また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1853231 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 尾瀬・奥利根

残雪の燧ヶ岳 尾瀬御池からピストン(でも道間違い^^;)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾瀬御池に駐車。1日1000円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
34分
合計
6時間26分
S御池登山口08:4408:49御池田代08:5008:55田代坂08:5709:00姫田代09:0209:28上田代09:36ノメリ田代09:3909:45裏燧横田代12:4513:1013:56熊沢田代14:30広沢田代15:09御池登山口15:1015:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂以外は登山口から全て雪がありました。
ザラメ雪で滑りやすい箇所はほとんどありませんでしたが、ところどころ傾斜が急な箇所があったので、登りの途中からアイゼンを使用しました。
踏み跡はところどころ不明瞭な箇所がありました。
その他周辺情報檜枝岐温泉に日帰り入浴施設複数あり。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ アイゼン 予備電池

写真

上田代からの風景。
実はこの道、燧ヶ岳を巻いて尾瀬ヶ原に直接出る道だったのですが、このときはまだ道を間違えたことに気づいていません。汗
2019年05月18日 09:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上田代からの風景。
実はこの道、燧ヶ岳を巻いて尾瀬ヶ原に直接出る道だったのですが、このときはまだ道を間違えたことに気づいていません。汗
1
道間違いに気づき、熊沢田代への直登でショートカットを目指して適当な斜面を登る途中。残雪期ならではの歩き易さ。ただし、左左を意識して登るが、ルンゼのが意外と深いので、トラバースにはちょっとだけ注意。
2019年05月18日 10:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道間違いに気づき、熊沢田代への直登でショートカットを目指して適当な斜面を登る途中。残雪期ならではの歩き易さ。ただし、左左を意識して登るが、ルンゼのが意外と深いので、トラバースにはちょっとだけ注意。
燧ヶ岳山頂から尾瀬沼の景色。尾瀬沼の向こうの山は日光白根山と男体山かな?
2019年05月18日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳山頂から尾瀬沼の景色。尾瀬沼の向こうの山は日光白根山と男体山かな?
2
燧ヶ岳山頂から尾瀬ヶ原。手前は柴安グラ。
2019年05月18日 13:13撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳山頂から尾瀬ヶ原。手前は柴安グラ。
1
尾瀬沼と尾瀬ヶ原が一緒に撮影できるか試した結果。
2019年05月18日 13:16撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼と尾瀬ヶ原が一緒に撮影できるか試した結果。
2
下山中。同行者と熊沢田代と会津駒ヶ岳方面。
2019年05月18日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中。同行者と熊沢田代と会津駒ヶ岳方面。
熊沢田代から平ヶ岳と越後三山。
雲がかかってきたのが残念。
2019年05月18日 14:06撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代から平ヶ岳と越後三山。
雲がかかってきたのが残念。
熊沢田代の登り返しから燧ヶ岳を振り返る。
2019年05月18日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代の登り返しから燧ヶ岳を振り返る。

感想/記録





おそらく今シーズン最後の雪山?はそれなりに晴れて気持ちの良い登山となりました。
道を間違えたことを除いては。。。汗
登山口からピンクのリボンを辿って登ったところ、なんと尾瀬ヶ原に直結する道に行ってしまったことが判明し、途中で方向転換をしました。地図上は駐車場の西側に登山口があり、御池田代の手前まで尾瀬ヶ原方面の道と途中まで同じはずですが、雪があるためか南側から近道で登る方が多かったようです。
時間が合えば柴安グラまで行きたかったですが、スタートが遅かったこと、道を間違えて時間ロスしたことなどから行きませんでした。
次の日に会津駒ヶ岳に登山予定のため、檜枝岐温泉に宿泊しました。川沿いに温泉宿が並んでおり、部屋のすぐ下が川で、芝桜や水芭蕉の花も見られてなかなか良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:469人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ