また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1874217 全員に公開 ハイキング奥秩父

岩山、鎖場を求めて二子山へ。ついでにジビエも。

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7時過ぎ着。駐車スペースは十分空きあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
1時間2分
合計
5時間28分
S二子山坂本登山口07:4408:28股峠08:4209:10二子山 東岳09:1711:02三等三角点 / 二子山11:1311:46二子山12:1412:20魚尾道峠12:2213:12二子山坂本登山口13:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
東岳山頂から又峠までのログが何故か消えていた。
コース状況/
危険箇所等
路面は渇いていた。危険個所は感想にて。
その他周辺情報大滝温泉へ。
http://www.ootakionsen.co.jp/onsen/index.html
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

kage_yama 重量:-kg

写真

三芳PAにて朝食。卵かけご飯定食を食べたら予想以上のごはん量に満腹。一層体が重くなってスタートです。
2019年06月01日 05:41撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三芳PAにて朝食。卵かけご飯定食を食べたら予想以上のごはん量に満腹。一層体が重くなってスタートです。
1
道路脇の駐車スペースに。直後に1台いらっしゃって、若者2人のパーティーが先に出発していきました。偶々ですが、ゴールも同じタイミングとなりました。
2019年06月01日 07:28撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇の駐車スペースに。直後に1台いらっしゃって、若者2人のパーティーが先に出発していきました。偶々ですが、ゴールも同じタイミングとなりました。
コース入り口です。ちょっと間違えそうになりましたが。
2019年06月01日 07:43撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース入り口です。ちょっと間違えそうになりましたが。
又峠までは延々と樹林帯の中をという感じでした。とくに眺望が開けるところもなく。
2019年06月01日 07:44撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又峠までは延々と樹林帯の中をという感じでした。とくに眺望が開けるところもなく。
隙間から日差しが差し込みます。時に暑いくらい。
2019年06月01日 07:58撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隙間から日差しが差し込みます。時に暑いくらい。
1
又峠の直前は滑りやすい急斜面。道も見失いそうになりました。
2019年06月01日 08:01撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又峠の直前は滑りやすい急斜面。道も見失いそうになりました。
重い体を必死に持ち上げているようです。
2019年06月01日 08:02撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重い体を必死に持ち上げているようです。
峠が見えてきました。
2019年06月01日 08:35撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠が見えてきました。
まずは東岳へ向かいます。実は東岳の方が個人的には大変に感じました。
2019年06月01日 08:35撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは東岳へ向かいます。実は東岳の方が個人的には大変に感じました。
西岳の注意書き。結果的に、これは上級者コースへ向かう人へ特に向けたメッセージかなと思いました。要は、一般コースで山頂までは全く問題のない普通の登山道。
2019年06月01日 08:36撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳の注意書き。結果的に、これは上級者コースへ向かう人へ特に向けたメッセージかなと思いました。要は、一般コースで山頂までは全く問題のない普通の登山道。
東岳を登る途中、何度か西岳が顔を見せます。
2019年06月01日 08:43撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳を登る途中、何度か西岳が顔を見せます。
なんか丸っこくてかわいらしい。
2019年06月01日 08:43撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか丸っこくてかわいらしい。
2
この写真なんか新緑のきれいな西岳が写っていてお気に入り。
2019年06月01日 08:48撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真なんか新緑のきれいな西岳が写っていてお気に入り。
3
この直前に東岳で1番気を引き締めたポイントがありました。クライマーが利用するカラビナを通すわっかに足をかけて渡らなければならない箇所がありましたので。鎖は付いていましたが、緊張しました。下りは見通しがきいたのであまり恐怖を感じなかったのですが、のぼりの際は先も見えずかなり緊張しました。
2019年06月01日 08:53撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この直前に東岳で1番気を引き締めたポイントがありました。クライマーが利用するカラビナを通すわっかに足をかけて渡らなければならない箇所がありましたので。鎖は付いていましたが、緊張しました。下りは見通しがきいたのであまり恐怖を感じなかったのですが、のぼりの際は先も見えずかなり緊張しました。
5
またかわいい西岳。
2019年06月01日 08:54撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またかわいい西岳。
1
ここが東岳の山頂かな、という個所の連続(笑) あれ?まだ先がある!(笑)、という瞬間が数回。あそこに見えるのがこんどこそ本物のようです。
2019年06月01日 08:59撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが東岳の山頂かな、という個所の連続(笑) あれ?まだ先がある!(笑)、という瞬間が数回。あそこに見えるのがこんどこそ本物のようです。
山頂からの眺め。良いです。甲武信ヶ岳や金峰山は見えているのでしょうか、、、?
2019年06月01日 09:20撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。良いです。甲武信ヶ岳や金峰山は見えているのでしょうか、、、?
次は西岳へ。登り始めてしばらく行くと、突き当りに一般コースへの矢印が。
2019年06月01日 10:12撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は西岳へ。登り始めてしばらく行くと、突き当りに一般コースへの矢印が。
左に向かうと上級者コース。今日は一般コースへ向かいましたが、興味があったので上級者コースの入り口を少し覗きに行くと、まさに岩に取り付き始めた方がお二人。下から見てるととてもとても無理なように感じましたが、この後に一般コースへ行きましたがそれはそれで物足りなさが。
2019年06月01日 10:12撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に向かうと上級者コース。今日は一般コースへ向かいましたが、興味があったので上級者コースの入り口を少し覗きに行くと、まさに岩に取り付き始めた方がお二人。下から見てるととてもとても無理なように感じましたが、この後に一般コースへ行きましたがそれはそれで物足りなさが。
とくに撮影ポイントも何もなく、西峠のほぼ山頂へ到着、、、
2019年06月01日 10:35撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とくに撮影ポイントも何もなく、西峠のほぼ山頂へ到着、、、
そして山頂へ。実は西岳の一般コース、山頂まではなんてことはないハイキングコース(と感じました)でした。一般コースから行く限り、西岳で少し緊張感があるのは頂上前後の縦走路であって、山頂までは特に危険個所は無いように感じました。次回来ることがあれば絶対上級者コースを考えると思います。
2019年06月01日 11:02撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして山頂へ。実は西岳の一般コース、山頂まではなんてことはないハイキングコース(と感じました)でした。一般コースから行く限り、西岳で少し緊張感があるのは頂上前後の縦走路であって、山頂までは特に危険個所は無いように感じました。次回来ることがあれば絶対上級者コースを考えると思います。
1
山頂から西側に下ろうとすると、こういう縦走路がしばらく続きます。岩場の細い道を、細かなアップダウンを繰り返しながら進む感じ。両側に草木が茂っているため写真での見た目ほど高度間はなく、落ちる恐怖感もほとんどないです。転んだら痛いだろうな、足をひねりそうだな、くらい。
2019年06月01日 11:03撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西側に下ろうとすると、こういう縦走路がしばらく続きます。岩場の細い道を、細かなアップダウンを繰り返しながら進む感じ。両側に草木が茂っているため写真での見た目ほど高度間はなく、落ちる恐怖感もほとんどないです。転んだら痛いだろうな、足をひねりそうだな、くらい。
2
西岳山頂方向を振り返ります。
2019年06月01日 11:34撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳山頂方向を振り返ります。
2
樹林帯の中の急な下りも少し続きます。
2019年06月01日 12:07撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の急な下りも少し続きます。
この辺りからはだらだら下りです。落石注意。
2019年06月01日 12:07撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからはだらだら下りです。落石注意。
公道が見えてきました〜
2019年06月01日 13:04撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公道が見えてきました〜
おりてきた西岳を見上げます。
2019年06月01日 13:06撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おりてきた西岳を見上げます。
ありがとう、また来ます。今度は上級者コースで!?
2019年06月01日 13:08撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう、また来ます。今度は上級者コースで!?
1
10キロほど離れたいのしか亭へ。イノシシ肉の丼をまずはいただきます。
2019年06月01日 14:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10キロほど離れたいのしか亭へ。イノシシ肉の丼をまずはいただきます。
3
鹿肉のから揚げ。
2019年06月01日 14:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿肉のから揚げ。
1
ぼたん鍋2人前を3人でシェア。
2019年06月01日 14:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼたん鍋2人前を3人でシェア。
4
雑炊もいただき、お腹は破裂寸前でした!
2019年06月01日 14:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑炊もいただき、お腹は破裂寸前でした!
1

感想/記録

岩山を登りたくて、埼玉方面で難所と有名な二子山へ。元自転車仲間のお二人と向かいます。
上級者コースは恐れ多いと考えたため一般コースで西岳を登りましたが、一般コースはごく普通の登山道。むしろ東岳のほうがきつくて時にスリルもありました。少し緊張するのは、西岳山頂からの縦走路くらいです。
西岳の上級者コースを登ってこられたかたに声をかけさせてもらうと、初めて二子山に来られたとのことで、登山もそれほど経験されてなさそうな言いぶり。体力、経験ひとそれぞれですが、そうとお聴きすると自分も登ってみたくなったのが正直なところ(笑) 次回は自己責任で考えます!
帰りはジビエ料理と温泉を満喫しました。

実は西岳も登頂を終えて、後半のなだらかな下りを歩いている際に衝撃的な出来事が、、、
3人並んで歩いており、私が先頭。5メートルほど離れて2人目が歩いていましたが、突然ゴトン、ゴトンと音を立てて直径50センチ以上の岩が2人目のすぐ目の前を転げ落ちていきました、、、直前に近くの工事現場でサイレンと火薬の爆発の音が数回聴こえたのでひょっとしてその影響もあったのかもしれませんが、全く予想もつかない突然の出来事でした。本当に紙一重。自分が少し立ち止まって水でも飲んでいたら?2番手を歩いていた友人が気持ち少しだけペースを速めていたら?と考えると、登山ではいつ大けがしても、あるいは、いつ死んでもおかしくないのではと考えさせられた瞬間でした。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ