠 ここから先,いやって言うほど登りが続きます
2019年05月11日 09:57撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八作峠 ここから先,いやって言うほど登りが続きます
1
新八作峠 すごい急斜面をよじ登ります
2019年05月11日 10:07撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新八作峠 すごい急斜面をよじ登ります
2
釈迦ヶ岳との分岐 ここから三方分山はまだまだ遠いです
2019年05月11日 10:22撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳との分岐 ここから三方分山はまだまだ遠いです
1
三方分山 やっとの思いで到着・・・帰路がとても心配!
2019年05月11日 11:17撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方分山 やっとの思いで到着・・・帰路がとても心配!
1
富士山はやっぱりきれいじゃー
2019年05月11日 11:17撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はやっぱりきれいじゃー
3
釈迦ヶ岳 寄ってみたけど・・・
2019年05月11日 12:21撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳 寄ってみたけど・・・
1
ヒトリシズカ。このルートはいっぱい。ヒトリじゃない。(naakatu)
2019年05月11日 13:30撮影 by KYV37, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ。このルートはいっぱい。ヒトリじゃない。(naakatu)
1

感想/記録

 山友naakatuさんからハイキングのお誘いがあった.週末はソロで岩殿山あたりをゆるめのハイキングをしようと考えていたが,naakatuさんじゃ物足りないだろう.急きょ計画を立て直し,蛾ヶ岳〜三方分山に決まった.蛾ヶ岳には大門碑林公園から,三方分山には精進湖畔からハイキングしたことはあるが,2山を繋ぐルートはお互いに初めて・・・ちょっぴり不安だ.
 前日からおなかの調子が悪くて出発時間を1時間遅らせてもらったため,四尾連湖に到着したのは7時頃だった.水明荘に駐車料金を納めてnaakatuさんが登山口に戻ってきたとき,「ストックが見当たらない」・・・車のなかを探したが見つからない.もしかしたらと水明荘まで探したが見当たらない.なかばあきらめかけたとき,駐車場入り口の立て看板にそれを見つけた.   naakatuさんが ″よく財布などを置き忘れる"と言っているのがよくわかった.

 そんなこんなで出発が少し遅くなり,不安倍増!  

 二人で「行けるところまで行って,タイムオーバーになりそうならそこで引き返そう!」ということでいざ出発!快調に進んで,西肩峠からの急登を何とかこなして蛾ヶ岳山頂に到着した.小休止のあと,遠くの三方分山に向かった.
 このルート,下りの急坂はとても滑りやすいし,登りの急坂はハンパない.三方分山があまりにも遠く感じた.それでもヘロヘロになりながら三方分山に到着.ここでも素晴らしい富士山の眺めが出迎えてくれた.
 湯を沸かしてカップラーメンの昼食が定番であるが,この日は荷を軽くするため🍙だけを軽く詰め込んで復路に向かった.来るときの激下り3~4箇所が頭によぎる.「太ももが痛ーい!」めずらしく健脚naakatuさんの愚痴がどんどん増えていく.とにかく長い!辛い!  明るく気持ちよい道と時折吹くここちよい風が救いだった.蛾ヶ岳まで戻ってきたときは心の底からホッと安堵した.
 幸い予定していたよりも早くに下山できた.この日の18時から,隔月開催のご近所おやじ仲間の飲み会が予定されており,これに間に合わせるためのスケジュールだったが,あとは車で無事に帰宅できればなんとか大丈夫のようだ.

 ・・・ でも,相当疲労が溜まっていたのだろう・・・運転中に足が攣ってしまい,本日最大のピンチが・・・

 なんとかピンチを乗り越え,美味いビールをたらふく飲んで至福のときが迎えられました.めでたし!めでたし!

感想/記録

 久々のほぼ全力を尽くした山行。長ーく、大変なピストン。すごく気持ちの良い新緑の尾根歩き思うと、いきなりの急登、急下りとメリハリがあって面白いルート。花もたくさん(ヒトリシズカト、トリカブトがいっぱい)。花の写真も撮ろうと思ったけど余裕なし。
 復路の後半、久々に太ももが攣りそうに。黒戸尾根以来かな。笊はもっとすごいのかな。頑張なければ。
 さすが師匠!素晴らしい山行ありがとうございました。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ