また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1881271 全員に公開 ハイキング 近畿

神前山〜坂戸山 パワースポット プチ藪低山ハイク(兵庫県福崎町)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年06月03日(月) [日帰り]
メンバー
 yamaya(CL)
 mo-san(SL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
・JR福崎駅前の狭い道路を線路沿いに北上し、2つ目の踏切を左へ渡ると神社の石鳥居が見えてくる。
Ⓟ駐車場
・二之宮神社の境内に、広い駐車場があります。

経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:53
距離
6.6 km
登り
446 m
下り
441 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

◆所要時間 4時間35分 ●歩行距離 6.6Km ▲総上昇量 550m
09:20 二之宮神社 Ⓟ
09:45 磐座(いわくら)
10:20 神前山(かむさきやま)「333m」
    別称:千束山(せんぞくやま)・扇山(おうぎやま)
11:15 坂戸山(さかとやま)「掘坂戸山△316.03m」〜11:35
12:20 神前山〜(昼食)13:00
13:40 千束登山口
14:10 二之宮神社 Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
二之宮神社本殿の右から山腹の登山道をジグザグに登ると紅白鉄塔の建つ分岐に出ます。道標に従って南へ少し進むとパワースポットの磐座に着きます。すぐ先には展望の良い休憩適地の切り開きがあります。
紅白鉄塔に戻って北の尾根に乗り、30分ほど頑張ると南に展望が開けた標高333mの神前山に着きます。
まだお昼には早いので、西に派生するアップダウンの続くプチ藪尾根を分けて坂戸山に向かうが、坂戸山の山頂直下には道も無く、激しい藪に翻弄されながら急登に耐えて三角点標石にタッチする。復路は、朽ちた鹿除けフェンス脇に断続する杣道跡を追って無事に乢へ降り、再び往路のアップダウンに耐えて神前山へ登り返して遅いお昼にする。
下山は千束登山口を目差して、不明瞭で落ち葉が堆積して滑りやすい急な山腹を下るが、途中に「展望岩」や鉱山試掘跡の「ほら穴」等の見所があり楽しいコースだ。やがて檜林を抜けると、線路脇の「千束登山口」に降り立ち安堵する。一息入れて「法界萬霊塔」や千束水車群を見ながら線路沿いの広い農道をノンビリ歩いて、出発地の二之宮神社へ戻る。
その他周辺情報

過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
1
神前山登山案内
2019年06月03日 09:29撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
神前山登山案内
イチイガシの巨樹のある「二之宮神社」の境内を出発
2019年06月03日 09:28撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
イチイガシの巨樹のある「二之宮神社」の境内を出発
二之宮神社の由来
2019年06月03日 09:29撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
二之宮神社の由来
階段を登って二之宮神社の本殿へ向う
2019年06月03日 09:31撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
階段を登って二之宮神社の本殿へ向う
本殿右の玉垣に登山口がある
2019年06月03日 09:33撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
本殿右の玉垣に登山口がある
檜林から自然林に入り、落葉を踏みしめて磐座への参道を登ります
2019年06月03日 09:40撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
檜林から自然林に入り、落葉を踏みしめて磐座への参道を登ります
紅白鉄塔(101)の分岐に新しい標識がありました
2019年06月03日 09:50撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
紅白鉄塔(101)の分岐に新しい標識がありました
あっけなく盤座(いわくら)に到着
2019年06月03日 09:52撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
あっけなく盤座(いわくら)に到着
盤座(いわくら)
2019年06月03日 09:55撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
盤座(いわくら)
1
磐座の先に展望所があり、福崎高校のグランドを俯瞰
2019年06月03日 09:58撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
磐座の先に展望所があり、福崎高校のグランドを俯瞰
紅白鉄塔分岐に戻って神前山へ向かいます
2019年06月03日 10:22撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
紅白鉄塔分岐に戻って神前山へ向かいます
神前山(千束山・扇山)の展望の良い山頂に到着
2019年06月03日 10:26撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
神前山(千束山・扇山)の展望の良い山頂に到着
南の市川水系を遠望・山麓の市川ゴルフ場を俯瞰
2019年06月03日 10:28撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
南の市川水系を遠望・山麓の市川ゴルフ場を俯瞰
2
神前山から西の稜線を辿り、坂戸山へ向かう
2019年06月03日 10:34撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
神前山から西の稜線を辿り、坂戸山へ向かう
1
場違いな立派な標識の先から藪っぽい尾根道になる
2019年06月03日 10:36撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
場違いな立派な標識の先から藪っぽい尾根道になる
坂戸山の直下は潅木の激藪が待っていました
2019年06月03日 11:12撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
坂戸山の直下は潅木の激藪が待っていました
坂戸山の三等三角点標石と緑資源公団の石柱に到着
2019年06月03日 11:25撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
坂戸山の三等三角点標石と緑資源公団の石柱に到着
坂戸山の三等三角点標石「掘坂戸山△316.03m」
2019年06月03日 11:25撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
坂戸山の三等三角点標石「掘坂戸山△316.03m」
灌木に囲まれた坂戸山で記念写真〜♪
2019年06月03日 11:29撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
灌木に囲まれた坂戸山で記念写真〜♪
2
坂戸山からの下山は鹿除けフェンス脇を忠実に下る
2019年06月03日 11:53撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
坂戸山からの下山は鹿除けフェンス脇を忠実に下る
乢に降りて坂戸山を振り返る
2019年06月03日 11:54撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
乢に降りて坂戸山を振り返る
再び神前山に戻って東の下山尾根へ向かいます
2019年06月03日 13:02撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
再び神前山に戻って東の下山尾根へ向かいます
しばらく爽快な極楽尾根が続きます
2019年06月03日 13:06撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
しばらく爽快な極楽尾根が続きます
極楽尾根の先端にはアンテナ施設の残骸とJRの管理石柱が残る
2019年06月03日 13:11撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
極楽尾根の先端にはアンテナ施設の残骸とJRの管理石柱が残る
尾根先端の標識から下山路を降りていきます
2019年06月03日 13:13撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
尾根先端の標識から下山路を降りていきます
快適な尾根からすぐに不明瞭な下山路になり慎重に降りていきます
2019年06月03日 13:15撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
快適な尾根からすぐに不明瞭な下山路になり慎重に降りていきます
展望岩
2019年06月03日 13:26撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
展望岩
1
天井部に大きな蜂の巣が残る大岩(通過注意※落石が足元に散乱)
2019年06月03日 13:32撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
天井部に大きな蜂の巣が残る大岩(通過注意※落石が足元に散乱)
鉱山試掘跡の「ほら穴」
2019年06月03日 13:35撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
鉱山試掘跡の「ほら穴」
「ほら穴」の内部
2019年06月03日 13:36撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
「ほら穴」の内部
植林から山麓へ降りてきました
2019年06月03日 13:47撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
植林から山麓へ降りてきました
「千束登山口」へ出ました
2019年06月03日 13:48撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
「千束登山口」へ出ました
千束登山口脇の法界萬霊塔(ほうかいばんれいとう)「南無妙法蓮華経 為法界萬霊」明暦3年(1657)
2019年06月03日 13:50撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
千束登山口脇の法界萬霊塔(ほうかいばんれいとう)「南無妙法蓮華経 為法界萬霊」明暦3年(1657)
JR播但線に沿って出発地の二之宮神社へ向かいます
2019年06月03日 13:54撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
JR播但線に沿って出発地の二之宮神社へ向かいます
千束水車に出会う
2019年06月03日 13:54撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
千束水車に出会う
千束(せんぞく)の地名由来
2019年06月03日 13:55撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
千束(せんぞく)の地名由来
千束水車群
2019年06月03日 14:03撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
千束水車群
二之宮神社へ無事に戻ってきました
2019年06月03日 14:16撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
二之宮神社へ無事に戻ってきました
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・メモ】
・入山者の少ない山域で潅木のプチ藪もあり、落ち葉が堆積して不明瞭なアップダウンの尾根歩きを強いられますが、千束登山口方面はパワースポットや見所も多く、変化に富んだ楽しい山歩きが満喫できます。

【▲山名メモ:神前山(かむさきやま)】
・神様が降り立った山で神前山と言われ、「神崎郡」の由来になったそうです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:974人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ