また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1844704 全員に公開 ハイキング大峰山脈

山上ガ岳

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
40分
合計
6時間0分
Sスタート地点06:4009:40山頂10:2012:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

これが女人結界門ですか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが女人結界門ですか。
頂上は広々としていて、寝転びました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は広々としていて、寝転びました。

感想/記録

07:00 登山開始。女人結界門をくぐると杉林。心なしか、香しいにおいがする。
2日連続登山をするのは初めてで、無事下山できるかわからなく不安である。自覚はないもの、どんどん後続に抜かれるので疲労は溜まっているのだろう。不安の中、洞辻まではとりあえず行ってみようと心を奮わす。無理しないでゆっくりでいいと念じ、ぼちぼち自分のペースで少しづつ登っていく。洞辻までいくと、奥駈道に合流し、気持ちよい道になる。すれ違う登山者の方や、途中の茶屋で「ようお参り」と声をかけてもらうと元気が出た。宿坊を通り抜けお花畑へ。
09:40
標識はないが、最も高い方へ登っていくと一等三角点を発見した。
空気が澄んでいたので向かいの山もくっきり見えた。そっちも行ってみたいと思った。グループがそちらの方へ向かって歩いて行った。どこかの山岳会の人なのかな。山行の蓄積があるのだろうか。
10:20 下山開始。下山用の道の標識があり、そちらへ進む。階段が続き、ほどなくして洞辻茶屋に出る。白装束の行者の方が、錫杖で地面をつくときシャランと音がしていた。お助け水のところで行者が法螺貝を吹いていた。祠に向かってお経を唱えてる普通の恰好した人もいた。
12:30 下山した。夏のように、アスファルトから熱気が登ってくる。
訪問者数:20人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 山行 花畑
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ