また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853731 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

池口岳

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場/登山口付近に数台分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間24分
休憩
1時間23分
合計
10時間47分
S池口岳登山口04:0506:01クロナギ06:2106:55利検沢の頭06:5907:12ザラナギ07:1408:43ジャンクション08:4609:02池口岳09:0509:37鶏冠山分岐09:40池口岳南峰10:1610:20鶏冠山分岐10:48池口岳10:5011:03ジャンクション12:10ザラナギ12:22利検沢の頭12:3513:18クロナギ14:52池口岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況/黒薙までは快適、その先は手応えあり。残雪在るもアイゼン不要。行程長い
その他周辺情報温泉/遠山郷かぐらの湯 620円
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は長行程、気温も夏日になるということで早朝に出発
2019年05月18日 04:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は長行程、気温も夏日になるということで早朝に出発
そろそろ夜明け、面切平
2019年05月18日 04:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ夜明け、面切平
新緑が清々しい。右斜面にシラビソ、左にはカラマツ
2019年05月18日 05:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が清々しい。右斜面にシラビソ、左にはカラマツ
1
実に静かな、穏やかな山道が続く。小鳥の声が時々
2019年05月18日 05:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実に静かな、穏やかな山道が続く。小鳥の声が時々
標高が上がるにつれ、カラマツの芽吹きは遅くれている
2019年05月18日 05:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれ、カラマツの芽吹きは遅くれている
このゾーンにだけ、コバイケイソウ(多分)の群落の不思議
2019年05月18日 05:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゾーンにだけ、コバイケイソウ(多分)の群落の不思議
1
もう少し登ると、もうパラパラで先にはない
2019年05月18日 05:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し登ると、もうパラパラで先にはない
展望!中央アルプスだ
2019年05月18日 05:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望!中央アルプスだ
3
右が木曽駒ヶ岳、空木岳、南駒ヶ岳と続き、離れて左端にあるのが安平路山のようだ
2019年05月18日 05:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が木曽駒ヶ岳、空木岳、南駒ヶ岳と続き、離れて左端にあるのが安平路山のようだ
ここが黒薙だ
2019年05月18日 06:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが黒薙だ
右斜面は大きく崩落している
2019年05月18日 06:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右斜面は大きく崩落している
1
向かう方向に目指す池口岳の双耳峰だろうか。するとそこに見えるのは利検沢の頭だろうか
2019年05月18日 06:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう方向に目指す池口岳の双耳峰だろうか。するとそこに見えるのは利検沢の頭だろうか
1
ここまでは実に穏やかな登り道だったが、いよいよ手応えのあるアップダウンが始まる。森はシラビソが中心になってきた
2019年05月18日 06:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは実に穏やかな登り道だったが、いよいよ手応えのあるアップダウンが始まる。森はシラビソが中心になってきた
木立の向こうに別の稜線が見えてきた
2019年05月18日 06:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立の向こうに別の稜線が見えてきた
利検沢の頭。南アルプスのようだ
2019年05月18日 06:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利検沢の頭。南アルプスのようだ
ザラナギ平
2019年05月18日 07:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラナギ平
いよいよ北峰を目指す。勾配も今までとは違う
2019年05月18日 07:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ北峰を目指す。勾配も今までとは違う
3
道中、オウレンの白い花が所々に咲いている
2019年05月18日 07:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中、オウレンの白い花が所々に咲いている
1
木立の向こうにピークが見えるが
2019年05月18日 07:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立の向こうにピークが見えるが
残雪が現れ
2019年05月18日 08:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が現れ
勾配はきつくなる。しかし、道はしっかり
2019年05月18日 08:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配はきつくなる。しかし、道はしっかり
ジャンクションピークまで来た
2019年05月18日 08:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークまで来た
2
もう少し
2019年05月18日 08:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し
時に踏み抜き、靴に雪が入る
2019年05月18日 08:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時に踏み抜き、靴に雪が入る
山頂近くにササが現れる
2019年05月18日 08:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くにササが現れる
そして、池口岳北峰山頂。展望がない
2019年05月18日 09:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、池口岳北峰山頂。展望がない
4
向こうに南峰が見える。西側が崩落している。険しそうだが行ってみよう
2019年05月18日 09:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに南峰が見える。西側が崩落している。険しそうだが行ってみよう
2
笹原を一旦下って、岩場と残雪を越えて30分、南峰。こちらは展望がいい
2019年05月18日 09:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を一旦下って、岩場と残雪を越えて30分、南峰。こちらは展望がいい
2
中央の木を挟んで左がおおっ、これが初めて見る光岳。右遠くに十枚山、もう静岡の山だ
2019年05月18日 09:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の木を挟んで左がおおっ、これが初めて見る光岳。右遠くに十枚山、もう静岡の山だ
少し南に下ると展望が良いというので、行ってみると聖岳、左に赤石岳あたりが見えているようだ。この夏には行ってみたい山々だ
2019年05月18日 09:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し南に下ると展望が良いというので、行ってみると聖岳、左に赤石岳あたりが見えているようだ。この夏には行ってみたい山々だ
もう一度、南峰山頂から。よく見ると、光岳山頂左下に光石が二つ確認できる(頂上で一緒になった方に教えてもらう)
2019年05月18日 10:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、南峰山頂から。よく見ると、光岳山頂左下に光石が二つ確認できる(頂上で一緒になった方に教えてもらう)
1
さあ、帰りも長い。引き返そう。北峰も西側は崩落している
2019年05月18日 10:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、帰りも長い。引き返そう。北峰も西側は崩落している
1
こんな怪しい所も越えてきた
2019年05月18日 10:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな怪しい所も越えてきた
1
北峰を下る所で、光岳全容を捉えることが出来た
2019年05月18日 10:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰を下る所で、光岳全容を捉えることが出来た
2
ひたすら、来た道を辿る。利検沢の頭では、朝半分雲で隠れていた聖岳、赤石岳らがはっきり見えた
2019年05月18日 12:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら、来た道を辿る。利検沢の頭では、朝半分雲で隠れていた聖岳、赤石岳らがはっきり見えた
3
下るにつれ、再び、光を受けたカラマツ林が現れる
2019年05月18日 13:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれ、再び、光を受けたカラマツ林が現れる
新緑がみずみずしい
2019年05月18日 13:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がみずみずしい
1
足元のスミレが一際かわいい
2019年05月18日 14:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元のスミレが一際かわいい
2
山の神に、無事の下山の礼をして
2019年05月18日 14:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神に、無事の下山の礼をして
1
新緑がいよいよ濃くなる
2019年05月18日 14:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がいよいよ濃くなる
膝が悲鳴をあげている。もう少し
2019年05月18日 14:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝が悲鳴をあげている。もう少し
1
降りた所が登山口
2019年05月18日 14:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りた所が登山口
1
撮影機材:

感想/記録

静かなる穏やかな森に風抜ける 池口岳よりテカリが見えて

登山口からの標高差と距離を考えると、楽ではないと覚悟をしていたが、前半は思いも掛けないほどの快適な道を辿る。下りの後半を再びここを歩くのであれば少しは安心。
黒薙からはそれなりに手応えはあったものの、黒薙からの中央アルプスと池口岳の展望、利検沢の頭からの南アルプスの稜線、そして、南峰からの光岳の全容と光石を確認できて、言うこと無し。しかし、深いところまで入った。下りも当然、長いに決まっている。膝が悲鳴をあげようと言う頃に、漸く登山口に着いた。
訪問者数:467人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ