また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1898074 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

金時山・明神ヶ岳(地蔵堂〜宮城野)

日程 2019年06月18日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雲多い晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行>小田急線新松田駅下車/バスで地蔵堂バス停下車
<帰>宮城野バス停乗車/小田急線小田原駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
1時間15分
合計
8時間10分
S地蔵堂バス停09:3509:50夕日の滝キャンプ場駐車場09:55夕日の滝10:0510:10夕日の滝キャンプ場駐車場10:35金太郎分岐11:20足柄峠林道ゲート&駐車場11:40猪鼻砦跡11:5012:00新柴分岐12:30金時山13:1013:50矢倉沢峠14:30苅川峠16:00明神ヶ岳16:00明神ヶ岳展望地16:1516:45宮城野分岐17:45宮城野バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報宮城野「温泉会館」/650円(休憩所使用は別料金)。石鹸はあったがシャンプーは有料。鍵ロッカー100円有料。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

地蔵堂のバス停。ちょい先の駐車場にトイレ有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵堂のバス停。ちょい先の駐車場にトイレ有り
1
桑の実、美味しかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桑の実、美味しかった
2
猪の皮にちょっとドキっ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪の皮にちょっとドキっ
1
夕日の滝キャンプ場にもトイレ有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日の滝キャンプ場にもトイレ有り
1
おっ、お〜!夕日の滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、お〜!夕日の滝
2
高さ約23m、梅雨時で水量が多く、なかなかの見応え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さ約23m、梅雨時で水量が多く、なかなかの見応え
2
左が沢筋の道への分岐。水量が多そうなので直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が沢筋の道への分岐。水量が多そうなので直進
1
尾根に出てしばらくは平坦な道
あれが金時山・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出てしばらくは平坦な道
あれが金時山・・・
1
残雪時とはまた違う装い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪時とはまた違う装い
2
かなりの急登、雪がなくてもやっぱりキツイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急登、雪がなくてもやっぱりキツイ
1
階段の数が干支と同じ12個。と登っている時に友人に教えてもらった。が〜ん!まだ半分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の数が干支と同じ12個。と登っている時に友人に教えてもらった。が〜ん!まだ半分
3
4匹もいてびっくりしたら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4匹もいてびっくりしたら
3
5匹もいた〜。分身の術か・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5匹もいた〜。分身の術か・・・
8
これから歩く道?気持ち良さそう〜と思ったら、ほとんどが笹薮の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く道?気持ち良さそう〜と思ったら、ほとんどが笹薮の中
1
一時、金時山が。別名「猪鼻岳」、納得
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時、金時山が。別名「猪鼻岳」、納得
1
苅川峠から金時山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苅川峠から金時山
1
苅川峠を過ぎると山の中の道に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苅川峠を過ぎると山の中の道に
1
金時山の後ろにちょっとだけ富士山の山頂が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時山の後ろにちょっとだけ富士山の山頂が
1
宮城野へ下り、振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城野へ下り、振り返って
1

感想/記録

雲が多かったので富士山は望めなかったが、梅雨時にしては終日雨の心配のない上出来なお天気の山行でした。
金時山の北側の登りは今年の2月頭の残雪時に来たので楽勝かと思いきや、なぜかその時よりもきつかった。体調やら気分やらで、やっぱり山はあなどれません。
金時山から明神ヶ岳までも、急登はないが登り下りを繰り返し長かった。(日の長い時期で良かった)
苅川峠を過ぎたあたりから山の中の景色に。南側と北側とで、がらっと変わるのが面白い。
明神ヶ岳でお湯を沸かしカップ麺を食べようとしたらライターがつかない。家を出る時に使えることを確認したが、最悪のタイミングで石がなくなったらしい。ライターは必ず2つ持参しよう。重要な教訓を得た。
(GPSを使っていないのでルートは正確ではないかもしれません)
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 GPS 山行 地蔵 梅雨 キャンプ場
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ