また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1865161 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王山・屏風岳往復

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
1時間21分
合計
8時間42分
Sスタート地点09:2409:50刈田峠登山口10:11刈田峠避難小屋10:1211:05前山11:48杉ヶ峰11:5712:28芝草平12:52倉石・秋山沢コース分岐13:25屏風岳13:2813:39水引入道コース分岐13:4213:51屏風岳14:0714:29倉石・秋山沢コース分岐14:46芝草平15:2816:12杉ヶ峰16:1816:41前山17:24刈田峠避難小屋17:2517:50刈田峠登山口18:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中,昼寝をした時間も入ってる♪
コース状況/
危険箇所等
残雪多く,ぬかるみが多いのでスパッツ必須
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

蔵王エコーラインは連休のときの賑わいが嘘に思えるほど,通行する自動車が少なかった。
2019年05月25日 09:18撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王エコーラインは連休のときの賑わいが嘘に思えるほど,通行する自動車が少なかった。
朝から夕方まで雲ひとつない快晴。多少ヘイズがあるけど,朝日連峰,飯豊連峰,吾妻連峰,月山,それに船形山,栗駒山がみんな見えた。
2019年05月25日 09:36撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から夕方まで雲ひとつない快晴。多少ヘイズがあるけど,朝日連峰,飯豊連峰,吾妻連峰,月山,それに船形山,栗駒山がみんな見えた。
2
歩き始めから雪。同時期でこれだけ残雪が多いのは2017年以来かもしれない。
2019年05月25日 09:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めから雪。同時期でこれだけ残雪が多いのは2017年以来かもしれない。
1
雪渓からの雪解け水が川になって登山道を流れる。道が深くえぐれて泥だまりになる場所が増えているので,管理者は早く木道を増設してほしい。
2019年05月25日 10:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓からの雪解け水が川になって登山道を流れる。道が深くえぐれて泥だまりになる場所が増えているので,管理者は早く木道を増設してほしい。
1
踏み跡を頼りに雪原を歩く。
2019年05月25日 10:14撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を頼りに雪原を歩く。
杉ヶ峰の下から北西の方角,朝日連峰を望む。
2019年05月25日 11:16撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰の下から北西の方角,朝日連峰を望む。
1
杉ヶ峰から屏風岳の登り口まではずっと雪の上。
2019年05月25日 12:03撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰から屏風岳の登り口まではずっと雪の上。
1
この日の南蔵王には在仙の高校山岳部が何校も入っていた。これは多賀城高校の皆さん。
2019年05月25日 12:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の南蔵王には在仙の高校山岳部が何校も入っていた。これは多賀城高校の皆さん。
3
屏風岳の東面に張り出した雪庇。上に乗ったら崩れそう。
2019年05月25日 13:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳の東面に張り出した雪庇。上に乗ったら崩れそう。
屏風岳から南に向かう登山道は,あちこちで斜面の崩壊により崖の際に接している。近い将来,崩落により新しい道を付け直さなければいけないかもしれない。
2019年05月25日 13:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳から南に向かう登山道は,あちこちで斜面の崩壊により崖の際に接している。近い将来,崩落により新しい道を付け直さなければいけないかもしれない。
南屏風岳から不忘山に至る稜線。
2019年05月25日 13:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南屏風岳から不忘山に至る稜線。
2
輪かんじきか軽アイゼンを持ってくればよかった。
2019年05月25日 15:45撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
輪かんじきか軽アイゼンを持ってくればよかった。
傾いた陽光が雪原を鈍く照らす。
2019年05月25日 15:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾いた陽光が雪原を鈍く照らす。
1
杉ヶ峰下から前山,刈田岳を望む。
2019年05月25日 16:13撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰下から前山,刈田岳を望む。
1
刈田峠の避難小屋がよく見えるのは,周囲のアオモリトドマツの立ち枯れが半端じゃなく多いから。いずれ,樹氷も見られないようになるのか。
2019年05月25日 16:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田峠の避難小屋がよく見えるのは,周囲のアオモリトドマツの立ち枯れが半端じゃなく多いから。いずれ,樹氷も見られないようになるのか。
2
ミネザクラがようやく咲き始めた。
2019年05月25日 17:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネザクラがようやく咲き始めた。
立ち枯れの木立と重なる斜陽。
2019年05月25日 17:52撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木立と重なる斜陽。
営業時間が過ぎた蔵王ハイラインを通過し,山頂から夕陽を眺める。
2019年05月25日 18:18撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営業時間が過ぎた蔵王ハイラインを通過し,山頂から夕陽を眺める。
2
日没近い御釜。
2019年05月25日 18:23撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没近い御釜。
3
Olympusの12-100mmを沈む夕陽に向けると,ピンク色のゴーストが明瞭に出る。他のレンズでも,こういう条件だとゴーストが写るのは避けられないのだろうか。
2019年05月25日 18:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Olympusの12-100mmを沈む夕陽に向けると,ピンク色のゴーストが明瞭に出る。他のレンズでも,こういう条件だとゴーストが写るのは避けられないのだろうか。
2
翌日の晴天を約束する夕陽。明日もまた来て歩きたくなる(来ないけど)。
2019年05月25日 18:47撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日の晴天を約束する夕陽。明日もまた来て歩きたくなる(来ないけど)。
3

感想/記録

気温が高く,刈田峠を除けば風も弱い。雪の照り返しが強いので,日焼け止めやサングラスがあったほうが良かった。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ