また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1901847 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

三頭山・御前山 (鶴峠→小沢)

日程 2019年06月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨。微風。
・出だしからパラついていたが、10時頃からしっかり降り始める。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往) 京王/JR 京王新宿6:29→北野→高尾/→上野原7:51
  富士急山梨バス 上野原駅8:06→鶴峠9:15
復) 西東京バス 小沢18:11→武蔵五日市駅18:41
  JR/西武 武蔵五日市19:01→拝島/→高田馬場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間22分
休憩
51分
合計
8時間13分
S鶴峠09:3010:49神楽入ノ峰(池ノ平)10:5011:18三頭山西峰11:2911:33三頭山11:36三頭山東峰11:3812:17鞘口峠13:00風張峠13:30月夜見山13:3213:38月夜見第二駐車場14:48惣岳山14:5215:05御前山15:3515:55若緑山15:5617:43小沢バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全行程にわたり、よく整備されて歩きやすい道でした。手を使うような所なし。岩などもあまりありません。ただ、分岐が多く、表示がないピーク踏む道と巻き道の分岐も多数。
・樹林帯の道。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

バスで1時間弱で鶴峠。路線バスは5、6人だったけど、JTの森でイベントがあるらしく、観光バスでどんどん人が上がってきてた。
2019年06月22日 09:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで1時間弱で鶴峠。路線バスは5、6人だったけど、JTの森でイベントがあるらしく、観光バスでどんどん人が上がってきてた。
車道を数分登り、車道脇から山へ。
2019年06月22日 09:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を数分登り、車道脇から山へ。
だんだんガスが。さらに樹林帯の中でも雨がどんどん降り始め、レインウェア着用。
2019年06月22日 10:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんガスが。さらに樹林帯の中でも雨がどんどん降り始め、レインウェア着用。
1
巻道へ行かず、神楽入ノ峰にも寄っていく。(最初はそんな元気がありました...) 狭〜い山頂。
2019年06月22日 10:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道へ行かず、神楽入ノ峰にも寄っていく。(最初はそんな元気がありました...) 狭〜い山頂。
神楽入ノ峰からの下り途中では、散りかけながらもツツジがまだ咲いてた
2019年06月22日 10:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽入ノ峰からの下り途中では、散りかけながらもツツジがまだ咲いてた
1
途中、初の眺望点。しかし真っ白。
2019年06月22日 11:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、初の眺望点。しかし真っ白。
1
三頭山(西峰)。東・西・南から次々と人が登ってきてた。
2019年06月22日 11:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山(西峰)。東・西・南から次々と人が登ってきてた。
1
今日は富士山見えず
2019年06月22日 11:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は富士山見えず
東峰にある展望台も今日はスルーです
2019年06月22日 11:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰にある展望台も今日はスルーです
鞘口峠。雨にうんざりして、都民の森に下りて帰ろかな?とも思ったが、とりあえず続行。
2019年06月22日 12:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞘口峠。雨にうんざりして、都民の森に下りて帰ろかな?とも思ったが、とりあえず続行。
分岐。ここから浅間尾根に行けるらしい?
2019年06月22日 12:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。ここから浅間尾根に行けるらしい?
風張峠から月夜見山付近までは、右下に車道を見下ろしながらの道に。
2019年06月22日 12:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風張峠から月夜見山付近までは、右下に車道を見下ろしながらの道に。
小紫陽花がたくさん。
2019年06月22日 13:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小紫陽花がたくさん。
1
車道脇を歩く区間もあり。
2019年06月22日 13:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道脇を歩く区間もあり。
月夜見山。広くてベンチもある。木に囲まれ眺望はない。
2019年06月22日 13:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜見山。広くてベンチもある。木に囲まれ眺望はない。
1
駐車場。ここで車道とはおさらばして御前山への稜線へ。
2019年06月22日 13:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場。ここで車道とはおさらばして御前山への稜線へ。
幅広い道多い。防火帯かな?
2019年06月22日 14:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅広い道多い。防火帯かな?
1
ここからは両側にきっちりロープ柵作られた道。
2019年06月22日 14:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは両側にきっちりロープ柵作られた道。
御前山。一昨年秋と比べて、えらく雰囲気が違う...
山名標柱が、最近おなじみ?の東京都謹製モノリスに変わってた
2019年06月22日 15:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山。一昨年秋と比べて、えらく雰囲気が違う...
山名標柱が、最近おなじみ?の東京都謹製モノリスに変わってた
さらに、北側の木を全部切り倒して、無理やり眺望を確保してた。(今日は真っ白だけど)
2019年06月22日 15:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、北側の木を全部切り倒して、無理やり眺望を確保してた。(今日は真っ白だけど)
下山は、こんな道がずっと続く。雨でもぬかるみはなく、緩やかな傾斜なので歩きやすい。(単調だけど)
2019年06月22日 16:14撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、こんな道がずっと続く。雨でもぬかるみはなく、緩やかな傾斜なので歩きやすい。(単調だけど)
1
道端で何輪か見た変わった花。何の花だろ?
2019年06月22日 16:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端で何輪か見た変わった花。何の花だろ?
1
1か所 ”この先道悪し" という区間があったが、ごく短区間(1,2分)だし、大したことはない。
2019年06月22日 16:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1か所 ”この先道悪し" という区間があったが、ごく短区間(1,2分)だし、大したことはない。
1
小沢バス停にゴール。
2019年06月22日 17:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢バス停にゴール。

感想/記録

・GWに鶴峠から東へ(大菩薩)へ縦走し、一方、御前山以西も歩いたことあるので、その間の ”赤線つなぎ” に。(奥多摩三山は繋いでみたいし。)

・週末の天気予報は元から悪かったんですが、前日夜に "夕方から雨" に少し良くなったので、なんとか降らずに済むかな?と出かけてみました。が、スタートして1時間も経たないうちから雨ざーざー。終日レインウェア脱げないトホホ...な山歩きになっちゃいました。

・登山道は全区間とてもきれいに整備されてて、雨でも不安を感じる所が無かったのは幸いでした。ただ、その反面、正直なところ、ずっと同じような雰囲気の樹林道で単調(退屈...)でした。さらに、眺望はなく、服は蒸れ、地面は滑り気味でペース上がらず、と、どうも気乗りしない条件も重なり、「やっぱり雨天と分かっている時に山登るもんじゃないなー」という当然の教訓を改めて体験学習する機会となりました。

・そんな雨でも、鶴峠〜三頭山〜鞘口峠の区間は、割とたくさん人いました。みんな好きものですねぇ。人のこと言えませんけど。一方、鞘口峠以西はほぼ無人。私と同じく三頭山から御前山まで縦走されてる方がお1人。(ヌカザスから登ってこられてました)
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 巻き道 防火帯 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ