また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1864230 全員に公開 ハイキング奥秩父

快晴の瑞牆山(みずがき山荘から往復)

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき山荘まで自家用車、6時半には無料駐車場は満車状態で、空きスペースや路肩への駐車となっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大ヤスリ岩の下まではちょっと急登という感じですが、大ヤスリ岩を左に見ながらとなると、岩がゴロゴロとした結構な急登となります。
ただし、危険個所には鎖などがきちんと設置されておりました。
その他周辺情報下山後、増富ラジウム温泉「増富の湯」あり、一人820円です。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

みずがき山荘前です。
朝の6時半過ぎに到着しましたが、無料駐車場は既に満車。
仕方なく、路肩の邪魔とならない場所へ駐車しました。
帰りには、結構手前まで車が止っていました。
2019年05月25日 06:52撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山荘前です。
朝の6時半過ぎに到着しましたが、無料駐車場は既に満車。
仕方なく、路肩の邪魔とならない場所へ駐車しました。
帰りには、結構手前まで車が止っていました。
1
みずがき山荘前から登山開始です。
とりあえずは富士見平小屋までの登りです。
今日はテントを担いだパーティーも多く見られました。
2019年05月25日 06:52撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山荘前から登山開始です。
とりあえずは富士見平小屋までの登りです。
今日はテントを担いだパーティーも多く見られました。
富士見平小屋までも、結構な登りが続きます。
2019年05月25日 07:05撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋までも、結構な登りが続きます。
富士見平小屋手前の見晴らしにて。
瑞牆山へは過去2回登りましたが、こんな景色が見えるなんて知りませんでした。
(過去2回はどちらもガスガス)
2019年05月25日 07:14撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋手前の見晴らしにて。
瑞牆山へは過去2回登りましたが、こんな景色が見えるなんて知りませんでした。
(過去2回はどちらもガスガス)
3
富士見平小屋へ到着しました。
今日はテン泊の方が多いようです。
既に何組も受付を行っていました。
2019年05月25日 07:27撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋へ到着しました。
今日はテン泊の方が多いようです。
既に何組も受付を行っていました。
どれも美味しそう、でも高い。
いつも運転手なんで、「生ビール」という文字は憧れです。
生を頂けるのは、小屋泊の時だけですね。
2019年05月25日 07:27撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれも美味しそう、でも高い。
いつも運転手なんで、「生ビール」という文字は憧れです。
生を頂けるのは、小屋泊の時だけですね。
小屋からしばらく進むと、天鳥川へ一旦下ります。
もちろん、帰りは逆に登りとなりますので。
2019年05月25日 07:56撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からしばらく進むと、天鳥川へ一旦下ります。
もちろん、帰りは逆に登りとなりますので。
天鳥川を渡ります。
今年は水量が少ないのかなぁー?
2019年05月25日 08:01撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天鳥川を渡ります。
今年は水量が少ないのかなぁー?
桃太郎岩
何年経っても、またく変わりません。
2019年05月25日 08:02撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃太郎岩
何年経っても、またく変わりません。
1
桃太郎岩から先は、沢沿いの登山道となります。
大きな岩の場所には、鎖など設置されております。
2019年05月25日 08:09撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃太郎岩から先は、沢沿いの登山道となります。
大きな岩の場所には、鎖など設置されております。
1
なめ滝(ちょろちょろ)の横は、木製階段です。
2019年05月25日 08:13撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめ滝(ちょろちょろ)の横は、木製階段です。
そしてまた鎖場。
鎖は有りますが、それなりの方であれば鎖は不要です。
2019年05月25日 08:31撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた鎖場。
鎖は有りますが、それなりの方であれば鎖は不要です。
ちょっとレアな場所ですが。。。
前にこんな場所があったなぁー、と、ちょっとルートを外れて。
以前はこちらも正式なルートでしたが、現在ではもう少し易しい道へ目印が付いていました。
でも、こちらもちゃんと「→」有りますよ。
2019年05月25日 08:52撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとレアな場所ですが。。。
前にこんな場所があったなぁー、と、ちょっとルートを外れて。
以前はこちらも正式なルートでしたが、現在ではもう少し易しい道へ目印が付いていました。
でも、こちらもちゃんと「→」有りますよ。
5
妻も7年前同様、狭い岩のスキマを無事くぐる事が出来ました?
2019年05月25日 08:52撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻も7年前同様、狭い岩のスキマを無事くぐる事が出来ました?
4
そして目の前に、「大ヤスリ岩」が現れます。
ここから頂上は近いような気がしますが、でもここから結構な急登となります。
もう少し、頑張りましょう。
2019年05月25日 08:53撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして目の前に、「大ヤスリ岩」が現れます。
ここから頂上は近いような気がしますが、でもここから結構な急登となります。
もう少し、頑張りましょう。
4
振り返ると、「月と南アルプス、そして飛行機雲」
2019年05月25日 08:55撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、「月と南アルプス、そして飛行機雲」
なんとか山頂直下まで登り詰めました。
ここから山頂の裏へ回り、最後のツルリとした岩(鎖有り)を登ったら、山頂です。
2019年05月25日 09:16撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか山頂直下まで登り詰めました。
ここから山頂の裏へ回り、最後のツルリとした岩(鎖有り)を登ったら、山頂です。
今日は息子と記念撮影
3回目の瑞牆山登頂となりました。
(3回目にして、初めての晴天)
2019年05月25日 09:24撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は息子と記念撮影
3回目の瑞牆山登頂となりました。
(3回目にして、初めての晴天)
5
金峰山と五丈岩
2019年05月25日 09:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山と五丈岩
2
富士山!
2019年05月25日 09:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山!
3
南アルプス
北岳、間ノ岳方面
2019年05月25日 09:25撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
北岳、間ノ岳方面
2
寂しげな山頂碑
昔、これだけだったような気がします。
2019年05月25日 09:32撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂しげな山頂碑
昔、これだけだったような気がします。
ずっと下って、富士見平小屋のアズマシャクナゲ
2019年05月25日 11:29撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと下って、富士見平小屋のアズマシャクナゲ
3
見晴らしの下方に咲いていたアズマシャクナゲ
2019年05月25日 11:42撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの下方に咲いていたアズマシャクナゲ
帰りに見た、瑞牆山
あそこまで行って来たんだ!
2019年05月25日 11:42撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに見た、瑞牆山
あそこまで行って来たんだ!
2
ミツバツツジ
2019年05月25日 11:44撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
2
フデリンドウ行きは気付かなかったが、結構咲いていました。
2019年05月25日 11:44撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ行きは気付かなかったが、結構咲いていました。
5
撮影機材:

感想/記録

3度目の瑞牆山は、妻と息子を連れての登山となりました。
いままでの瑞牆山登山は天候に恵まれず、7年前は曇天のガスで視界不良。
20数年前は、小雨で視界ゼロ、そして3度目の正直、今日は快晴です。

天気も良く登山日和のためか、朝6時半にみずがき山荘へ到着するも、既に駐車場は満車でしたので、仕方なく路肩へ駐車しました。

そして久々の瑞牆山、まずは富士見平小屋を目指し歩きます。
すると見晴らしという場所で突然視界が開け、前方に瑞牆山が見えるでは有りませんか、こんなきれいに見えるなんて、今まで知りませんでした。

富士見平小屋では、テン泊の方が多いようで、既にテントも張られ、また受付も数人が行っていました。
(帰りには、沢山のテントが張られていました。)

小屋からは天鳥川へ一旦下り、そして直ぐに桃太郎岩の右を登ります。
そこからしばらくは沢沿いに歩きますが、滑りそうな大岩が有る場所には鎖が張られ、危険個所は一切ありません。

大ヤスリ岩の下からは、山頂近くまで結構な急登となります。
登山道の岩も大きくなってきますので、ここは慎重に登って行きましょう。
そして山頂直下で山頂の裏へ回り、ちょっとした鎖場を登ったら
山頂です。

今日は快晴でしたので、となりの金峰山、富士山、南アルプス、八ヶ岳などの眺望が良く、心地の良い登山となりました。
帰りに「増富の湯」へ寄り、今日はフルコースの日帰り登山を家族3人で満喫しました。

訪問者数:277人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ