また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1874720 全員に公開 トレイルラン九州・沖縄

大佐野山ー黒金山ー三市町山ー牛頸山往復

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自宅から登山口までは往復ラン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間15分
休憩
6分
合計
2時間21分
Sスタート地点11:2611:54大佐野山11:5512:11黒金山12:1212:23三市町山12:38牛頸山12:4212:50三市町山12:53452高地13:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
452高地から計測ミスで5分間GPSログをロスト。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ハイドレーション GPS 保険証 携帯 時計 タオル

感想/記録
by hansu

自宅からランで30分弱で到着。大佐野山までは4回目か、牛頸山は3回目か。
いつも尾根に出るまで傾斜がきつく走れない。少し行った辺りは畝状竪掘らしい人工的な竪掘状の箇所があり、前から気になっていたが、城跡の遺構のようにしか見えて仕方ない。トレランでない時にじっくり周辺を見回る必要がありそうだ。
大佐野山までは左側に有刺鉄線がある尾根でアップダウンが続き、走るにはきつい。
時折フラットになり、そこは走るようにするが、先週の鏡洲の後なので疲労が抜けておらず、ヒーヒー言って走る。大佐野山で小休止していると、観音山から来た登山者の方が来られて、少しコースについて話した。
大佐野山から黒金山までは初めてだったが、アップダウンが少なく走りやすく気持ちの良いエリアだった。黒金山からはとりあえず分水嶺コースで三市町山を目指す。こちらもアップダウンが少なく非常に走りやすかった。時折分岐とかあって、表示は出ているものの不安になった。那珂川が市制を敷いた現在、三市町山は三市山に格上げされるのか。
三市町山から牛頸山までは痩せた尾根が増え、アップダウンも増え、走りくくなった。山頂では、ハンモックおじさん?仙人?がおられて、孫の手を売ってもおられた。三市町山から南側、山神ダムの方に行くと、「高地」という見晴らしの良い山があると薦めるので、行ってみることにした。
三市町山から山神ダムという標識の方へ少し走っていくと、確かに452高地はあった。203高地のように標高をとった名前なのだろう。そのうち江川岳のように名前がつくのだろうか。
黒金山への復路は、絶品沢コースを採った。以前こちらを歩いた気がするが、分水嶺コースに比べいったん沢まで下るので、当然登り返しもあり、これまでの疲労もあってしんどかった。黒金山から大佐野山まではストレスのないコースで疲労もさほどこたえなかったが、大佐野山から登山口まではアップダウンがあったりで、きつかった。
登山口からは暑い中走って帰宅。
訪問者数:62人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

分水嶺
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ