また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1870707 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

東谷頭

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道路肩駐車
対岸は旧営林署小屋跡
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間53分
休憩
28分
合計
9時間21分
Sスタート地点07:3411:42東谷頭12:1012:55P207914:05P219316:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

笹ヶ平沢と小黒川の合流点を渡渉
今シーズン初渡渉、雪解け水が冷たい
2019年05月26日 07:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ平沢と小黒川の合流点を渡渉
今シーズン初渡渉、雪解け水が冷たい
1
笹ヶ平沢に沿って遡行
2019年05月26日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ平沢に沿って遡行
1
ニリンソウ
2019年05月26日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ
1
タチツボスミレ
ネコメソウ
2019年05月26日 10:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
ネコメソウ
1
目指す東谷頭
2019年05月26日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す東谷頭
1
あれが東谷頭
2019年05月26日 11:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが東谷頭
1
甲斐駒、鋸第一高点、編笠、三角点ピーク
2019年05月26日 12:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、鋸第一高点、編笠、三角点ピーク
1
東に雨乞岳
2019年05月26日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東に雨乞岳
1
右奥にオベリスク
2019年05月26日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥にオベリスク
1
稜線上は甲斐駒が良く見える。
2019年05月26日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は甲斐駒が良く見える。
1
西の鹿嶺高原方面にZの文字
2019年05月26日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の鹿嶺高原方面にZの文字
1
コバイケイソウ
2019年05月26日 13:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ
1
振り返れば北に釜無山
2019年05月26日 14:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば北に釜無山
1
帰りの渡渉地点
冷たさが我慢の限度
2019年05月26日 16:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの渡渉地点
冷たさが我慢の限度
1
林道わきにバイカウツギ
2019年05月26日 16:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道わきにバイカウツギ
1

感想/記録

南アルプスの最北部、釜無山から横岳峠の間は訪れる人も少なく南アルプスらしい静かな雰囲気を持つ山である。
今回はこの区間でまだ踏破してない東谷頭を中心とした稜線を狙ってみた。

どこから登ろうか考えたが、国土地理院の地図に笹ヶ平沢に沿って登山道が記されているのでこれを利用することにした。
このルートは誰も利用した形跡がないので、実際にあるのかどうか多少の不安はあったが、南アルプスは笹さえなければ何とかなると思い入山。

沢に沿って遡行していくと、最初は踏み跡程度のルートが見られたが途中から獣道に変わり、登山道としては現在使われていないことがわかった。
地図上の水路が切れるところで、地図を確認すると東谷頭から派生する尾根が西に延びており、これに直接取り付いたほうがルートとして明瞭であると判断し、左に方向を転じてP1860の尾根を目指してダイレクトにかけ登る。

尾根上は傾斜が緩やかで歩きやすいが、至る所に倒木がありそれほど楽でもない。
東谷頭は木に囲まれてあまり展望は良くない。ここから少し釜無山方面へ行くとP2140ピークがあるが、今回は白岩岳までの稜線を踏破することにして南へ進むことにする。

稜線を行きP2193を越え白岩岳に近づくと、白岩岳の名前どおり白い露岩が随所に現れる。白岩岳はパスして直前で右にルートをとり、稜線から離脱。
下山コースは、明瞭な踏み跡と至る所にテープがあり迷うことはない。

数年前に来た時も5月のこの時期だったが、途中の岩場でクモイコザクラが咲いていた。今回も探してみたが、残念ながら前に見た岩場にはなかった。確か小黒川の近くにもクリンソウが咲いていたのに、見つからなかった。


小黒川の渡渉は冷たくて悲鳴を上げたくなるような流れ。
時間的には五時ぎりぎり、日が長くなるとどうしても山にいる時間が長くなってしまう。

訪問者数:242人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ