また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853874 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

信越トレイル セクション1:斑尾山〜赤池

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
44分
合計
6時間4分
Sチロル前登山口09:0209:48斑尾山北峰09:58斑尾山10:0010:07大明神岳10:1510:22斑尾山10:2310:31斑尾山北峰10:3311:16万坂峠11:2011:25袴湿原11:2711:29袴池11:3012:42袴岳12:4313:48赤池14:0414:07赤池テントサイト14:1415:06チロル前登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報まだらおの湯
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

奥に見えるのがレストランチロルです
2019年05月18日 09:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのがレストランチロルです
駐車場から見たゲレンデ。ここを登っていきます
2019年05月18日 09:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から見たゲレンデ。ここを登っていきます
冬季営業ですがトイレは使用可能です。ありがたいです。
2019年05月18日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季営業ですがトイレは使用可能です。ありがたいです。
斑尾山までは「かえでの木トレイル」を歩いていきます。
2019年05月18日 09:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斑尾山までは「かえでの木トレイル」を歩いていきます。
しばらくゲレンデを直登です。キツイです。
2019年05月18日 09:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくゲレンデを直登です。キツイです。
日差しを遮るものはないのです。
2019年05月18日 09:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを遮るものはないのです。
チロルと駐車場が見えます。結構登ってきたな。
2019年05月18日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チロルと駐車場が見えます。結構登ってきたな。
途中か九十九折の道になります。
2019年05月18日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中か九十九折の道になります。
ゲレンデを終わると山道に入ります。
2019年05月18日 09:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを終わると山道に入ります。
万坂峠への分岐ですが、まっすぐ斑尾山に向かいます。
2019年05月18日 09:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万坂峠への分岐ですが、まっすぐ斑尾山に向かいます。
斑尾山到着。展望はほとんどありません。
2019年05月18日 09:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斑尾山到着。展望はほとんどありません。
信越トレイルの起点を示す道標
2019年05月18日 09:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信越トレイルの起点を示す道標
眺めの良い大明神岳に向かいます。
2019年05月18日 09:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めの良い大明神岳に向かいます。
大明神岳到着
2019年05月18日 10:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神岳到着
野尻湖、戸隠山、黒姫山、地蔵山でしょうか。素晴らしい眺めです。
2019年05月18日 10:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野尻湖、戸隠山、黒姫山、地蔵山でしょうか。素晴らしい眺めです。
2
ほんときれい
2019年05月18日 10:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんときれい
4
こっちは妙高山。
2019年05月18日 10:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは妙高山。
1
来た道を戻ります。
2019年05月18日 10:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります。
信越トレイル道標-2 万坂峠への分岐まで戻ってきました。
2019年05月18日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信越トレイル道標-2 万坂峠への分岐まで戻ってきました。
どえーす
2019年05月18日 10:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どえーす
ブナの森を歩いていきます。この辺りまでは楽しいハイキングです。
2019年05月18日 10:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森を歩いていきます。この辺りまでは楽しいハイキングです。
道標-3この辺からひたすら下り
2019年05月18日 10:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標-3この辺からひたすら下り
タングラム側、左のロープが開いているところを通っていきます
2019年05月18日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タングラム側、左のロープが開いているところを通っていきます
道標-6。途中の-4,5は見落としました。
2019年05月18日 11:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標-6。途中の-4,5は見落としました。
県道97号に突き当たり、反対側に渡ります
2019年05月18日 11:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道97号に突き当たり、反対側に渡ります
1
袴湿原を目指しまた林の中に入っていきます。
2019年05月18日 11:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴湿原を目指しまた林の中に入っていきます。
袴湿原の木道。水芭蕉はまばら
2019年05月18日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴湿原の木道。水芭蕉はまばら
袴池手前。丸太のベンチがありここで昼食。
袴湿原トレイルを通って赤池に行けますが信越トレイルをショートカットすることになるのでパス
2019年05月18日 11:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴池手前。丸太のベンチがありここで昼食。
袴湿原トレイルを通って赤池に行けますが信越トレイルをショートカットすることになるのでパス
途中数か所倒木によるとおせんぼうがありました
2019年05月18日 12:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中数か所倒木によるとおせんぼうがありました
数か所残雪がありますが滑り止め等は不要です
2019年05月18日 12:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数か所残雪がありますが滑り止め等は不要です
袴岳山頂。
2019年05月18日 12:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴岳山頂。
1
落ち葉がふかふかで足に優しいです
2019年05月18日 12:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉がふかふかで足に優しいです
信越トレイルセクション1のゴール赤池に向かいます。
2019年05月18日 13:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信越トレイルセクション1のゴール赤池に向かいます。
お花畑的なところは少なかったかな
2019年05月18日 13:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑的なところは少なかったかな
途中から砂利道
2019年05月18日 13:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から砂利道
左手に遊森トレイルがあります。展望台もあるそうで、寄り道すればよかったな。
2019年05月18日 13:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に遊森トレイルがあります。展望台もあるそうで、寄り道すればよかったな。
ゴールの赤池到着。
2019年05月18日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの赤池到着。
1
赤池の後はチロル駐車場目指して県道97号をひたすら歩いてきました。かなり堪えます。
2019年05月18日 15:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤池の後はチロル駐車場目指して県道97号をひたすら歩いてきました。かなり堪えます。
レストランハイジ
2019年05月18日 15:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストランハイジ
ただいまチロル
2019年05月18日 15:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいまチロル
撮影機材:

感想/記録

信越トレイルに含まれない斑尾山登山、赤池からチロル前駐車場への復路がキツかった。トレイルはよく整備されていて歩きやすかったです。管理整備していただいてる皆さまに心から感謝申し上げます。
ソロだと車の回収が課題です。STC提携ホテルに泊まり送迎をお願いするか、マイカーの回収サービスを利用するか(要予約)。残りのセクションはどうしようか。
できればいつか1からスルーハイクに挑戦したいです。
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/9/22
投稿数: 23
2019/5/19 22:30
 お疲れ様でした!
信越トレイル歩きの気持ちいい時期になってきましたね。
ソロだと全行程を2倍歩かなくてはなりませんし、一日の行動時間も制限されます。私はまだ斑尾山〜牧峠までしか走破していません。
関田峠から牧峠はマムシと熊に充分注意して下さい。
今の時期は袴岳の頂上でテント泊してみたいです。
登録日: 2015/5/3
投稿数: 1
2019/5/20 20:53
 Re: お疲れ様でした!
ototuma200様
コメントありがとうございます。
天気に恵まれ充実したハイクとなりました。新緑が気持ち良かったです。
マムシと熊の情報ありがとうございます。
STCはテントサイトも充実しているのでテント泊もしてみたいですね。
ソロの苦労についてはトレッキングツアーに参加するのもありですね。いつかは全線踏破出来るようのんびり取り組もうと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

倒木 直登 ブナ 花畑 地蔵 道標 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ