また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1861164 全員に公開 ハイキング道東・知床

雌阿寒岳〜阿寒富士

日程 2019年05月23日(木) [日帰り]
メンバー
天候ピーカン
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
完全夏道!
ただし、オンネトーコースには若干残雪あり
その他周辺情報当然、野中温泉別館
日帰り入浴350円
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック サブザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ストック カメラ

写真

登山口付近にて、いきなりお花のお迎え(葉から見て、多分コミヤマカタバミ)・・・と思ったら、以降山頂まで花はほとんどなし。やっぱりまだ花には早いんですね。
2019年05月23日 08:17撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近にて、いきなりお花のお迎え(葉から見て、多分コミヤマカタバミ)・・・と思ったら、以降山頂まで花はほとんどなし。やっぱりまだ花には早いんですね。
1
野中温泉コースで最後まで雪渓の残る地点でこの有様。
この時期でもう残雪なし。
2019年05月23日 08:59撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野中温泉コースで最後まで雪渓の残る地点でこの有様。
この時期でもう残雪なし。
2
イワツバメ
巣でもあるのかな?
2019年05月23日 09:59撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツバメ
巣でもあるのかな?
3
雌阿寒岳山頂から阿寒富士
2019年05月23日 10:18撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳山頂から阿寒富士
4
雌阿寒岳山頂から阿寒湖と雄阿寒岳
お天気はいいけど、空気の抜けは今一つ
2019年05月23日 10:18撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳山頂から阿寒湖と雄阿寒岳
お天気はいいけど、空気の抜けは今一つ
3
時間的に余裕があるので阿寒富士にも登ろう
2019年05月23日 10:20撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間的に余裕があるので阿寒富士にも登ろう
7
雌阿寒岳と阿寒富士の谷間にミネズオウが咲き始めていました。やっぱりこの花は早い。
ガンコウランはやっと赤く芽吹いたところ。
2019年05月23日 10:42撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳と阿寒富士の谷間にミネズオウが咲き始めていました。やっぱりこの花は早い。
ガンコウランはやっと赤く芽吹いたところ。
4
阿寒富士中腹から雌阿寒岳を振り返る。
帰りは登り返しが・・・
2019年05月23日 10:56撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士中腹から雌阿寒岳を振り返る。
帰りは登り返しが・・・
3
阿寒富士にて自撮り
2019年05月23日 11:23撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士にて自撮り
10

感想/記録
by kenyo

絶好の好天予報!
選択肢は色々ありました。アポイ岳(〜ピンネシリ縦走)、楽古岳、雌阿寒岳、武佐岳・・・最後まで残ったのが楽古岳と雌阿寒岳だったのですが、先日の雨による林道への影響を心配して楽古岳を最後に候補から外します。
雌阿寒岳を選択したのは、来月友人のビギナーに雌阿寒岳登山同行を頼まれているため、コース状況の下見をしたいと考えていたからです。結論として、コースには全く何の問題もないことが確認できましたが、彼の体力で大丈夫かなぁ?と言う不安も。
「12時までに7合目まで辿り着いていなければ撤退する」ことに決めました。
いや、コース自体、野中温泉コースよりも阿寒湖畔コースの方がいいかもしれないなぁ・・・考えておきましょう。

山行自体は予報通り、素晴らしいお天気でした。ただ、風はちょっと強かったかな。『暑い』ことを予想してシャツ1枚で登りましたが、山頂近くでソフトシェルを羽織ります。彼らを連れて来る時もその点は予めアドバイスしておくか。

雌阿寒岳山頂に着いて『予定通り、時間にちょっと余裕があるから阿寒富士にも足を延ばそう』と決めます。来月は雌阿寒岳ピストンが確定していますので、今日は初めから縦走のつもりでした。阿寒富士はアリ地獄のような崩れやすい砂礫をジグザグに登るので、スタミナを消費します。もう1ケ月先なら、山頂周辺のコマクサを楽しめるはずなのですが・・・今日のところは雌阿寒岳と阿寒富士の谷間にミネズオウが咲き始め、鮮やかなピンクが際立っていました。

阿寒富士山頂で昼食を摂り、下山します。雌阿寒岳への登り返しが思っていたよりもキツく、ふくらはぎが張ります。きっと年齢的な衰え・・・いや、やっぱり体重の増加分かな。食事制限しなくちゃ。




下山後、野中温泉を楽しんだ後、先週行けなかった友人の見舞いに寄ります。考えていた以上に回復していたことにちょっと驚き!ギブスも外れ、片松葉でゆっくり歩けるほどになっており、盛大な退院祝いを約束して帰路に就きました。
訪問者数:371人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ