また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1857760 全員に公開 ハイキング四国

奥工石山 立川側から(四国の一等三角点百名山へー3)

日程 2019年05月15日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
工石山荘前の駐車場を使用。(10台以上停めれます)その先300m東側にも数台駐車可。トイレはポッチャン式ですが使えるようです。

大豊ICから県道5号を北上し、立川から林道に入ります。入口に案内板あり。10キロほどの林道ですが後半半分くらいが未舗装です。少々荒れている箇所もありますが、ゆっくりゆっくり走れば問題ありません。
【yasu72さんのレコ(2019.5.6)を参考にしました。ありがとうございました】
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
25分
合計
3時間3分
S工石山山荘駐車場08:1308:40尾根コース合流(ベンチ)09:29ゆるぎ岩09:4109:46奥工石山09:581498峰展望所10:0110:09奥工石山10:1910:55尾根コース合流(ベンチ)11:12林道出会い(新登山口)11:16工石山山荘駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・鳥居からの正規コースで行きましたが、登山道が林道工事でズタズタ。
 既に伐採・運び出しは終わっているようですが、東側の尾根コースが
 安全です。下りはこちらを利用しました。
・それ以外には特に危険なところ無し。ただし、ゆるぎ岩は断崖絶壁なの
 で決して足を滑らせないように。(山頂に行くルートとは別です)
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

立川方面から奥工石山(おくくいしやま)へ行く際に、必ず通る立川郵便局。
2019年05月15日 06:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立川方面から奥工石山(おくくいしやま)へ行く際に、必ず通る立川郵便局。
入って直ぐでも、復旧工事の車両が見えます。この先も工事やってます。
2019年05月15日 06:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入って直ぐでも、復旧工事の車両が見えます。この先も工事やってます。
バス停。この辺が公共交通機関の最後か。
2019年05月15日 06:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停。この辺が公共交通機関の最後か。
1
あと9Km。この辺りは舗装路で平和。しばらくすると、未舗装のガタガタ道。写真撮る余裕なし。ゆっくり進めば大丈夫。
2019年05月15日 06:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと9Km。この辺りは舗装路で平和。しばらくすると、未舗装のガタガタ道。写真撮る余裕なし。ゆっくり進めば大丈夫。
ここは登山口近くでやっている工事。この時は工事開始前。下山時は上手に車を通過させてくれました。
2019年05月15日 07:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは登山口近くでやっている工事。この時は工事開始前。下山時は上手に車を通過させてくれました。
工石山荘に到着。誰も居ません。
2019年05月15日 07:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工石山荘に到着。誰も居ません。
1
案内板。
2019年05月15日 07:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板。
山荘内は綺麗です。泊まった記録もありました。水はありません。
2019年05月15日 07:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘内は綺麗です。泊まった記録もありました。水はありません。
奥の板の間。寝具は見当たらず。
2019年05月15日 07:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の板の間。寝具は見当たらず。
感想を記すノート。記念に記載しました。
2019年05月15日 07:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感想を記すノート。記念に記載しました。
外のトイレ。ポッチャン式ですが、使えそうです。
2019年05月15日 07:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外のトイレ。ポッチャン式ですが、使えそうです。
この表示があったので、「仮登山道」を探しに行く。
2019年05月15日 07:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示があったので、「仮登山道」を探しに行く。
300mほど先の駐車可能場所。しかし、表示なし。(下山してここと判明)
2019年05月15日 07:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300mほど先の駐車可能場所。しかし、表示なし。(下山してここと判明)
木にピンクリボンが。探して何とか見つかるレベル。登山用か林業用か区別つかず。この先、1kmまで車で探しにいきましたが、それらしいもの無し。
2019年05月15日 07:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木にピンクリボンが。探して何とか見つかるレベル。登山用か林業用か区別つかず。この先、1kmまで車で探しにいきましたが、それらしいもの無し。
結局、林業の作業をしている様子もないので、正規ルートから出発。
2019年05月15日 08:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、林業の作業をしている様子もないので、正規ルートから出発。
ところが、すぐに形相一変。登山道は林道(作業道)設置でズタズタに。
2019年05月15日 08:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが、すぐに形相一変。登山道は林道(作業道)設置でズタズタに。
それらしき道もあるが、しばらく右往左往。
2019年05月15日 08:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それらしき道もあるが、しばらく右往左往。
尾根に近づいて、この表示が出て一安心。ここからは平和な道。
2019年05月15日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に近づいて、この表示が出て一安心。ここからは平和な道。
目印の尾根のベンチ。
2019年05月15日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印の尾根のベンチ。
そこからの眺め。下界には雲海が。
2019年05月15日 08:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからの眺め。下界には雲海が。
1
ミツバツツジが咲いている。
2019年05月15日 08:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが咲いている。
竜王峠への分岐点。薄い踏み後あり。
2019年05月15日 08:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王峠への分岐点。薄い踏み後あり。
この場所のシャクナゲは咲き始め。
2019年05月15日 08:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この場所のシャクナゲは咲き始め。
1
岩清水。残念ながら水は出ていませんでした。
2019年05月15日 09:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩清水。残念ながら水は出ていませんでした。
現れたゆるぎ岩。デカイです。30mくらい。
2019年05月15日 09:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現れたゆるぎ岩。デカイです。30mくらい。
1
手前にはアケボノツツジが。
2019年05月15日 09:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前にはアケボノツツジが。
1
こちらはオオカメノキ。
2019年05月15日 09:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはオオカメノキ。
ゆるぎ岩は北側に回り込んで登る。
2019年05月15日 09:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるぎ岩は北側に回り込んで登る。
ゆるぎ岩が見えてきました。
2019年05月15日 09:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるぎ岩が見えてきました。
反対側には、奥工石山の山頂も見えます。
2019年05月15日 09:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には、奥工石山の山頂も見えます。
先ずはゆるぎ岩へ。
2019年05月15日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずはゆるぎ岩へ。
1
高度感タップリ。展望雄大。
2019年05月15日 09:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感タップリ。展望雄大。
1
登って来た尾根道。
2019年05月15日 09:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た尾根道。
1
覗き込むと、登山口の工石山荘と車が見える。
2019年05月15日 09:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覗き込むと、登山口の工石山荘と車が見える。
ゆるぎ岩のテッペンで記念撮影。そして、奥工石山の山頂に向かいます。
2019年05月15日 09:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるぎ岩のテッペンで記念撮影。そして、奥工石山の山頂に向かいます。
6
ミツバツツジとアケボノツツジが共存してました。
2019年05月15日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジとアケボノツツジが共存してました。
1
奥工石山の山頂に到着。狭いです。
2019年05月15日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥工石山の山頂に到着。狭いです。
一等三角点にタッチ。これで四国の一等三角点百名山は全て登り終えました。
2019年05月15日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点にタッチ。これで四国の一等三角点百名山は全て登り終えました。
2
せっかくなので、東赤石山方面を見ようと東側の1498m峰に向かってみる。が、山容がシルエットになって識別難しい。手前で諦めて戻りました。踏み後は続いていました。
2019年05月15日 09:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので、東赤石山方面を見ようと東側の1498m峰に向かってみる。が、山容がシルエットになって識別難しい。手前で諦めて戻りました。踏み後は続いていました。
再び、奥工石山の山頂に戻り、下山開始。この山頂は木々があって展望は良くない。
2019年05月15日 10:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、奥工石山の山頂に戻り、下山開始。この山頂は木々があって展望は良くない。
鮮やかなミツバツツジ。
2019年05月15日 10:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかなミツバツツジ。
2
こちらはアケボノツツジ。ちょうど見頃でした。
2019年05月15日 10:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはアケボノツツジ。ちょうど見頃でした。
1
岩清水まで戻って来ました。
2019年05月15日 10:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩清水まで戻って来ました。
その先で、愛媛から来た6人グループとすれ違い。私と同じく「仮登山道」が見つからず、正規ルートで苦労したそうです。
2019年05月15日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先で、愛媛から来た6人グループとすれ違い。私と同じく「仮登山道」が見つからず、正規ルートで苦労したそうです。
1
尾根のベンチまで戻って来ました。
2019年05月15日 10:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根のベンチまで戻って来ました。
正面には向かいの白髪山。
2019年05月15日 10:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には向かいの白髪山。
1
ここからは尾根ルートで、「仮登山道」をたどります。
2019年05月15日 10:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは尾根ルートで、「仮登山道」をたどります。
ここではシャクナゲが咲いていました。
2019年05月15日 11:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここではシャクナゲが咲いていました。
尾根ルートは判りやすく、表示もあり。
2019年05月15日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根ルートは判りやすく、表示もあり。
もうすぐ仮登山口。ここにも表示あり。
2019年05月15日 11:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ仮登山口。ここにも表示あり。
しかし、肝心の登山口に何もない。何という手落ち。入口に先ほどの表示板があれば、誰も悩まなくて済むのに。
2019年05月15日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、肝心の登山口に何もない。何という手落ち。入口に先ほどの表示板があれば、誰も悩まなくて済むのに。
1
この黄色い看板「グレーチングの跳ね上げ注意」が、仮駐車場、仮登山道のある場所です。
2019年05月15日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黄色い看板「グレーチングの跳ね上げ注意」が、仮駐車場、仮登山道のある場所です。
仮登山口をもう一度見る。そんな風には見えないよね。
2019年05月15日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮登山口をもう一度見る。そんな風には見えないよね。
工石山荘に戻ります。左に出てきたのは、登山道をズタズタにした林道(作業道)の始点。
2019年05月15日 11:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工石山荘に戻ります。左に出てきたのは、登山道をズタズタにした林道(作業道)の始点。
工石山荘に到着。6人組を送迎した運転担当の方としばし談笑。やっぱり、仮登山口は見つけられなかったそうです。
2019年05月15日 11:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工石山荘に到着。6人組を送迎した運転担当の方としばし談笑。やっぱり、仮登山口は見つけられなかったそうです。
工石山荘の向こうがゆるぎ岩。
2019年05月15日 11:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工石山荘の向こうがゆるぎ岩。
ゆるぎ岩をアップ。
2019年05月15日 11:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるぎ岩をアップ。
帰路、道の駅大歩危で昼食を取り。
2019年05月15日 13:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、道の駅大歩危で昼食を取り。
1
最後は道の駅ことなみへ。みかど温泉でゆっくりした後、ここで車中泊して翌日奈良へ帰ります。下山すると晴れるの法則。
2019年05月15日 16:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は道の駅ことなみへ。みかど温泉でゆっくりした後、ここで車中泊して翌日奈良へ帰ります。下山すると晴れるの法則。
2
撮影機材:

感想/記録
by abek3

  5/10〜5/16まで、一週間の四国遠征。メインは山岳部のメンバーと登る西赤石山・東赤石山。せっかくなので、香川県最高峰の竜王山と一等三角点百名山の3山を加えた山行とした。

 前日(5/14)は単独で一等三角点百名山の不入山(高知県)へ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1855926.html

 本日(5/15)は、同じく一等三角点百名山シリーズの奥工石山。
この山の一番の問題は登山口までの未舗装林道。愛媛側から行くか、高知側から行くか検討したが、直近(5/6)にyasu72さんのレコがあったので、高知側から向かった。なかなか大変な林道だったというのが感想。
 登山道に関しては写真で確認下さい。作業道設置のため、正規ルートはズタズタです。代わりの「仮登山道」は入口が見つけにくいので注意。
 入口から数十m先にきちんと標識があるので、それさへ確認できれば大丈夫です。
 山頂は展望ありませんが(一等三角点百名山の売りは、大展望なのですが、今は木々が伸びて展望不良もチラホラ)、隣のゆるぎ岩がそれを補って余りあるほどの大展望です。ただし、足元注意。
 シャクナゲ、ミツバツツジ、アケボノツツジが咲いて、花を楽しみながら行動できました。行くのが大変ですが、良い山です。

翌日(5/16)は帰着日、車でゆっくりゆっくり奈良まで帰りました。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ