また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1875136 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

大霧山【三沢郵便局BS→天空のポピー→大霧山→定峰BS】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■西武観光バス 定峰・皆野方面
https://www.seibubus.co.jp/docs/rosen/chichibu/TD.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
12分
合計
4時間32分
S三沢郵便局バス停10:5013:08粥仁田峠13:0913:44大霧山13:5014:13桧平14:1414:25旧定峰峠14:2615:03定岳寺15:18定峰バス停15:2115:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 三沢郵便局BS
シャトルバスを利用せず、ここから歩きます。
料金が往復の設定しか無いので…。
2019年06月01日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真1 - 三沢郵便局BS
シャトルバスを利用せず、ここから歩きます。
料金が往復の設定しか無いので…。
1
■写真2
あれ、道端にポピーが咲いています。
狭隘路なのに車の往来が激しので、注意しましょう。
2019年06月01日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真2
あれ、道端にポピーが咲いています。
狭隘路なのに車の往来が激しので、注意しましょう。
■写真3
シャトルバスは6台で随時ピストンしていました。
ここから入園しましょう。
2019年06月01日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真3
シャトルバスは6台で随時ピストンしていました。
ここから入園しましょう。
1
■写真4 - 天空のポピー
下の方は全体的にピンクが多い印象です。
珍しい白いポピーも混ざっていました。
2019年06月01日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真4 - 天空のポピー
下の方は全体的にピンクが多い印象です。
珍しい白いポピーも混ざっていました。
1
■写真5 - 天空のポピー
広いのでズームレンズでも簡単にボケてくれます。
ただし、こちらを向いてくれる花の少ないこと。
2019年06月01日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真5 - 天空のポピー
広いのでズームレンズでも簡単にボケてくれます。
ただし、こちらを向いてくれる花の少ないこと。
1
■写真6 - 天空のポピー
この日は風がやや強く、撮影に苦労しました。
花弁が薄すぎて、風でひっくり返ってしまいます。
2019年06月01日 11:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真6 - 天空のポピー
この日は風がやや強く、撮影に苦労しました。
花弁が薄すぎて、風でひっくり返ってしまいます。
1
■写真7 - 天空のポピー
ポピーって、よく見ると結構グロいですよね。
ピンクのは、そうでもなく綺麗でした。
2019年06月01日 11:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真7 - 天空のポピー
ポピーって、よく見ると結構グロいですよね。
ピンクのは、そうでもなく綺麗でした。
1
■写真8 - 天空のポピー
早咲きエリアは、圧巻のレッドカーペット。
遅咲きエリアと比べて赤が強く、密集も凄いです。
2019年06月01日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真8 - 天空のポピー
早咲きエリアは、圧巻のレッドカーペット。
遅咲きエリアと比べて赤が強く、密集も凄いです。
2
■写真9 - 天空のポピー
時おり覗かせる青空と、時おり降り注ぐ太陽光。
真っ青な空が欲しかったのですが、贅沢を言ってはいけません。
2019年06月01日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真9 - 天空のポピー
時おり覗かせる青空と、時おり降り注ぐ太陽光。
真っ青な空が欲しかったのですが、贅沢を言ってはいけません。
1
■写真10 - 天空のポピー
ポピーは花期が長いので、焦らなくても充分な見応え。
見頃を迎えてから1週間が経ちますが、まだまだ綺麗です。
2019年06月01日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真10 - 天空のポピー
ポピーは花期が長いので、焦らなくても充分な見応え。
見頃を迎えてから1週間が経ちますが、まだまだ綺麗です。
■写真11 - 天空のポピー
何度か挑戦するも、風の強さには勝てず。
構図的には絶好だったのですが…。
2019年06月01日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真11 - 天空のポピー
何度か挑戦するも、風の強さには勝てず。
構図的には絶好だったのですが…。
1
■写真12 - 天空のポピー
相当に混むと覚悟してきたも、思ったほどでも無いような。
駐車場が満車になったので、これ以上は混みそうにないかも。
2019年06月01日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真12 - 天空のポピー
相当に混むと覚悟してきたも、思ったほどでも無いような。
駐車場が満車になったので、これ以上は混みそうにないかも。
1
■写真13 - 天空のポピー
駐車場の方には、飲食の出店もあり賑わっています。
ただ椅子が少なく、経ったまま食べる人達の姿も。
2019年06月01日 12:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真13 - 天空のポピー
駐車場の方には、飲食の出店もあり賑わっています。
ただ椅子が少なく、経ったまま食べる人達の姿も。
1
■写真14
天空のポピーを後にして、粥新田峠を目指します。
目の前に聳える大霧山を越え、旧定峰峠に下ります。
2019年06月01日 13:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真14
天空のポピーを後にして、粥新田峠を目指します。
目の前に聳える大霧山を越え、旧定峰峠に下ります。
■写真15 - 粥新田峠
東屋が目印の粥新田峠に着きました。
やっと舗装路歩きが終わり、登山道へと踏み入れます。
2019年06月01日 13:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真15 - 粥新田峠
東屋が目印の粥新田峠に着きました。
やっと舗装路歩きが終わり、登山道へと踏み入れます。
■写真16
ヤマアジサイ?
装飾花が無いと、アジサイと気付きにくいです。
2019年06月01日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真16
ヤマアジサイ?
装飾花が無いと、アジサイと気付きにくいです。
1
■写真17
ガクウツギ。
風が吹き抜けると、辺りに固有の香りが漂います。
2019年06月01日 13:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真17
ガクウツギ。
風が吹き抜けると、辺りに固有の香りが漂います。
1
■写真18
マルバウツギ。
花はウツギと変わりませんが、葉が丸いのでこの名前だとか。
2019年06月01日 13:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真18
マルバウツギ。
花はウツギと変わりませんが、葉が丸いのでこの名前だとか。
■写真19 - 大霧山
最後にひと登りして、眺望の良い山頂に着きました。
シーズン外なのか、休憩するハイカーも少なく。
2019年06月01日 13:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真19 - 大霧山
最後にひと登りして、眺望の良い山頂に着きました。
シーズン外なのか、休憩するハイカーも少なく。
1
■写真20
有刺鉄線の向こう側には、開かれた牧草地。
ここに放牧されているのを見たことはありません。
2019年06月01日 14:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真20
有刺鉄線の向こう側には、開かれた牧草地。
ここに放牧されているのを見たことはありません。
■写真21
旧定峰峠を右折して、定峰地区に下山します。
登山道は途中で終わり、ラスト30分は再びの車道歩き。
2019年06月01日 14:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真21
旧定峰峠を右折して、定峰地区に下山します。
登山道は途中で終わり、ラスト30分は再びの車道歩き。
■写真22 - 定峰BS
バスの運行本数は多くないので注意です。
隣の定峰橋BSには、飲料の自販機がありました。
2019年06月01日 15:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真22 - 定峰BS
バスの運行本数は多くないので注意です。
隣の定峰橋BSには、飲料の自販機がありました。
1
■写真23 - 夢風庵
猪のスペアリブのスモーク。
ローリエでスモークされて、いい香りです。
2019年06月01日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真23 - 夢風庵
猪のスペアリブのスモーク。
ローリエでスモークされて、いい香りです。
2
■写真24 - 夢風庵
鹿のタタキだったかな?
自家製の山椒味噌が、意外にも良く合います。
2019年06月01日 16:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真24 - 夢風庵
鹿のタタキだったかな?
自家製の山椒味噌が、意外にも良く合います。
2
■写真25 - 夢風庵
秩父錦の限定酒を惜しみもなく出してくれました。
市販されていないようで、見たことありません。
2019年06月01日 16:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真25 - 夢風庵
秩父錦の限定酒を惜しみもなく出してくれました。
市販されていないようで、見たことありません。
1
■写真26 - 夢風庵
締めは、猪肉の温かいうどんで。
この直前にもサービス品を頂き、お腹いっぱいで帰路に就きます。
2019年06月01日 16:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真26 - 夢風庵
締めは、猪肉の温かいうどんで。
この直前にもサービス品を頂き、お腹いっぱいで帰路に就きます。
2
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

今年も天空のポピーが見頃を迎えたとのこと。
年を追うごとに人気が高まっているようで、混雑が予想されます。

今年は遅めのスタートで、ぼちぼち歩いて、お楽しみは下山後のジビエ。
たまには、ゆるーく歩くのも良いですよね。奥武蔵ですし。


■三沢郵便局BS→天空のポピー→大霧山→定峰BS
このバス停から歩いてアクセスしようだなんて物好きは、他におらず。
皆野駅からのシャトルバスは往復運賃のみ設定なので、仕方なく諦めました。

バス停から車道を40分ほど歩けば、天空のポピーの会場に至ります。
車の往来が激しい上に狭い道なので、通行には注意です。

今年は種まきの時期を2回に分けたようで、遅咲きと早咲きが楽しめます。
ポピーは見頃が長く続くので、遅咲きエリアが遅れて満開に合流するイメージ。

遅咲きエリアはピンク色が多い印象で、早咲きエリアは王道の赤ですね。
茎が細く花弁が薄いので、少しの風で接写が難しくなります。

会場は賑わっていましたが、駐車場のキャパの関係で割と余裕あります。
昼頃は駐車に1時間待ちとかなるようで、車での来場は注意ですね。


ポピーと出店を堪能したら、会場を後にして粥新田峠まで車道歩き。
粥新田峠から、やっと登山道歩きが始まります。

緩急の登りを繰り返しつつ、最後にひと登りして眺望のいい山頂へ。
賑わう時は賑わいますが、シーズン外なのか割と静かな時間が流れていました。

大霧山を後にして、有刺鉄線に囲まれた放牧場の脇を通り旧定峰峠へ。
白石方面に下りた方が交通の便は良いのですが、敢えての定峰方面に下ります。

あまり踏まれていないルートなので、蜘蛛の巣まみれは覚悟しましょう。
登山道は30分ほどで終わり、以降はバス停まで舗装路を歩きます。

定峰まで下りても、トイレもなく下山先としての利用は難しいか。
定峰橋バス停には飲み物の自販機がありました。


定峰バス停の少し先、週末限定営業の夢風庵でジビエを頂きます。
狩猟に出ていると休業になるようで、当日に営業確認を。

お酒を飲みつつ、鹿や猪の色々な料理を楽しむことができます。
気前よくサービス品を貰うことがあるので、食べ過ぎに注意ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:170人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

東屋 ピストン シャトルバス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ