また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1857210 全員に公開 山滑走鳥海山

鳥海山(吹浦口)

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
parking 吹浦口 北側駐車スペース
※鳥海ブルーラインは5月25日まで夜間通行止め(17:00〜翌朝8:00)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
35分
合計
6時間5分
S吹浦口北側駐車スペース08:2409:45御浜・鳥海湖分岐09:57御浜小屋10:31七五三掛10:3412:17鳥海山12:4913:18七五三掛13:41鳥海湖分岐13:59御浜・鳥海湖分岐14:29吹浦口北側駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:24 吹浦口北側駐車スペース -> シール登行
(途中、八丁坂と七五三掛のトラバース区間で板を外して夏道を歩いた)
12:17-12:49 新山 -> スキー滑走
(途中、七五三掛のトラバース区間で板を外して夏道を歩いた)
13:27-13:34 鳥海湖分岐南西1550m -> シール登行
14:03-14:10 長坂道T字分岐 -> スキー滑走
14:29 吹浦口北側駐車スペース
コース状況/
危険箇所等
以下の2箇所で雪が途切れています
・八丁坂で250mほど
・七五三掛のトラバース区間
長坂道T字分岐はギリギリつながっていましたが、もう時間の問題でしょう
その他周辺情報spa 鳥海温泉保養センターあぽん西浜 400円

装備

個人装備 [スキー板/ビンディング/靴] MADSHUS:EPOCH/Burnt Mt. Designs :Lite Spike 3pin/Scarpa: T2 '13モデル

写真

大平登山口の500mほど北側にある駐車スペース。今日は終日余裕があった
2019年05月18日 08:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平登山口の500mほど北側にある駐車スペース。今日は終日余裕があった
出だしは若干ヤブが目立つが、まだ支障はない
2019年05月18日 08:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしは若干ヤブが目立つが、まだ支障はない
象潟の海岸線を望む
2019年05月18日 09:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
象潟の海岸線を望む
正規の吹浦口コースに合流
2019年05月18日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規の吹浦口コースに合流
河原宿付近。愛宕坂は雪が途切れていそうなので長坂道T字分岐経由で登ろう
2019年05月18日 09:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原宿付近。愛宕坂は雪が途切れていそうなので長坂道T字分岐経由で登ろう
長坂道T字分岐は雪がギリギリだった
2019年05月18日 09:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長坂道T字分岐は雪がギリギリだった
御浜小屋
2019年05月18日 09:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御浜小屋
鳥海湖の向こうに月山
2019年05月18日 09:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海湖の向こうに月山
扇子森からの新山
2019年05月18日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇子森からの新山
八丁坂は250mほど雪切れ。板を持って夏道を歩く
2019年05月18日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂は250mほど雪切れ。板を持って夏道を歩く
七五三掛のトラバース。下部をシールで歩くことも多いが、今日は素直に夏道で
2019年05月18日 10:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七五三掛のトラバース。下部をシールで歩くことも多いが、今日は素直に夏道で
中島台コースを見下ろす
2019年05月18日 10:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中島台コースを見下ろす
千蛇谷に降り立つ
2019年05月18日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇谷に降り立つ
あとは千蛇谷を淡々と登るだけ
2019年05月18日 11:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは千蛇谷を淡々と登るだけ
外輪山ルートとの合流直前でシャリバテ。山頂を目前にして食事タイム
2019年05月18日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山ルートとの合流直前でシャリバテ。山頂を目前にして食事タイム
新山への最後の登り。七高山側からの登山者多数
2019年05月18日 12:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山への最後の登り。七高山側からの登山者多数
到着。山頂の北側の岩峰より千蛇谷を見下ろす
2019年05月18日 12:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。山頂の北側の岩峰より千蛇谷を見下ろす
2
いつものやつ
2019年05月18日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものやつ
うっすら月山
2019年05月18日 12:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら月山
滑走開始。神社の横の急斜面を滑って千蛇谷へ
2019年05月18日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走開始。神社の横の急斜面を滑って千蛇谷へ
いつも楽しい千蛇谷の滑走
2019年05月18日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも楽しい千蛇谷の滑走
1
雪面は意外ときれい。昨年の4月末より滑りやすかった
2019年05月18日 12:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面は意外ときれい。昨年の4月末より滑りやすかった
千蛇谷の滑走終了。七五三掛へ
2019年05月18日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇谷の滑走終了。七五三掛へ
新山・千蛇谷源頭を振り返る
2019年05月18日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山・千蛇谷源頭を振り返る
七五三掛のトラバース
2019年05月18日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七五三掛のトラバース
トラバースを終え、再び滑走
2019年05月18日 13:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを終え、再び滑走
雪のない八丁坂を避け、蛇石流へ滑り込む
2019年05月18日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のない八丁坂を避け、蛇石流へ滑り込む
蛇石流を振り返る
2019年05月18日 13:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇石流を振り返る
鳥海湖分岐へ登り返し。最後にもう一度新山を振り返る
2019年05月18日 13:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海湖分岐へ登り返し。最後にもう一度新山を振り返る
鳥海湖外輪を回って長坂道T字分岐へ
2019年05月18日 13:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海湖外輪を回って長坂道T字分岐へ
河原宿の滑走。縦溝などでガタガタ
2019年05月18日 14:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原宿の滑走。縦溝などでガタガタ
眼下の駐車場に向かって最後の滑走。新緑が美しい
2019年05月18日 14:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の駐車場に向かって最後の滑走。新緑が美しい
1

感想/記録

今シーズンの滑り納めとして、土日それぞれで鳥海山の山形側コースを2本滑ることにしました。
まず土曜は吹浦口。この山の場合、山頂にはこだわらずにスキー向きの斜面を思い思いに楽しむ人が多いと思います。が、自分は普通に新山往復。1年ぶりなので山頂まで登っておきたいですし、登山的要素(?)がないとなんだか物足りなく感じるのです。

本来の大平登山口からのルートはもうだいぶヤブが目立つようなので、北側の駐車スペースからスタート。こちらは出だしこそヤブが出ていましたが、まだ問題ないレベルでした。
河原宿から御浜小屋への最短ルート(愛宕坂)は雪が途切れてるようだったので、長坂道T字分岐経由で。分岐点は笹薮やハイマツが出ていましたが、雪はギリギリつながっていました。とはいえもう時間の問題でしょうが。
他には八丁坂と七五三掛のトラバースで雪切れのため、板を外して登山道を歩きました。ただ、この2箇所はGWでも雪が切れていることが多いですからね。5月後半でこの雪の量なら御の字です。

滑走は往路通りに千蛇谷を滑った後、いつものように蛇石流へ。
千蛇谷は思いのほかフラットで滑りやすかったです。伏拝岳直下などに落石はありましたが、目立つものがポツポツあるだけで余裕でよけられる程度。昨年の4月末より楽しめたぐらいでした。
蛇石流もフラットなザラメ雪で快適この上なし。ただし河原宿から先は縦溝などの雪荒れがひどく、軽量スキーで滑るのはちょっと疲れました。風がなく気温も高かったのですが、腐れ雪にならずに最後まで滑りやすい雪質だったのは幸いです。

こうして1日目は無事終了。この時期に鳥海山を滑ったのは初めてですが、雪面はきれいだったし、雪質も腐れずにザラメのまま。雪も十分残っており、予想よりはるかに楽しむことができました。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ