また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1846008 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

志賀高原(硯川〜四十八池〜鉢山〜横手山〜渋峠)

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
<行き>
●クルマ:硯川の駐車スペース(無料/60台)

<帰り>
●バス:渋峠〜硯川(490円)
※時刻表
http://www.nagadenbus.co.jp/local/diagram/diagram.php?route=YDS01
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
23分
合計
4時間19分
S池めぐり登山口入口08:0608:55志賀山登山道入口08:5609:51四十八池分岐09:59鉢山10:0910:21横手山方面分岐10:2211:56横手山頂ヒュッテ12:0012:02渋峠リフト山頂駅12:0612:09横手山12:1212:24渋峠12:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
まだまだ雪はたっぷりで、夏道のリボンやテープなどの目印はありません(雪の下?)。
全般的に明瞭な尾根筋を歩くルートではないため、ルーファイが必要でした。

●硯川〜鉢山
硯川の駐車場から道路を挟んで向かい側の林道を高低差100mほど登って
前山湿原に出ます。
渋池を経て志賀山登山口の分岐(目印は雪で埋まっていてありませんでした)から、鉢山の北面をトラバースして四十八池に出ます。
四十八池から県境尾根(忠右衛門新道)に乗り、広い尾根を進み、
鞍部から100mほど登ると鉢山へと至ります。
鉢山はこの時季トラバースできそうでした。鉢山の山頂は眺望なし。

●鉢山〜横手山
草津峠(標識あり)を通過すると尾根筋を辿り、小ピークを2つ通過して、
2050付近からスキー場に出て、ここからゲレンデを直登。
横手山頂ヒュッテを経て、横手山神社の鳥居から180mほど進むと
祠のある横手山山頂に到着です

●横手山〜渋峠
横手山から渋峠スキー場に合流し、
そのままゲレンデを下ると渋峠(2152)へと至ります。
その他周辺情報【温泉】
熊の湯(1,000円・タオル付き)
緑色の不思議なお湯がちょー気持ちいい
※日帰り入浴は12:30〜15:00のみ
 
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

硯川の駐車場からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硯川の駐車場からスタート
2
国道292号を挟んで反対側に渡ったところが登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道292号を挟んで反対側に渡ったところが登山口
振り返ると存在感ピカイチの笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると存在感ピカイチの笠ヶ岳
5
駐車場から高低差100mほど登ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から高低差100mほど登ると…
1
湿原からニョッキリ笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原からニョッキリ笠ヶ岳
2
テキトーに進んで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テキトーに進んで…
平坦な遊歩道をしばらく進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な遊歩道をしばらく進むと…
まだ半分以上は雪の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ半分以上は雪の中
3
さらに先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに先に進みます
木漏れ日が気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日が気持ちいい
鉢山の北側のトラバースに入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢山の北側のトラバースに入ります
樹林の間から志賀山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から志賀山
2
踏み抜きもありますよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きもありますよ
トラバースを終えると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを終えると…
四十八池に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十八池に出ました
2
志賀山と裏志賀山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀山と裏志賀山
3
小屋の脇から尾根に取り付きますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の脇から尾根に取り付きますが…
夏道は分からず適当に登れそうなところから…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は分からず適当に登れそうなところから…
高低差80mほど急登すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高低差80mほど急登すると…
県境尾根(忠右衛門新道)に乗り、ドーンと横手山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根(忠右衛門新道)に乗り、ドーンと横手山
4
広い尾根を鉢山に向かって進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根を鉢山に向かって進みます
1
背後には岩菅山と赤石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には岩菅山と赤石山
1
岩菅山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山アップで(photo komemame)
6
赤石山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石山アップで(photo komemame)
1
こちらは白砂山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白砂山(photo komemame)
鉢山到着。山頂は眺望はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢山到着。山頂は眺望はありません
3
来たところを戻るような道の付き方のため方向感覚が狂い、この時は、赤石山が横手山に見えていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来たところを戻るような道の付き方のため方向感覚が狂い、この時は、赤石山が横手山に見えていました
こっちが横手山ね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが横手山ね
1
熊の湯方面と横手山方面の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の湯方面と横手山方面の分岐
草津峠を過ぎると尾根筋を辿ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津峠を過ぎると尾根筋を辿ります
この付近も広い尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近も広い尾根
P2000に向かって急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2000に向かって急登
一杯水あたりにこんな木があったな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水あたりにこんな木があったな
3
横手山が近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手山が近づきました
3
この辺り開放感ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り開放感ありました
1
見えているのは2068
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えているのは2068
2068と横手山の鞍部を通過すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2068と横手山の鞍部を通過すると…
スキー場のゲレンデを登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場のゲレンデを登っていきます
登山道になっているゲレンデは滑走禁止でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道になっているゲレンデは滑走禁止でした
ここから先はしばらくスキーヤー&ボーダーが滑り降りる中…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先はしばらくスキーヤー&ボーダーが滑り降りる中…
ゲレンデの脇を登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデの脇を登っていきます
1
赤石山〜寺子屋峰。奥に焼額と岩菅山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石山〜寺子屋峰。奥に焼額と岩菅山
2
志賀山・裏志賀山、鉢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀山・裏志賀山、鉢山
1
再び滑降禁止のゲレンデを登ります。それにしてもゲレンデの直登ってキツイよなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び滑降禁止のゲレンデを登ります。それにしてもゲレンデの直登ってキツイよなぁ
振り向くと岩菅山〜裏岩菅〜烏帽子の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと岩菅山〜裏岩菅〜烏帽子の稜線
3
岩菅〜裏岩菅〜烏帽子アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅〜裏岩菅〜烏帽子アップで(photo komemame)
4
岩菅の奥には鳥甲山が姿を現しました(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅の奥には鳥甲山が姿を現しました(photo komemame)
1
そして苗場山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして苗場山(photo komemame)
ゲレンデを登り切って…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを登り切って…
横手山頂ヒュッテに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手山頂ヒュッテに到着
1
日本一高いところにあるパン屋さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一高いところにあるパン屋さん
4
ヒュッテからさらに先に進むと横手山神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテからさらに先に進むと横手山神社
1
鳥居を通過して180mほど進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居を通過して180mほど進むと…
祠のある横手山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠のある横手山山頂に到着
6
山頂より。草津白根山。霞んでいますが奥に浅間山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。草津白根山。霞んでいますが奥に浅間山
6
山頂より。万座山〜御飯岳〜老ノ倉山。奥に四阿山と根子岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。万座山〜御飯岳〜老ノ倉山。奥に四阿山と根子岳
2
草津白根山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山アップで(photo komemame)
2
浅間山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山アップで(photo komemame)
2
四阿山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山アップで(photo komemame)
2
さて、渋峠に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、渋峠に向かいます
まずは渋峠スキー場のゲレンデに合流します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは渋峠スキー場のゲレンデに合流します
ゲレンデを600mほど下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを600mほど下ります
1
渋峠ホテルは群馬側と長野側で外壁まで変えている凝りよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠ホテルは群馬側と長野側で外壁まで変えている凝りよう
1
湯田中行きのバスに乗って…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯田中行きのバスに乗って…
1

感想/記録

捻挫した足首にまだ少し痛みがあります。
komemameも週半ばから体調が優れず咳が止まりません。
二人ともこんな状態だったので週末は無理せずゆっくりした方がいいね、
という話に傾きかけました。
しかし、好天予報に誘われて、軽い山行で様子を見ようということになり、
四十八池から渋峠まで短いですが、上信国境を繋ぐことにしました。
今の時季は雪もたくさんあり、静かな山行ができそうだし、
弱ってるボクたちにはちょうどいいかなと。

当初は逆のルート(横手山から下ってバスで渋峠まで戻る)も考えていましたが、
これだと「なんのこっちゃ」で終わってかも。
また、実際に歩いてみるとちょっとした下りでも、
体重を預けるのがコワかったので今回のルートで正解。
いい気分転換になりました。
 

感想/記録

danyamaはムリできない足だし、私も体調がすぐれないけど…
天気の良い日に家にこもっていては、気分が沈むしなぁ、と
日本一標高の高いパン屋さんに惹かれて、のんびり歩くことに。
不思議なことに、息が切れる苦しさはあるものの、
山を歩いている間は咳がとまって、ふつうに呼吸ができる。
気持ちが良いー。
パン屋さんは、美味しそうだったけど、
食べたいのがなかったし山頂価格だったので、スルー。

体調不良このまま治ると思ったけど、降りたらまたぶり返しいまだ治らず。
ガンガン歩けるよう体調整えたい。
はぁ、きょうはお風呂に浸かってはやく寝よう。


おしまい。
訪問者数:684人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/7
投稿数: 1217
2019/5/15 10:19
 体調
いかがですか。捻挫しながら、咳き込みながら、それでもお山で気持ちは随分と癒されたのではないでしょうか(^_^)

私も10日ほど前から咳が続いています。山で治すぞー!と意気込んで、たしかに山では軽快したかのように感じたのですが、下りてきたらまた咳き込んでいます。

立て続けに藪を漕いだので、もしかして藪で何やら吸い込んじゃったのかな(・_・;とも思いましたが、咳の風邪が流行ってるのかな(少しホッ笑)

お二方ともどうぞお大事に…♪
登録日: 2011/10/10
投稿数: 342
2019/5/15 14:35
 Re: 体調
cheeさんもですか!
咳の風邪はやってるっぽいです。
今日もマスクしてげほげほしてる人何人か見かけましたよ。
咳は長引くから、やっかい。cheeさんもお大事に♡

GWの記録みました!とても充実していたご様子、うらやましいです〜。
でも確かに藪漕ぎって、目、鼻、口、耳、毛穴…と体中の穴という穴に、
異物が入り込んでしまう感じがします!
けっこう服も汚れるし、実際にたっぷり吸い込んでいるんでしょうね。
果たして体に良いのか、悪いのか…ですね、笑
登録日: 2017/9/26
投稿数: 588
2019/5/16 22:56
 春になりましたね
こんばんは danyamaさんkomemameさん 小出俣山では大変お世話になりました。だいぶ春めいてきましたが国境付近はまだまた雪ですね。
前回の秋山郷からの記録も凄いそそられて食い入り見ました。 予定されていた周回ルートは以前トライアングルレースで使われたルートと同じですね。 この時期に予定を立てるという意気込みだけでも素敵です。 切明から白砂 さぶる 苗場 切明 のルートもいつかはボクも行ってみたいと思っていますが・・・
捻挫お大事になさってください。
ドキドキするありがとうございました!
登録日: 2010/8/26
投稿数: 330
2019/5/17 17:03
 Re: 春になりましたね
E-gunmaさん

こんにちは。
今年は4月に入ってから何度か降雪があり(まさに小出俣山でお会いした頃でしたね)、
GWは残雪の稜線をたっぷり楽しめそうとだなぁと思ってたのも束の間、
初日にやってしまい、その後はショボンな日々を過ごしました。

白砂〜佐武流〜苗場の稜線はそそられますよね〜。
ボクも残雪が豊富な時季に狙いたいです。

E-gunmaさんたちのGWは北ア方面だったのですね。すでに顔が真っ黒!(笑)

コメントいただき、ありがとうございます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ